su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
たったひとつの、ねがい。【入間人間】 感想
やられた!
分からなかった。
読み始めて2日目の夜、布団の中で読了してそのまま寝て、翌日起きて顔を洗いながら、その仕掛けの答えがようやくひらめきました。
つまり読了時点では「あれ? これ、どういうこと???」レベルだったのです。

第5章を読み終わったとき「シンプルな構成だな」と思いました。
「シンプル」という言葉は作者による「あとがき」にも出てきます。でもそれは私が感じた「構成」のことではなく「動機」のことです。
確かに動機は単純です。そして5章までの物語の展開も一見単純です。
それに騙されました。
目の前で恋人をむごい形で殺された主人公の「復讐」と、「痛い描写」が本作品のメインだと思っていたのです。
眼目は他にありました。まさかあんなことだったとは。

騙されたのは、「彼女を好きになる12の方法」の印象も影響しています。
12の方法にも私が全く気付けなかった別の眼目があったりして。
うー。なんか怖くなってきた。w 
 → その分かっていないかもしれない感想はこちら

痛い描写(この「痛い」は一般的な意味での痛いです)には「トカゲの王」で慣れているので問題ありませんでした。
慣れているというより、他人の痛みに鈍感なのかもしれません。

検索などでやってきて私のこの文章を今読みながら、「たったひとつの、ねがい。」(以下、本作)の内容を了解していない人はいないでしょう。
でも新着からとか、RSSからとか。奇特にもお気に入りからとかでここを開いた人で、本作をまだ読んでいない、内容を知らないという人には、悪いことは言いません、止めときなさい。

痛い作品です、熱い作品です、むこい作品です。
そして帯で作者が言うように「同情の余地はない」作品なのですから。


たったひとつの、ねがい。 (メディアワークス文庫)たったひとつの、ねがい。 (メディアワークス文庫)
(2012/11/22)
入間 人間

商品詳細を見る


ああ、このイラストを憐憫の情なしに見ることはできないなあ。

以下の記述には本作の核心部分、そして問題になるかも知れない私の感想が含まれます。(後半は多分、嘘w)
だから、久しぶりに Read More にしておきます。

2012/12/07追記有りです。
[READ MORE...]
スポンサーサイト
彼女を好きになる12の方法 感想
彼女を好きになる12の方法 (メディアワークス文庫)彼女を好きになる12の方法 (メディアワークス文庫)
(2012/08/25)
入間 人間

商品詳細を見る


ネタバレを極力避けた前回(昨日は彼女も恋してた/明日も彼女は恋をするの感想)と違い、本作品の感想をネタバレ無しで書くことは諦めます。

だから最初にネタバレします。

「本作品は最後まであのままです。ひねりも仕掛けもありません」

ええ。ずっと。
どこでひっくり返るんだろうとドキドキしながら読んでいました。
隣の部屋の男はもしかしてとか、時間が一年ずれているんじゃないかとか、「俺」と「僕」が実は入れ替わっているとか、同一人物とか。

全部外れました。
私は小説の伏線や仕掛けなどには気付かないで無頓着に読み進めることが多いです。
そんな私が「あ、これは」と思うような、逆の意味でのトラップが仕掛けてあったということです。
絶対に意図的ですね。相手が一枚も二枚も上手でした。

本作品は私がここ数年間に読んだ中で一番悲しい物語であると思いました。

本作品を読むと、殆どの(主に男性)読者が、「僕」のいずれかの月のどこかにの場面に、自分の過去を重ねて胃が締め付けられるのです。
つまり、みんな、誰もが同じ道を辿ってきたのだということを、痛い形で再認識させてくれます。
そしてこのことこそが、本作品の価値であろうと思います。
これは他の入間作品とはかなり趣が異なっているように思えます。

