su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝谷ボランティアの負け惜しみ
兵庫県知事選挙で、私が選挙活動のボランティアに行った勝谷誠彦さんが「瞬殺」と言われる落選を果たしました。

無かったことにして知らん顔をしてもいいのですが、それでは私から彼への義が立たない。
少しだけ負け惜しみを書いておきます。

 井戸敏三 944,544 (無・現)
 勝谷誠彦 646,967 (無・新)
 津川知久 148,961 (無・新)
 中川暢三 102,919 (無・新)

約1.5倍の差を付けられての惨敗ですね。
落選3人の票を合わせても、井戸さんに届きません。
兵庫県民は井戸さんを選んだのです。
そのことの良し悪し、結果として今後4年間兵庫がどうなるかは兵庫県民ではない私には関係ありません。

私は10年以上毎日、勝谷さんのメールを読んできました。
メールと言っても、元々は「日記」です。
だからテレビでしか勝谷さんを知らない人よりは、彼の人となり、考え方、行動を知っています。
尊敬できる点もあるし、感心できる点もあるし、呆れ返るような点もあるし、納得できない点もあります。
見ていてはらはらするくらい脇が甘いと思うこともあります。
そういう評価の合計に、彼が知事になってやりたいと考えていたことを重ねた上で、それを応援したいと思ったからボランティアに参加したのです。
ボランティアに来ていた人の多くがメールの読者でした。

彼が知事になったって、私個人には何もいいことはありません。
せいぜい知事室に招待してもらって気分のいいひとときを過ごせるかなあくらいのものです。
だけど日本全体を考えた場合、東京以外ジリ貧が続いている地方を変える起爆剤になってくれるだろうと思ったのです。

だけど有権者の多くはそう考えませんでした。

有名人、特にテレビで顔を知られてから知事になった人
東京 青島幸男、石原慎太郎、舛添要一、小池百合子
大阪 横山ノック、橋下徹
長野 田中康夫
宮崎 東国原英夫
千葉 森田健作

他にもいるかもしれないけれど、思い出すのはこれくらかな。
末路はともかく、当選した時点での彼らには「基本的に愛されキャラ」であるという共通点があります。
それは「政治家や官僚以外から知事になる」ために絶対に必要な条件のように思えます。

殆どの有権者にとって政策の細かい違いなんかどうでもいいんです。
そして、「あの人に知事をやってもらいたい」ではなく、「あの人を知事にしたい」でもなく、
「あの人を知事にしてあげたい」と多数の人が思うかどうか、が当選の決め手になります。
勝谷さんのキャラにはこれがなかった。

上の中で田中さんはちょっと異質です。
当選した当時も田中さんを嫌っている人が多かった。
でもそれ以上にその時点での県政が県民から疎まれていました。
その気持ちに押されて当選した田中さんを見ていたのが勝谷さんです。

でも、井戸兵庫県知事には当時の長野県政に匹敵する「悪い点」が表立ってはありませんでした。
せいぜい、多選であることくらいです。

これでは「辛口」と呼ばれ、つまり印象として「偉そうにしている」と思われ、「基本的に愛されキャラ」ではない勝谷さんが勝つのは難しい。

勝谷さんは約65万票を獲得しました。
65万もの人が彼を支持しました。
でもそれでは届かなかった。
井戸さんに投票した94万人は勝谷さんを選ばなかった。
投票に行かなかった数百万人も勝谷さんを選ばなかった。

立候補前に安倍首相に報告に行ったとき「あと4年待ってくれ」と言われたそうです。※
その時点で、自民党は井戸さんを推すことが決まっていました。
4年待っていたらどうだったかなあ。
これは詮無い「たら・れば」です。

※ この部分、訂正します。
  勝谷さんのメールに安倍さんが4年待てと言ったとは書いてない。
  四期の現職を破って56歳で知事になり、60歳一期で辞めるという物語を考えていたのでしょう。
-----------------------------------------
2017年4月26日
 いろいろなひとの意見も聞いたが、最後は自分で決めることだ。
「もう一期、現職にやらせてもらえれば」という声は多かった。

もうひとつは、自分の年齢だ。
さきほど触れたように「あと4年待って欲しい」の裏には「待ってもられえば、応援団がたくさんつきますよ」ということだと理解できる。
その時は楽な選挙だろう。
 だがそれは私ではない。

-----------------------------------------


彼が政治家を目指すことはもうないでしょう。
それを差し引いてもこの負けっぷりは悪かった。→
勝谷誠彦氏 瞬殺会見で暴走…「腐った保守は死ね!」17日間で億のカネを使った

