su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょうわ時代は嫌いだ
まず前提として「私は少女時代にあまり興味がない」ことを表明しておきます。
最初に見たとき、あのメンバーでこのグループ名はないよなあという感想を持ちました。
彼女達が日本で有名になって以降、それ以前に「少女時代」という「言葉」が持っていたイメージ、幻想がかなり上書きされ、言霊が変容してしまったように感じています。
まあ、それは仕方ないです。
いずれ彼女達が消えうせたあとに、また復古が起こることを期待しています。

なので以下の論(という程の物ではありませんが)は「少女時代」ファンがそのバッドパロディーである「しょうわ時代」を忌避して述べているのではないことをご理解下さい。
私は団塊の世代と新人類に挟まれた「沈黙の世代」と呼ばれる存在です。他に「共通一次世代」という言い方もあります。
ただ、これらの言い方はあまり人口に膾炙していません。なので無名の世代と言ってもいいです。

世代論に意味はないという考え方もあります。
しかし、どのような時代の空気を吸って育ち、青春を送り、働いてきたかは、同じ時期に生まれた集団に対して一定の傾向を与えていることは間違いないと思っています。

昔、「昭和一桁生まれ」という言葉がありました。
この言葉の持つ微妙なニュアンスは私にはよく分かりません。
でも生まれたときから戦時で、軍国少年として育ちながら、社会の一線に出る頃には価値観を根底から変えられてしまった世代という扱いだったのではないかと感じています。
言っていたのは、団塊の世代、全共闘世代なのでしょうか。

新人類の次の世代がどのような特色を持つのかもよく分かりません。
ロスジェネ世代がそれなのかな。

いずれにせよ、64年も続いた昭和を一括りにして表象化するのは無理があります。

3月26日のSMAPXSMAPで「しょうわ時代」が東京ガールズコレクションに出演したときの様子が放送されました。
私はこれまで「しょうわ時代」の存在は知っていましたが、まともにそれを見たことはありませんでした。

そもそもで言えば、私はあの番組は家族がつけるので見ることはありますが、番組の中で演じられるキャラ(香取さんのコスプレは別)があまり好きではありません。
特に中居さんが演じるキャラが嫌いです。
しかし害はないので嫌いなら見なければいいだけの話であって、実際これまでもそうしてきました。

で、「しょうわ時代」を見ての感想です。

「これはひどい」

ダンスの部分は認めてもいいです。お笑い芸としてそこそこのレベルにあります。
しかし、出演前の舞台裏での行動、あの演出は許せない。

キモ可愛いを狙ったのかなあ。
それと笑い飛ばすという趣旨だったら、やり方はともかく、あってもいいです。
威張りくさっている連中を抑圧された存在が笑うことは昔からあることです。

でも私の印象ではそうではなく、「おじさん世代」をデフォルメすることで、もっと底意地悪く、あざ笑っているように感じました。
誰がプロデュースしたんでしょうね。

今年が平成24年だから、平成元年生まれでも23歳。
社員であってもテレビ局に入社したばかりでしょう。
クリエイトの現場では年齢に関係なく才能があれば仕事させるとしても、テレビはどうかなあ。

昭和生まれがこれを作ったのなら、そいつは本当の(三宅久之さんが言う)ポン助としか思えない。
いや、分かりますよ。
テレビ番組製作者なんか、視聴率を取ることしか考えていないってことは。
にしてもなあ。

それだけならば「私が見なければ」いいだけのことです。
でも、そのグループ名(チーム名? ユニット名? どうでもいいや)に「しょうわ時代」と付けたことは私としては完全にアウトです。

「いや、だから、『少女時代』のパロなんだからそうならざるを得ないでしょう?」
そうです。そうならざるを得ません。
だからこそ、こんなことを考えたやつが許せないのです。

笑いには上品な笑いと下品な笑いがあります。
上品だからいい、下品だから良くないとは言いません。
私だってたまにはシモネタの話をします。
でも上品下品に関係なく、笑っていいものと、笑うのならそれなりの深慮もしくは覚悟を必要とするものと、笑ってはいけないものがあります。