主要登場人物は3人。「俺」と「彼女」と「僕」です。

「俺」は他の入間作品にもよく出てくるような、普通とはちょっとずれた天然の要素が強くて、それでいて飲み会の席で女の子が寄ってくるようないい顔を持った男です。
大学入学後からいつも一緒にいる「彼女」に対して、その「彼女」とこれからも一緒にいるために「彼女」を好きになりたいのだけど、それにはどうすればいいか分からずあれこれ試行錯誤します。まあ、普通じゃないですよね。
ただ、これまでの類似キャラと違うのは、「僕」に対して「この場所(つまり“彼女”の横)は譲らない」(※1)という明確な意思を持っていることです。

「彼女」は当初は「she」的な代名詞の意味が強かったのに、結果的には、というより最初から「his lover」でした。
入間作品の女性キャラは一癖も二癖もあることが多いです。
そんな中で「彼女」は全体の印象としてはごく普通です。
でも親近感は湧きませんでした。
それは、「僕」を最初から拒絶している態度、それも絶対的とも言うべき拒絶(※2)が、「俺」といるときの割と「ほんわか」した対応と対比して考えたときに、かなりきつく冷淡なものに感じられたからです。
だから、読んでいて「彼女」への親近感が極小にまで縮んでしまったのでしょう。

「俺」と「彼女」の一年間のやり取りは、読み終わってみると、「何でこんなつまらないもの読まなければならなかったんだ(プンスカ!!!)」という内容でした。
美男美女カップルの仲が深くなっていく出会ってから3年目。大したエピソードも、二人を邪魔をする深刻な外乱もない。そんなの読んで何が楽しいんだ。

私の学生時代にはそれに重ねる思い出なんてなかったよ。←あ、言っちゃったw
いや、ま、大学はそれなりに楽しかったですけどね。鈍毎

「つまらない」というのは勿論そのままの意味で使っているのではありません。
アパートの部屋の中でビニールプールで遊んだり、こたつにUの字になって重なって入ったり、ニンジンだけ持ってきてスキヤキしようと言ったり。
これらはもう堪らんってくらいの羨ましさの限りであって、そういう経験ができなかった者の僻みが「つまらない」と言わせているだけなのです。丼舞

「俺」が天然である分、二人の認識には微妙なズレが存在しています。
そのズレに「彼女」は少し違和感を持っていて、「俺」のほうははっきり自覚を持っています。
でもそれは最終的には解消してしまうズレです。

「俺」が「彼女」にズレの原因である「好きになろうとしている」ことを白状したときに「彼女」が示した反応は、ここから何か展開が変わってくるのだろうかと思わせました。
2年以上付き合っていて、今さら「好きになろうとしている」なんて言われたら、「じゃあこれまでは好きじゃなかったの?」となりますよね。
なのに、「彼女」はそれを受け入れてしまい、ただの微笑ましいエピソードになってしまいました。

二人の「つまらない」バカップル話は、もう一人の主人公である「僕」とのコントラストを際立たせるために存在しています。
上記した※1と※2も、「僕」の立場をより鮮明にするための道具立てです。

「僕」はとにかく動き出すのが遅かった。
「彼女」を好きになってから、初めて声を掛けるまで2年以上かかるなんて遅すぎます。

早目に動いたらどうにかなったということではありません。
早目に動くことは「必要条件」ではあっても、「十分条件」ではないからです。
でも、少なくとも「彼女」から絶対的に拒絶されることはなかったでしょう。

この点については、本作品を読んでいてしょうもない妄想が湧いてきて困りました。
私がこのブログで入間作品への感想を書くのは3回目です。
2回目は上に書いたように「昨日は彼女も恋してた/明日も彼女は恋をする」への感想です。
1回目は「僕の小規模な奇跡」について書きました。
その1回目の感想のReadMoreに、「僕の小規模な奇跡」に描かれているある事件と類似したかなり恥ずかしい私の思い出を書きました。
もしかして入間さんはあれを読んで、「僕」の行動のヒントにしたのではないかと、まことにあり得ない妄想が湧いたのです。
勿論、あんなの(ぐずぐず動かなかった点)は珍しくもないよくあることだということは重々承知しています。

ところで、現実はともかく、多くの物語では「僕」的な主人公には最終的に何らかの救いが差し伸べられます。
だって読者が感情移入している主人公が不幸なままで話が終わったら、カタルシスが得られませんよね。
端的な例を挙げれば森見登美彦さんの「夜は短し歩けよ乙女」の「私」かな。
あの場合はライバルがいなかったですけど。

