プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーとは無関係に寝不足
23日金曜朝、職場の喫煙所。
いつもは色々な話で盛り上がるのに、なぜかみんな寡黙で、天気の話しかしません。

誰もがブラジル戦のことを話したいのに、自分が口火を切るのはなんとなく憚られて、という感じです。

そこにそういう空気を読まないおっさんが登場して、場は一気に評論集会と化しました。

内容は色々ですが、あちこちで言われていることと大同小異なので、ここには書きません。

私は、僅差よりも大負けしてかえってよかったのではないかと思っています。

==


週に一回もエントリーを書けないペースになってきました。
忙しいせいではありますが、ま、あせらずということで。


スポンサーサイト
アメアメフレフレ
今朝は快晴でした。でも天気予報では夜に強い雨。
傘を持って家を出たものの、あまりの晴れっぷりに気が引けてしまい、引き返して折畳に変えました。

あれだけはっきりした雨雲が西から接近しているなら、予報も楽で且つ正確でしょう。
実際、昼頃から曇りだし、午後5時頃から降り始めました。

昨日が仕事で遅かったのと、夜には土砂降りになる可能性が高いので今日は早めに帰宅しました。

その帰り道、高校生などは結構濡れて歩いています。
やはり、今朝の天気では傘を持つ気になれなかったのでしょうか。
予報を見ていなかったというのが多いのかもしれませんが、見栄のようなものもあるのかな。

昔、子供の頃、外で遊んでいて雨が降ってくると、みんな慌てて雨宿り先を探しました。

当時は、「雨に濡れると髪の毛が抜ける」ということが常識のような迷信のような、何だか根拠は判らないけれどそういうものとして認識されていました。

後になって振り返って考えると、中共による原爆実験のニュースに長崎の原爆による放射能障害の知識が重なって言われていたことなのでしょう。

この話はどの範囲まで言われていたのか知りません。
全国的に言われていたのでしょうか。

これと似たような話(もっと迷信臭いというか、迷信そのものですけど)がもう一つあります。それについては次回にでも。

ところで、髪が抜けるという恐怖は別にして、子供の頃雨に濡れるのは好きでした。

但し、土砂降りに限ります。それと、台風は除くという妙なこだわりがありました。

服も靴もずぶ濡れになりながら歩く快感。

お祭りのときに、お神輿の後を追いかけていて、各家で用意してある清めの水のおこぼれで濡れるときの感覚と同種ものもを感じていたのかもしれません。


笑う大天使
川原泉さんの「笑う大天使」が映画になったそうで、しかもハウステンボスでロケだとか。

見もしないでの勝手な意見ですが、(多分)面白くないでしょう。
← 決め付けていいのか!!
原作のほうはとても面白いですので、誤解なきよう。

このごろは、所謂少女マンガを読まなくなってしまったので、何が今受けているのか知りません。

読んでいるのはテレプシコーラとのだめくらいです。
どちらも最近話が進まなくてじれ気味ではありますが。

部屋の片付けしてたら、いまいかおるさんのフーちゃんが全巻(文庫じゃなくてコミックスのほう)出てきて、子供が喜んで読んでいます。
もう30年も前の作品です。

川原作品は新作出ているのかなあ。


忙中、爽あり でも今日までか
爽やかないい天気も今日までということで明日からの雨が憂鬱ですが、これも仕方ない。

夏至前後のこの時期、長崎は晴れていればかなり遅くまで明るく、照明なしで午後7時半まで野球が可能、午後8時までサッカーが可能です。

子供の頃は、一旦晩御飯を食べに家に帰ったあとでまた広場に集まって近所の子達と遊んだものです。

近所の年寄りに聞いた話で、その人の職場で昔の一時期サマータイム的な勤務があったそうです。午後4時に仕事が終わるわけで、それだと太陽もまだ相当高いので、帰りに一杯という気になれずに困ったとか。

学生時代の夏休みに北海道の牧場でバイトしたとき、朝は午前4時前なのに外が明るいのに驚きました。狭いながらも東の端と西の端でそれだけ違うということでしょうね。
それでもアメリカみたいに地域によって時間帯が違うということがないだけ、日本はましかなあと思います。

話は変わりますが、6月と言えば、秋の長崎くんちの「小屋入り」です。
その年の出し物の稽古始という意味合いです。

私の隣の席のおじさんは、今年は神輿担ぎの当番に当たっているそうで、その日休暇を取りました。これから本番まで、仕事よりくんちが大事という日々が続きます。
今日は「山高帽を買わないといけない、幾らぐらいすっとやろか」と言ってました。
くんちに参加するのは相当の散財を覚悟しないといけないみたいです。

==

今日は久々にログインしたら、ちょっといいことがありました。
ところで、前回のクイズ、何のコメントも付かなかったけれど、答は「苦情」でした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。