酒を飲んでインタビューに応じて「腐った保守は死ね」。
これでは愛されないキャラが嫌われるキャラになって終わってしまう。
デイリースポーツのこの記事は「政治」でも「地方」でもない「エンタメ」に分類されています。

私は少しばかりでも彼の人となりを知っているから、彼がそういう発言をした真意は理解できると思っています。
だけど一般には全く通じない言葉です。
彼の代弁をしたい思いもあるけれど、10年間彼の文章に触れてきて理解できたことをたかだか十数文字で表現することはできそうにありません。

案の定、ネットにはこの発言を罵るコメントが溢れました。
それを読んでいて悲しかった。
勝谷さんの発言が悲しかったのではありません。
彼がそれを言うことが理解されないことが悲しかったのです。
こういう、買う必要のない悪意を自分から買ってしまうのが彼の脇の甘さの最たるものなのです。

罵っている人の多くは「俺は勝谷には入れなかった。良かった」「俺は井戸に入れた。良かった」と書いています。
「勝谷に入れたけれど後悔している」は殆どありません。
もしかすると井戸さんに投票したことを少し後ろめたく感じていたのが、勝谷さんのあの発言を読んで正当化されたと安心したのかもしれませんね。

少し意味が違うかもしれないけれど「預言者郷里に容れられず」という言葉を思い浮かべました。


彼は天才型の人です。
それと同時にADHD(本人がそう言っています)です。

彼にいい場所(地位+資産:人・物・金)を与えると、凡人には真似のできない発想から素晴らしい大きな成果を出すことができるでしょう。
だけどその途中で周囲との軋轢を生んでしまう可能性があります。

「天才+ADHD」の人は、自分の思考の過程を周囲に丁寧且つ慎重に説明することができません。
「理解できないことが理解できない」からです。

丁寧とは、凡人でも理解できるように噛み砕いて説明することです。
慎重とは、不要な摩擦を引き起こす言い方をしないということです。
しかし「理解できないことが理解できない」彼にはそんなまどろっこしいことはできません。

2016年4月29日の勝谷さんの文章
-----------------------------------------
 このビョーキの(自分で開き直るなあ)いちばんの問題は私の場合「通常の社会とのやりとりができない」なのだ。以前も書いたが「ずっと躁病」の私はメディアの中ではそれがフツーで演じられている。あっ、ちなみにまた私は躁に戻っています。文章が違うというか、元通りでしょう。お愉しみ下さい。躁病はいいのだがそれにADHDが加わると、ささやかな普通の社会のやりとりで激昂してしまうことがある。ここまで病識がある患者も珍しいと思うが。医者の息子だからでしょうね。因果なものだ。
-----------------------------------------

でもね。
こういう人でも、それを理解して支えるスタッフがいれば、組織のトップとしてその才能を大いに発揮することはできます。

だけどね。
こういう人が、選挙で勝つことはとても難しいのです。

惜しいなあ。

スポンサーサイト
勝谷選挙ボランティア報告
6月14,15,16の3日間、神戸三宮の勝谷誠彦選挙事務所でボランティア作業をしてきました。
その記録。時間は大凡です。

6/14(水)

11:30 自宅出発(かみさん運転の車)
12:06 ココウォーク発出島道路経由長崎空港行バス乗車 900円
14:40 SkyMark146便長崎定刻発 前割1で11,500円
15:45 神戸空港着 ポートライナーで三宮へ 330円
16:15 アパホテル神戸三宮チェックイン
17:00 勝谷事務所訪問 高橋ヨロンさんと名刺交換
17:30 事務所を出て近所の店でかつ丼の夕食
18:00 三宮センター街ジュンク堂「知らない映画のサントラを聴く」購入
18:00 神戸マルイ5階で帽子購入 3,888円 晴天対策
18:30 道に迷う 気付いたら元町駅 JR沿いに三宮まで徒歩で帰る
19:00 デイリーヤマザキで飲み物購入 シャワー 就寝