夜は短し歩けよ乙女夜は短し歩けよ乙女
(2006/11/29)
森見 登美彦

商品詳細を見る


なのに本作品の「僕」は最後までそのままでした。

「彼女」に直接告白する機会は得られず、それどころかまともな会話すらできません。
大学配布物の表紙イラストという形で思いの丈を込めた告白は気付いてもらえないまま捨てられます。

「僕」の想いの一途さを称賛すべきかどうかは、私でも迷うところです。
現在では、一般的な形(気軽に話しかけるなど)で表に出せない想いは「気持ち悪い」と切り捨てられます。ストーカーかその予備軍と見なされても文句は言えません。
でも気軽に話しかけることがなかなかできないやつだっているのだから、その全てが忌避の対象とされるのは哀れ過ぎるなあ。

物語の最後で「僕」が自問します。

「僕はまだ彼女が好きだろうか、と己に問う。
 その答えと共に駆け抜けた季節の冷気に、僕の薄く青い唇が震えた」

解釈は人それぞれでしょうが、私は「まだ好き」なのだろうと思います。
男はそうやって、想いを女々しく引き摺っていくのです。
たとえそれがどれほど冷たく拒絶された相手であっても。

「僕」という存在、そして「僕」の取った個々の行動は、日本が恋愛至上主義に陥った1970年代以降(これは私の勝手な断定で根拠はありません)、その戦いの負け組に甘んじることしかできなかった多くの男達と、彼らが演じた無様な行動の表象であり、悲しいイコンなのです。

9/12 20:15文章一部修正・追加
9/13 20:13文章一部修正・追加
==

忘れてた。

2012/8/31 初音ミク5回目の誕生日に新作SSを投稿しました。

初音ミクのSPEC(前篇)

前篇としたのは、誕生に全く間に合わなかったからです。orz

タイトルからお分かりのように、某テレビドラマを下敷きにしています。

左上の作品一覧にはまだ載せていません。

「昨日は彼女も恋してた」「明日も彼女は恋をする」 感想


昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)
(2011/11/25)
入間 人間

商品詳細を見る
明日も彼女は恋をする (メディアワークス文庫)明日も彼女は恋をする (メディアワークス文庫)
(2011/12/22)
入間 人間

商品詳細を見る



この2冊、タイトルは違いますが上下巻扱いなので、以下はそれに従って1つの作品としています。
「この本」とか「この話」などとするときは2冊まとめて対象にしています。

この本の感想をネタバレ無しで書くことは可能なのか。
ちょっと挑戦してみようと思います。

そりゃあ、「面白かった」とか「つまんなかった」だけならネタバレ無しで書けますよ。
でも、それではここを読んでくれているあなたにとって読む価値がないですよね。

これから書くことに「価値」なんぞを付与できると考えるほど己惚れてはいませんし、実際できないんですけど。
それにどこまで書いたらネタバレなのかも自信なし。
ストーリーの中核には触れないつもりですが、結果ネタバレになったらごめんなさい。

==

たった今、下巻を読み終わったばかりです。
混乱してます。D.S.をその指示通りにすぐ実行したいという衝動にかられています。
それを抑えて、現時点での感想を書いておこうという魂胆です。

この本にも左門が出てくるんだよ。名前だけだけど。重要なんだよ。
私にとって左門は入間キャラの中で一番愛しい存在かもしれない。※1
だから、ここにも居たと知って、思わず叫んだよ。
「さもーーーーーーん」って。
(声には出せなかったけど、気持ちは本当ですw)

次にね、カバーイラストに騙されちゃ駄目ですよ。
あんなシーンはありませんよ。
あー。ないってことはないのか。でも、多分、何も知らずにあのイラストを見たときに感じるイメージとは違うんです。ぐぬぬぬ。