昭和を笑ってはいけないなんて言いません。
笑うべきことが沢山ありました。でも、

「しょうわ時代」は「昭和時代」と同じ音を単に「少女時代」と殆ど同じだからという理由で、何の深慮も覚悟もなく付けただけでしょう。
結果として昭和そのものを笑う対象とした最低の笑いだと思います。


スポンサーサイト
ボーパラ関西出品同人誌紹介
 2012/3/25
京都市勧業館 みやこめっせ
〒606-8343
京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
VOCALOIDオンリーイベント
VOCALOIDPARADISE関西
b_vopara.jpg

1月の大阪コミックシティに引き続き、京都のボーパラ(ボーカロイドパラダイス関西)にサークル鏡音図書室で小説同人誌を出します。

残念ながら私は今回は行けません。
kanaさんPNKさんごめん。売り子頑張ってね。

今回は、私とkanaさんの新作それぞれ1冊、その上、PNKさんのマンガ誌も出品します。
さらに、ピンバッジ、コミックシティ用の旧作2冊も。

さらに、さらに、同人誌お買い上げの方にはPNKさんのポスカ進呈ですぜ!!

詳細はサークルのサイトでご覧頂くとして、私の分の紹介を。

yuki_info ← クリックで拡大します。(サークル場所がB-06になっていたのでC-06に修正)

今回のタイトルは「雪・雪・雪 -リンとレンの物語-」。曲をテーマとした連作3部で構成されています。
第一話は「ここ狭いPさんの Lonely Snow」を、第二話は「ベーコンPさんのカリカリ☆ベーコン」をテーマにしています。第三話のテーマ曲は秘密。w
そして、表紙は勿論、各話にPNKさんのイラストが付いています。

うわー。超豪華!!  ← 自分で言ってどうするww

ということで、会場にお越しの際は、ぜひスペースC-06鏡音図書室にお寄り下さい。m(_ _)m

チキンハートとマニュアル対応
近所(と言っても車で10分弱)にあるレンタルビデオ店が、地元資本からTSUTAYAに変わりました。
他の場所には従来の店舗が残っていて、どういう関係になっているのか分かりませんが、その従来の会員証がそのままツタヤでも使えます。

かみさんと長男が半年ほど前から韓国ドラマにはまっています。
二人で借りに行って、そんなに見れるのかというくらい大量のDVDを借りてきます。
しかも二人が見る時間帯が違うものだから、私は同じ画面を二度見せられることがよくあり、もう食傷気味です。
借りるのはラブコメが殆どです。
似たようなドラマによく飽きないものだと思いますが、好みの問題なので文句は言いません。(言えませんw)

私は、店舗レンタルの場合借りに行っても見たいものがあるとは限らないし、返しに行くのが面倒だして、ネットレンタルを使っています。(ツタヤではありません)
コスパが悪いけれど、利便性を取っています。

かみさんはそんなことするはずがありません。利便性よりコストです。

昨夜(3/15)、今見ているドラマの続きを借りに二人が出かけました。
午後8時頃です。(その日の夕食は仕事から帰った私が作りましたorz)

で、帰ってきて二人で言い合いをしています。
「ほんと、気が弱いんだから」
「だって。俺、もうあそこには行けない」

詳細はこうでした。

その店の会員証は長男しか持っていません。かみさんは作るのが面倒といって作っていません。
以前は長男の会員証でかみさんが借りられたのですが、ツタヤになったら「本人を連れて来い」と言われるのだそうです。
はまっているくせに韓国ドラマを借りるのが恥ずかしい長男はレジに行こうとしません。
でもそう言われるので、最近は長男がレジに行くようになりました。

そして昨夜。
いくつかあるレジがいずれも混んでいました。
一番端に店員がおらずが空いていたレジがあったので、待てば店員が来るだろうと思ってそこに行くと、やってきた(多分バイトの)兄ちゃんから「ここは購入レジ。レンタルはあっちだからちゃんと並べ」とかなりきつめに言われました。

私はツタヤになってからその店に行ったことがないので、レジの構成がどう変わったのか知りません。

長男によると、「購入」とか「レンタル」「返却」という表示はされていないとのことです。
レジが混んでいたということは、スーパーマーケット方式(それぞれのレジに客が並び、運が良ければ早く終わり、悪ければ待たされる)なのでしょう。