6/15(木)兵庫県知事選告示日

06:30 起床 一階で朝食
08:20 チェックアウト サンドイッチ付セットプラン6620円
08:30 JR三ノ宮駅コインロッカーに衣類等の不要物を預ける
08:40 勝谷事務所着 2階で他のボランティアと待機
    勝谷さんがウロウロしている。
    若干ハイテンション。「義」の青いTシャツに京都デニム。
    立候補届け出が1番になったことで事務所全体が少し興奮状態。
    ヨロンさんが事務所に戻る
09:30 事務所一階で出陣式 
    なかなか始まらなかったのは着替えさせられていたせいらしい
10:00 神戸国際会館まで関係者全員徒歩移動
    途中の交差点で中川さんが第一声していたがマスコミ以外は人がいない
    国際会館は綺麗ななりをした坊さんが多数 弘法大師生誕祭らしい
    勝谷さん演説開始 井戸さんの街宣車が通過
    読売新聞の若い女性記者に取材で声をかけられた。
    正直に私は兵庫県民ではないと言うと、残念そうに去っていった。w
10:30 勝谷街宣車出発 ボランティアは事務所へ戻る
    淡路島ポスターグループ出発
11:00 事務所一階で選挙ちらしにシールを貼る作業開始 ※1
     Kさん(尼崎の男性)
     Mさん(相生の男性)
     Yさん(神戸の女性)
     Nさん(名前聞きそびれた長野の女性)
12:30 女性二人食事へ 13:30頃戻る
    同じ頃、勝谷さん昼食休憩で事務所へ(ヘロヘロで帰ってきた)
13:30 Kさんと三宮地下街で昼食 14時過ぎに戻る 作業続行
    一階玄関に置かれたラジカセで井手隊長の「ああ兵庫県。」がエンドレスリピートで再生される。夢にも出てきそうだ。w
    でもそのおかげもあって通りすがりの人がこちらに興味を示す。
    次々に人が入ってくる。
     「うちの壁に貼りたいのでポスター下さい」
     「差し入れにに来た。頑張れ」
     「ちらし貰えますか?」
    「すいません。私らボランティアで何も分からないので二階に行って下さい」
    にしても、みなさん個性が強いこと。
    帰宅してから大阪出身のかみさんにそれを言ったら、
    「神戸じゃまだまだ、大阪の人種ほどじゃないと思うよ」だって。
16:00 シール貼り終了
    そのシールを貼ったちらしを2つ折りにする作業発生。※2
17:30 私だけ一旦作業中断
17:35 コインロッカーの荷物回収
17:40 JRで元町へ 道に迷う ビルの警備員に教えてもらう
17:45 R&Bホテル神戸元町 チェックイン
18:10 事務所に戻る
19:30 2つ折り作業とりあえず終了
    「義Tシャツ」購入。XLサイズ。
    勝谷さんは同窓会があるとかで街宣車から降りたとの情報入る
    「電車で帰るから」「止めて下さい。もう候補者なんだから」
20:00 三宮地下街で一人夕食
20:15 ホテル戻り シャワー 就寝


6/16(木)

06:30 起床 地下階で朝食
08:30 08:20 チェックアウト 4759円
08:50 事務所着 常駐スタッフ2人とMさんの3人
    ボランティアスタッフに読んでもらう注意書きを ※3
    100部コピーしてホチキス止めする作業を開始。
    常駐スタッフ髭のTさんと半同郷であることが判明。
    彼は私の故郷の町の学校出身だった。何という奇遇。

    ずっと事務所で寝泊まりしているらしい。
9:30 Yさんが私物の新品DVDレコーダーを持って登場
    事務所にTVはあるけれど、録画できなかった。
    設置を手伝う。
9:40 三ノ宮駅前で勝谷さんが演説しているから行ってくれとのこと。
    私、Mさん、Yさんの三人で駆けつける。
    結構人が立ち止まって聞いている。
    演説を終えた勝谷さんと握手。(でも彼にとっては一般聴衆の一人)
    Mさん、Yさんと挨拶して分かれる。
10:40 国際会館地下 かみさんの命令でオーガニック化粧水(7,500円)購入。
11:30 ポートライナーで神戸空港着 330円
    職場、家、実家への土産買う。
12:55 SkyMark143便神戸定刻発 5,900円
14:10 長崎空港着
14:25 行きと別ルートの高速バス 800円
    かみさんが車で迎えにきてくれた。
    全皿90円のすしろーで昼食。
21:00 Yさんからお疲れ様とのメール来る

食費と土産を除いた移動費、宿泊費合計で約35,000円。
うん、いい道楽だ。(道楽と言うには金額は大したことありませんけれど)

結局勝谷さんと直接お話しをする機会がありませんでした。
でもヨロンさんに会えたし、T-1君の姿も見れたし。
当選したら県庁の知事室に遊びに行こうと、Mさん、Yさんと分かれ際に話したから、それを楽しみにしておきます。※4


※1  ポスター貼りは、やはり土地勘のない個人ボランティアには難しい。
    事務所作業も沢山ありました。
    3万枚のチラシ全部にシールを貼れとは、なんという時代錯誤。

※2  告示前後で、配るチラシの内容、配布の仕方、色々規制があるのです。

※3  告示されると法律の規定が適用される部分が発生し、
    それをちゃんと把握していないと違反を問われることがあるのです。

※4  このエピソードが2017/6/20付「勝谷誠彦のxxな日々。」で紹介されました。
     約束が勝谷さんに承認されたようなものだ。w
さあ告示だ。兵庫に行くぞ。