ストーリーと直接関係しないけど関係するけど、重要じゃないけど重要だけど、上巻で一番印象強かった箇所はここ。
P188。
「だけど躊躇うのはなぜだろう」・・・「世に氾濫する創作物の刷り込みが、僕の行動を妨げる」・・・「僕は目の前に自分が感じている幸せを、躊躇せず守ろうとするのに」
過去、こんなことを言ったタイムトラベラーいましたか?
時間SFは本当にまどろっこしい。
タイムパラドックスなんかどうでもいいじゃん。好きに動けばいいんだよ。
彼はその通り、躊躇いを振り切って行動する。ぐもももも。
うーん、言葉不足だ。印象に残った理由が説明できていない。またね。

入間作品に限らず、どんな小説を読んでいても、作者が読者に挑みかかっていることへの対応を端から放棄している私は、この本では下巻P207の最後の一行でようやく、挑まれていることに気付き、つまりそれまで挑まれていることに気づいてなくて、ああ、また、情けないなあと実感したのでした。
でも、まあ、P209を開く前に気付けたのは不幸中の非不幸だったのかな。ずぬぬぬぬぬ。
さて、ここで、一番言いたかった感想を書きます。
「こんな話を思いついては駄目なのです」
甘くて緩くてつまらない話しか思いつけない私はそう思うのです。ずもももももも。

ほんで。これ言っていいのかな。
最後まで読んだ人は、多分、恐らく、想像するに、きっと、絶対にまた上巻を手に取るのです。
だから、私も、これから、コンポーザーの指示に従おうと思うのです。
では、また。

==

2012/9/14追加
※1

左門はね。左門はね。
読み終わったら分かる。
入間さんが「左門」という名前を選んだことに絶対意味があるんだよ。
だって、ほとんどの日本人にとって左門と言えば。

そして、「彼」はすごい男なんだよ。なんで、あんなこと考えたんだろう。
本当にネタバレしたくないから、ここまでしか書けない。
「未来を待った男」をぜひ読んで下さい。

私が本の感想日記の中で「ぜひ読んでください」と書くのは初めてかもしれません。
あ、「昨日は彼女も恋してた/明日も彼女は恋をする」もお勧めです。w


時間のおとしもの (メディアワークス文庫)時間のおとしもの (メディアワークス文庫)
(2012/01/25)
入間 人間

商品詳細を見る


==

「僕の小規模な奇跡」の感想はこちら → 「僕の小規模な奇跡」

「彼女を好きになる12の方法」の感想はこちら → 「彼女を好きになる12の方法」

僕の小規模な奇跡(文庫版) 感想
感想と言ってもねえ。
書店のラノベではないコーナーで平積みされていたから買ったんだけど。
いや、違うか、平積みだけじゃ買わない。
やっぱカバーイラストですよね。
彼女に一目惚れか。
だって黒ひげだったら絶対に買いませんもん。w


僕の小規模な奇跡 (メディアワークス文庫)僕の小規模な奇跡 (メディアワークス文庫)
(2011/05/25)
入間 人間

商品詳細を見る


主要登場人物 俺、彼女、私、ハンサム丸、20年前の僕、20年前の彼女、いずれをとっても好きになれず、感情移入できませんでした。

絵画にまつわる登場人物それぞれの思いは、正直どうでもよかったです。※1

「私」の描かないという決意、それに至るプロセスは鬱陶しささえ覚えます。
美人税と言われた容姿への無自覚さも嫌いです。
「私」に厳しいなあ。w
これは「私」が他の人物に比べて、まだ「まとも」にお近づきになれそうなのに、実は一番遠いところにいたことに対する軽い反感かもしれません。

「俺」については特に感慨はありません。
ただ、「俺」のやり口を現実に真似たらほぼ確実に悲しい思いをすることになるだろうなと思います。
悲しくなるのは自意識が傷つくからです。「俺」は普通なら悲しみに帰すだけの反応すら喜びに感じています。
自意識ゼロでただ相手のことが好きだからという行動は凡人にはできません。※2