伝聞や推測が入っていますが、ここまででサービス接客業としての欠点が3つもあります。

1)店員の客に対する話し方
  長男は中学生。それを勘案しても、今のご時勢でこれはない。
  「申し訳ありません。ここは購入レジですので、あちらにお並びいただけないでしょうか」が正解でしょう。
  ツタヤにそういうマニュアルがあるのかどうか。多分ないのでしょう。
  私、マニュアル対応は大嫌いです。
  思ってもいないことを機械的に口にされると不快に感じます。
  私は客が神様だなんて考えは持っていませんが、客が(店の立場から見ての)間違いをした場合の対応は、ある程度配慮があってしかるべきだと思います。

2)レジに機能分けがあるのに表示していない
  これ俄かには信じられません。今度見にいってみようかな。

3)レジ待ちを銀行のATMコーナー方式にしていない
  これはツタヤになる前もそうでした。
  ものすごく不満があったけれど、以前私も従順に待ちました。
  店の面積や配置の関係でできないこともあるでしょう。
  でも、それだったら余計に、レジに並ぶ人への配慮が必要です。
  店の立場から見ての間違いを客が起こさないような配慮も含めてです。
  私が1)で書いたような正解の対応をされても、間違えたこと、間違えさせられたことを嫌に思う人だっています。
  競合の多いコンビニではちょっとでも列ができたら店員が飛んできて「お待ちの方、こちらにどうぞ」と別のレジを開けますよね。

まあ、これらに文句言っても仕方ない。
店長さんの経営資質に疑問があっても利用する客が多ければ困らないのだろうし、そもそも私は利用していないからどうでもいいです。

問題は長男です。

店員に言われてすぐ、かみさんのところに走って行って、「もう嫌だ。もう借りられない。今日はやめよう」と言い出しました。
かみさんはドラマの続きを見たいのだから、そんなこと許しません。
それに「会員証の本人を連れて来い」と言われるから自分ではレジに行けません。
押し問答の末、結局借りずに帰ってきました。

ツタヤは小さな小さなビジネスチャンスを一つ失いました。

「別の店に行けば?」
「もうこんな時間だから遠くまで行くの嫌」

当然、その不満のはけ口は私になります。orz

どうしてこんなにチキンなのかなあ。
と言いつつ、私も中高生の頃はそんなものだったもんなあ、と思います。

それに至るまでの素人精神分析らしいことはできるけれど、ここに書くとうざくなるのでやめておきましょう。

==

マニュアル対応についてもう少し書きます。

マニュアルに記載されている口上は、機械的に繰り返されると人間味が感じられずに大嫌いです。
じゃあ、どうならいいのかと言われると、大したアイデアはありません。
きめ細かな対応をしろといっても、バイト店員をその都度教育するのは無理でしょう。
せいぜい、相手の方を見ながら口にしてくれくらいかなあ。

==

上の長男の事例は、人によっては店側にクレームを付けるようなことかもしれません。
もし私もその店を利用しているのなら、それを考えるかもしれません。

でも最終的にはブレーキをかけるでしょうね。

程度の低い(これははっきり言います)店員の対応に腹を立ててクレーマーにはなりたくありません。
ましてや自分が被害を蒙ったのではなく、息子のことですから、それでクレームするようなモンスターにはなりたくありません。

これ、何も大人の対応をしようなんてことではありません。
おっさん度が進んでくると、ちょっとしたことにムカッときて、つい荒い対応をしがちなのです。
半年ほど前、某パソコンメーカーの問い合わせ窓口の電話対応に腹をたてて、職場にかかってきた電話だったのにもかかわらず怒鳴ってしまったことがあります。

若い人がムカつくのとは少し違うのです。
対応する人が自分より(はるかに)年下であることが多くなってくると、その対応が自分が期待している品質に達していないと無性に腹立たしく感じるのです。
それに身と神経を委ねると、ろくてもないじじいいになりそうなので、できるだけ自制しているのです。

これは最近また必要なのではないかとよく言われる昔の雷オヤジとは少し違います。
雷オヤジは自分の利害とは別のところで、社会の倫理や常識に照らして若い人をたしなめることを言います。
私が自制しているのは、自分のみみっちい利害が侵害された場合の対応なのです。