私のこれまでの人生の中、西宮の従姉妹の結婚式で一度行ったことがある以外全く縁のなかった兵庫県。
今週15日にその兵庫県の県知事選挙が告示され、コラムニストの勝谷誠彦さんが立候補します。

私は前日(明日14日)から泊りがけで馳せ参じることにしています。
ボランティアでポスター貼りに行くのです。

土地勘がなく車もない人間が一人行ったところで大したことはできません。
でもきっと何かの役には立つ。
大人数を動員できる組織のない候補者にとって1万3千箇所もある掲示板全てにポスターを貼るのは大変なことです。

長崎から神戸までの往復飛行機代、宿泊代、食費、移動費は全て自腹です。
その間、仕事は休暇を取ります。

スケジュール:飛行機とホテルは予約済み
14日の午後の便で神戸に入って事務所に顔出しして三ノ宮のホテル。
15日は朝から事務所に行って指示を貰い、宛がわれた担当地区でポスター貼り。
その日は出陣式もあるのかな。
ポスター貼りは可能な限り終日。元町のホテル泊り。
16日昼の便で長崎帰還。

14日と15日でホテルが違うのは理由があります。
最初に予約したときとりあえずのつもりで一泊だけにしました。
水木金と休暇を取るのはちょっと憚られるかなあと思って。
でも15日は歩き詰めだろうから疲れて夜の便(15日は料金も高い)で帰るより、まだ安かった16日の便にして、その差額でホテルに泊まったほうがいいと判断しました。
そしたら最初のホテルはもう満室だったので、仕方なく別のホテルにしたのです。

どうしてそこまでするのかって?
私個人としては、勝谷さんが知事になっても何の利益もありません。

でもそうなったらきっと、兵庫だけじゃなく日本にとっていいことが起きる。
10年近く毎日ずっと勝谷さんの文章を読み続けてきた私はそう思うのです。

と、まあ、これは一つの理由。
もう一つ本当に個人的な理由があるのですが、それはかなりややこしい事情を説明しなければならないのでここには書きません。
敢えて言えば「義」によって「恩」に報いるということかな。

その気がある方は誰でも参加できます。
ポスター大作戦の申し込みフォームはこちらから
但し、6/15,16,17の三日間です。
 → 明るく楽しい兵庫県

勝谷誠彦さんの兵庫県知事選立候補を全面支援します
全面支援表明

今日のメールタイトルを見て、昨日から報道されていることを知らなかった多くの読者が「何で今頃またエイプリルフール?」と思ったことでしょう。
週報『迂闊屋』20170422号の前振りがなかったら、読み終わった後でもどこに仕掛けがあるのか探したかもしれません。

私は投票権がないし、兵庫県民の知り合いは西宮の叔母夫婦しかいません。
やれることは限られているけれど、全面支援するつもりであることを表明しておきます。
人手が欲しいときはxxな日々で呼びかけて下さい。
万難を排して駆けつけます。

面白いですねえ。
安倍首相と蓮舫代表とももクロが並んで応援している場面を思い浮かべて、一人笑ってしまいました。(それぞれの立場があるから実際には有りえないでしょうけれど)
対立候補だけでなく、大マスコミと直にやりあう状況はもっと現実的に想像できます。
勝谷さんはケンカの仕方を知っているから、そのお手並みを楽しむことにしましょう。

だけどこれまでに見えた脇の甘さから少しだけ危惧してもいるのです。
言葉尻を捉えて彼らがしかけてくるであろう「政治的正しさ」という気色悪い妖怪に負けないで下さい。
自分から無駄な労力を費やす状況を作ることがないように。

あ、そうか。
これは「御前」につながる道なんだ。

==

上は今私がコラムニストの勝谷誠彦さんに宛てて出そうとしているメールです。
これまでと違って、もう一般読者からのメール全てを本人が読むことはできないかもしれませんが、それはどうでもいいんです。

私は有料化された2007年1月のはるか以前から現在までずっと勝谷誠彦さんの配信メール「勝谷誠彦の××な日々。」を購読しています。

その勝谷さんが兵庫県知事選挙に立候補することが報道されました。
本人による表明は明日27日らしいです。

今日のメールタイトルは<兵庫県知事、やります>でした。

つまりこれから立候補者本人によるメールを毎日読むことができるのです。
学生時代に風俗ライターで鳴らし、その後週刊誌記者として活躍した人の文章です。
朝日新聞の天敵としても知られています。
昨日今日ブログやSNSを始めたような人とは面白さのレベルが違います。

好き嫌いや政治的信条に関わりなく、読んでみることをお勧めします。

とりあえずここからどうぞ→
https://katsuyamasahiko.jp/2017/04/26/4493/




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。