「ハンサム丸」はホントどうでもいい。
サッカーボールを隠す行動の意味が判らなかったです。

「彼女」の常に怒っている、他者を拒絶している態度も理解できませんでした。
兄の絵の動機に怒っているというだけでは説明できないですよね。

「奇跡」についても、うーん、まあこんなもんか。
起きた事件とその動機についても、うーん、まあこんなもんか。

なのに引き込まれて読み進んでしまうなんて、どういう作品なんだろう。

一番気に入ったのは、「私」の尿意に関する描写が何度か出てきたことです。
こんな書くと、言い訳のしようもなく変態だ。www
勿論私が変態だから好きなのではなくて、その描写が美術館でのトイレの場面につながる伏線になっているからです。
普通十代女性の、いかにちょっと変わった娘であっても、あれほどあからさまな「トイレ行きたい」が出るのは不自然で、なぜだろうと思っていました。

もう一つ、とても気に入ったことがあります。
上の段落で私は「勿論私が変態だから好きなのではなく」云々と、自分が気に入った理由を解説しました。
本作品はこのような「言わずもがな」の説明が極力省いてあり、全体、行間、人物のちょっとした仕草から読者がそれを読み解けるようになっています。
これがえも言われぬ「読書の快感」を与えてくれます。

例えば、「ハンサム丸」の母親が「私」を見て涙を流すシーンなど、なぜ涙を流したのか説明されていませんが、読者にはその理由が手に取るように分かります。
敢えて言わずもがなをやってしまうと、それは息子である「ハンサム丸」が友達もしくは彼女として家に連れてきた「私」が「20年前の僕」との血縁を確信させるほど似ていたからですよね。

このような部分は他にも沢山あります。
私が見落とした部分、見過ごした部分があるかもしれません。

「俺」と「私」で時系列が少しずらしてあったのにはやられたって感じだし、「俺と私」の母親と靴屋の接点を覚えていないし。

何度か読み直して味わい尽くさないと勿体ない作品であろうと思います。

嫌な言い方をすると、つまりこの作品は読者のレベルによって楽しみ方に差異が出るということです。

暫くは傘をささずに入間人間作品の雨の中を歩いてみたいと思っています。※3

あれ? 結局感想書いてしまった。
それに文庫版と言いながら、文庫版おまけストーリーには言及できなかった。


※1 ※3
私がコミック一巻だけ読んでいる「電波女と青春男」にも、何やらややこしい心理状況が内蔵されているようですね。
ドロドロ、ネバネバとは違うのかもしれませんが、トラウマチックなエピソードとそれに引きずられる話はあまり好みではありません。
もし、そういうのが含まれるのが入間作品に通低する傾向であるのならば、ちょっと警戒して読みますので誰か教えて下さい。

※2
私には一度だけ、「俺」と同じような告白の経験があります。
「普通」ではない「周りを唖然とさせるような」という意味で「同じ」ということです。
でもそのときの私は自意識過剰でしたから、簡単に破裂してしまいました。ww

周りにはラーメン店店員以上の数の人がいました。
それまでに失敗した告白がやっとの思いで二人きりになれる状況を作って、それが無駄になるということの繰り返しでしたから、多分ですが、そういうのが面倒くさくなったのでしょう。それに、これが最後という気持ちだったし、根拠なしにうまく行くだろうという自惚れ、つまりは過剰な自意識もありました。

結果的にそれが本当に最後の告白となり、以後今のかみさんに結婚を申し込むまで、告白という非常にエネルギーを要する行為はできなくなってしまいました。
その最後の告白が、振られたという次元ではない、圧倒的な悲喜劇を私にもたらしたからです。

あれから「20年」が経って、ようやく笑い話にできるようになりました。
悲喜劇の具体的な内容はご要望があったら書くかもしれません。

追記 2011/6/25

直接のご要望はなかったのですが拍手を一つ貰えたので、その悲喜劇について手記形式の文章を書きました。

ある特定の人達だけにですけど参考になるかもしれない体験談と、それから導かれるアドバイスを含んでいます。
その上で、「多分笑える」他人の不幸になっていると思います。
役に立たなかったらごめんなさい。
笑えなかったらもっとごめんなさい。

「Read More」からどうぞ。


[READ MORE...]