でも自制できないことがあります。
それについては次回。

==

うーん。
クレームはしないと書きました。

でも、この日記を書いたことをTSUTAYA本体に連絡しようかなあ。

文句をつけるつもりはありません。
親切心で業務改善のヒントを教えるのもでありません。

これで見たいドラマの続きを見られなくなる、もしくは面倒なことに自分の会員証を作らざるを得なくなるかみさんの不満が私をはけ口として襲ってくることをなんとか避けたいからです。

これも結局はみみっちい利害かな。
情けなー。www


映画 蛍火の杜へ 感想
劇場版 蛍火の杜へ 感想


蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD] 蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
(2011/05/12)
Sony PSP

商品詳細を見る



2012/2/22発売で翌日には届いたDVDを3/11にようやく見ることができました。
届いた当時は子供の期末テスト中。平日夜はかみさんが韓流ドラマを見るのに忙しく、土日はまたなんじゃかんじゃと制約があってズルズルと見れないまま。
ようやく、二週間以上も経って、家族揃って見る機会が訪れました。

一人で見てもいいのですが、せめて趣味の合う(最近随分ずれてきてますけどw)娘とは一緒に、ああだこうだと言いながら見たかったのです。
勿論、話をするのは終わった後です。

さて、感想です。

よかったです。
作り手、特に監督が原作を愛していることがよく伝わりました。

細かな場面、科白、表情、一つ一つを大事にして、いかに原作の雰囲気を壊さないでアニメとして表現するか苦心工夫してあります。
そしてその努力がとてもいい形で結実していると感じました。

アニメの製作、特に企画段階の状況は、私にとって想像するしかありませんが、普通に考えてこの作品のアニメ化はかなり難しいのではないでしょうか。
短い尺、夏目でファンが多いとはいえ一般には殆ど知られていない原作、少女マンガとしても特異なストーリー、どれをとっても企画段階でボツ、せいぜいOVAくらいしか考えられません。
それを劇場版として作り上げた情熱に敬意を表さないではいられません。

声もよかった。
話題作りのためにタレントや俳優を起用しなかったのはともてよかった。

この感想を書くに当たって原作の読み直しはしていません。
そのため、アニメ独自の部分がどこなのかはははっきりとは認識できていません。
冒頭から挿し込まれている大きくなった蛍が祖父の家を訪れる部分がそうなのでしょうか。
監督がインタビューで蛍の最後の横顔を大事にした旨の発言をしています。

原作にない部分の挿し込みは、多くの場合不満しか感じません。
でもこの作品にはそれが全くありませんでした。

あえて言えば、原作にないけれどストーリー上あったほうがいいかなと感じたのは、あの山に対する祖父の認識です。
毎夏やって来る孫娘が殆ど毎日一人で山をうろついているのに、あまり心配している気配がありません。
祭りにまぎれ込んだ思い出を語っていますから、それをもう少し進めて、漠としたものであってもいいからあの山を信頼していることがわかるような何かがあれば、祖父の態度に納得できたのではないかと思います。

それと、エンドロールで字幕が無くなった後も主題歌が続いていて、画面が真っ暗というのには少し驚きました。
一瞬、テレビが壊れたのかと思いました。
普通は名場面的な振り返りがを入れるなどして曲の終わりに合わせるのではないでしょうか。

もう一つ、DVDパッケージのあの絵は一体。
ネットで予告編を見ていたから本編の絵柄にあまり心配はしていませんでしたが、あの絵はちょっとねえ。


この映画は全国八館だけの上映、九州では博多と、原作の緑川ゆきさんの地元である熊本だけでした。
配給の営業は厳しいのかなあ。大きなスクリーンで見たかったです。
地方に住んでると、こういう仕打ちに慣れてはいますけどね。

秒5も含めて、自主上映を真剣に考えようかなあ。

==

3DSのソフト「Project mirai」が届きました。

初音ミク and Future Stars Project mirai (通常版)初音ミク and Future Stars Project mirai (通常版)
(2011/05/12)
Sony PSP

商品詳細を見る



今年の正月の初売りで新車を買い、その特典として3DSがうちにやってきました。
でもかみさんの
「じゃ、これ、次男の小学校卒業、中学入学祝いにするから」
の一言で、卒業式が終わるまで開封できないのです。

むごい。むご過ぎる。w

「あのー。ゲームが届いたんですけど」
「あら、そう。残念ねえ」

ひどい。ひど過ぎる。ww

3DSは色を選択できなかったので、ピンクになりました。
私が仕事帰りにディーラーから貰ってきたとき、「どっかに隠しといて」と言われたので、かみさんの箪笥の奥に入れました。
あとからかみさんがそれを見て「ピンクってすごい色ねえ」「まあ、選べないからねえ」という話をしていたら、次男が「何の話?」と聞くので「ん? ああ、お母さんのパンツの話」「げえ」www

==

バクマン 17巻


バクマン。 17 (ジャンプコミックス)バクマン。 17 (ジャンプコミックス)
(2012/01/25)
小畑 健 (著), 大場 つぐみ (原著)

商品詳細を見る



いやー。平丸君、大活躍でしたねえ。
何もしてないのに、一番活躍してるんだからすごい。

各話の間に挿入されているネーム。よく読めば結構笑えます。
特に大場さんの部分。

「ホモか」とかね。

その中に「ぱんちらファイト」を実際に描いてくれないかなあというのがありました。
うん。私もそう思います。あれは読んでみたい。ww

らっこ11号には騙されたもんなあ。
あれをコミックの売り場に置くなよ!

==

NHK-Eテレで土曜夕方にバクマンと日常を続けて放送しています。

時間的に結構見逃します。
バクマンはNHKオンデマンドで見ることができるけど、日常にはそれがないのが残念。

日常のアニメはよく出来ていると思います。
原作も好きなのですが、内容によってはあまり面白く感じない部分があります。
でもそんな部分もアニメで見ると笑えるのです。

私の場合、ギャグ系のマンガで原作が好きな場合は、アニメになったときその「間」が自分の「間」と違っていることが多くて、あまり楽しめません。

日常はそれを突き抜けて面白いと思います。
なぜ面白く感じるのかまだ自分でも分かっていないのですけど。

基本はなのなのだけど、最近はそのなのに執着する中村先生が好きかな。w

==

読売新聞日曜版の「あたしンち」が3/11で最終回を迎えました。

先々週の回で、ゆずのクラスメイトの石田ちゃんの話、サザエさんやちびまる子ちゃんと同じ無限ループのはずなのに、進級でクラス替えを悲しむ内容に、あれ? なぜ? と思っていたら、翌週の我が家のあたしンちに「次週最終回」とあって、あれー。

あたしんちのアニメはしばらく長崎でも放送されていましたが、あるとき途中で打ち切りになってしまいました。
劇場版が作られる前だったかな。

みかんと岩木君、ゆずと石田ちゃん、ああいった作品ではどうこうなるような間柄ではありませんが、もうちょっと進展してほしかった。

それはともかく、作者のえらけいこさん、長い連載お疲れ様でした。


==

amzonのリンク作成機能、相変わらず動いてくれないので、全部手作りしました。
面倒くさくて、日常とあたしンちはもう作る気になれなかった。orz

リンク先間違ってたらごめんなさい。


==


私信

ミルフィーさん、早く気付いて。w

ソラの星 感想
ソラの星 (メディアワークス文庫)ソラの星 (メディアワークス文庫)
(2012/01/25)
岩関 昂道

商品詳細を見る


Amazonアソシエイトプログラムの調子が悪いので、上のリンクは手作業で作りました。
復活したら、自動生成リンクに変更しますが、上のでひらけなかったら、下のURLからどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/dp/4048863401



えーっと。新人作家さんのデビュー作かあ。

ソラはね、まあ悪くないです。キャラとして。
言葉遣いから荒川のニノを思い浮かべました。
ニノも金星人だから、その意味でも一緒かな。

カバーイラストと、中のイラストとで印象がちょっと違うんですよね。
私はポニテより、カバーのほうが好きでした。

設定はうーん。まああんなものかな、というレベル。

アキラは、駄目です。
いい小説の主役キャラは、作者がそのキャラに込めた設定の意図を感じさせず、最初からそのような存在としてそこにいて、自由に動き回っています。
でもアキラは、作者が与えた枠がガチガチで、すごく窮屈に感じました。作者の意図が見え見えなのです。
さやかの気持ちに全く気付かない。ソラへの対応、気持ちの変化に自然さがない。
物を知らない。理解力、洞察力がない。
だから読んでいて共感できないし、感情移入できませんでした。


文章を読んでいて、一番気になったのはその冗長さです。
回りくどいということではありませんが、くどいのです。
(「回りくどさ」と「くどさ」の違いはちょっと説明しにくいですけど、読んだ方は分かると思います)
そんなことわざわざ文字にしなくても、読者はみんな分かってるってことがいつもいつも出てきます。
アキラのキャラのせいだけでなく、この人の文章の特徴なのならば、次回作以降読むのはちょっとつらいなあ。
余計なこと書かなくていいんですよ。
もっとキリッとした文章にならないですかね。
分からなくなるギリギリのところで止めるのがプロの文章だと思います。

ストーリーは、あからさまな続編への含みが沢山あります。
これもちょっと嫌なんだなあ。
デビュー作はちゃんと完結させて欲しかった。
さやかの立場、ソラの正体(どこから、何のために来たのか。歩いて5日の場所とは何か。記憶喪失の原因は何か。などなど)、さやかの兄のソラへの理解、色んな事柄が中途半端なまま放置してあります。

挿入されたエピソードにも取材不足を感じます。
建築工事現場で、作業者が高所で重量物を担いで歩くなんてあり得ません。
今の安全管理はそんなことを許しません。
未来が分かる少年の話は長々説明がありましたが、どっかで読んだことがあるような。
残留思念とか、ウイルス型宇宙人とか、こういうことは必要な説明が足りないと感じるし。

3回あったエロ(お色気)系イベントも、あんまり新味がないんだよなあ。
アキラの対応もありきたりで、むしろ不自然だし。

酷評していますけど、せっかく読了したからには、こんな消化不良のままで終わるのも嫌なので、続きを待つことにします。


ここから、今回の日記のテーマから離れます。

ソラのポニテの方のイラストを高校生の娘に見せた後の会話
「この子、ツンデレ?」
「うんにゃ、宇宙人。それに俺、ツンデレ嫌いだし」
「でもハルヒは? あれはツンデレでしょ」
「ハルヒはハルヒ目当てで読んでるんじゃないから」
「あらそう。そういえば明日のいいともに平野綾出るよ」
「なにー。それは見なければ」
「ハルヒ目当てじゃないんでしょう?」
「平野綾は別だ」

困ったことに、うちにはまともな録画機器がありません。どうしても必要なときは実家に頼んでいますが、大抵は見逃したらそれで終わりです。
でも、これはどうしても見なければ。増刊号もあるけど、全部出るとは限りません。

で、携帯のワンセグで見ることにしました。
でもイヤフォンをつなぐコードを忘れました。職場の机で音を出して見るのはさすがに恥ずかしい。
なので、会議室に一人で籠って見ました。
「東中出身涼宮ハルヒ・・・」を言ってくれた。
見てよかった。www

私、声優さんには殆ど興味ありません。上手ならそれでいいってくらいの認識です。
でも平野綾さんは、いいなあ。

あ、キモイおっさんとみんなドン引きかな。
まあいいじゃんこのくらい。

テレフォンショッキングの時間が短くなってるんですねえ。
終わってから、娘に「見たよ」とメールしました。でも返事が来ません。
家に帰ってから「何故返事をしない」と文句言ったら、
「何のこと?」
「メール出したろうが。見たよって」
「ああ。あれ。いや、ま、呆れちゃってね」
がはははh。

==

2013/1/4 追記

2巻目出ましたね。12/25だって。気付かなかった。
今日、注文しました。だからまだ読んでいません。

ソラの星〈2〉ふたたびの里 (メディアワークス文庫)ソラの星〈2〉ふたたびの里 (メディアワークス文庫)
(2012/12/25)
岩関 昂道

商品詳細を見る


あれ? こっちの方が大きく表示されてる。
上の1巻目は自動ではなくて手で作ったリンクだからなか。
ま、いいや。 感想は読んでから。(当然だw)

2013/1/17 ソラの星2の感想を書きました 今度は褒めています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。