su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
金環蝕を見られなかった君へ
ずっと昔、小さな小学校の
校舎から離れてポツンと建っていた可愛い図書館で
誰もいない昼休みに一人で
百科事典を開いていた君

日本周辺近未来の日蝕予定図が示す2012年金環蝕の帯は
君の住む町のわずかに南を通っていた
もっと細くもっと遠い皆既日蝕の帯よりも、強い存在感をもったそれは
大阪も名古屋も東京も塗り潰していた

故郷を離れて暮らすことなど考えてもいなかった君は
そのとき(将来)の自分の歳を数え
そのとき(現在)の父親の歳を遥かに越えた自分が
そのときどの空の下に赴いて太陽のリングを眺めるのかを
そのとき隣に立つのは誰なのかを
夢想して楽しんでいたのだろう

口径10センチの、少し贅沢な望遠鏡を手に入れた君は
ふらつく自転車でそれを運んでは
惑星や二重星や星雲を眺め
月のアバタを太陽のホクロを数え
赤道儀に取り付けたカメラで星空を追い
日本の空に見えるほぼ全ての星座の位置と形を覚た

時が過ぎ、君は
2012年のマスコミの狂騒と、
普段空を見上げることをしない
どれが金星でどれが木星かも分からない
星占は知っていても自分の星座の形すら知らない
だけど幸運にも帯の上で暮らす人たちの歓喜の声を
厚い雲の下を職場に向かうバスの中で
90パーセントを越える部分日蝕の暗がりにも気付けないで
携帯の画面に流れるニュースで知る

40年前の君に
慰めの言葉は記さないでおこう

機会はまたくる
月と太陽の視半径がほぼ同じという
奇跡の惑星に生まれたのだから

==

うーん。見事に曇っていました。
部分蝕のせいで暗いのか、雲のせいなのか分からないくらい。
40年間心待ちにして、この結果だもんなあ。w

翌日の朝の、雲一つない空の憎らしいこと。

今私は故郷よりも少し北に住んでいます。
休暇取って鹿児島辺りまで行くことも考えたけれど、今の職場での立場、人間ドック以外は休暇も取れない状況では無理でした。

それにしてもマスコミ、特にテレビの狂騒はすごかったですね。
安っぽい見世物にされてしまって日月もこそばゆかったんじゃないかな。
確かに指折りの「イベント」なんですけどね。
今回の金環蝕帯が東京を通っていなかったら、もう少し地味だったのは確かだと思います。

ちなみに、新聞などで使っている「日食」は正しくは「日蝕」です。
「食べる」と「蝕む(むしばむ)」では意味が全く違います。
「蝕」が常用漢字表にないからですが、使って誰が困るというのでしょうか。

上の詩のようなエッセーのような、若干嫌味を含んだよく分からない文章は、今回見ることができなかった昔と今の全ての天文少年少女に捧げます。

今後の日蝕はWikiに2100年までのが載っています。
日本だけに限ると次の派手なやつは2035年9月2日の皆既日蝕かな。
その頃は、もう後期高齢者だよ。w




スポンサーサイト
ボカロSS投稿所閉鎖か?
5月15日、久しぶりに開いてみたら、ボカロSS投稿所が消えていました。
閉鎖されたのか、サーバの問題なのかは分かりません。
今日17日時点でも開かないから、閉鎖の可能性が高くなりました。

本当に閉鎖されたのなら残念です。
私の作品の殆どがそこにありました。
頂いた感想、コメント全てを手元にもっているわけでもありません。

置かせてもらっていた立場だからどうのこうの言うことはできませんが、連絡くらいは欲しかったなあ。

旧投稿所のほうは残っています。
こちらはサーバが、というかサービス元が異なるからでしょう。
でも、意図的な閉鎖ならこちらは残っているというのも変だなあ。

そういう訳なので、このページの左上にリンクがある私の作品一覧から大半の作品が読めない状況になっています。

自分のサイトにTXTを置くつもりでいますが、一覧のリンク張り替えなどが必要なので、週末になりそうです。

こんなときに限って、昨日今日とアクセスがあってるんですよねえ。
すみません。しばらくお待ちください。


5/20追記

どうも消滅は本当のことのようなので、読めなくなった作品のテキストを私のサイトに置いて、一覧表のリンクを変更しました。

とても読みにくいですけど、適当なアプリにコピペするなどして下さい。
ココニコイはまだ置いていません。あれはちょっと面倒なので。


5/22追記

投稿所管理人のあひるさんから消滅は手違いだった旨のコメントを頂きました。
よかったあ。

一覧のリンクも元にもどしておきますね。
気分は上々49参加報告

2012年5月13日に長崎市民会館地下展示ホールで開催された同人誌即売会気分は上々49にサークル参加してきました。

49という回数からも分かるように、歴史のある会です。
今回の参加サークル数は57。規模もそこそこだし、コスプレ参加可なので熱気がありました。

鏡音図書室としては初。新刊2冊と既刊本、バッジなんかを持っていきました。
さすがに私一人では心もとなかったので、梵酢こまぴー、碧狼、厨ゃんの三人娘を連れて行って売り子を頼みました。
中間試験真っ只中にそんなお願いをして申し訳なかったです。

でもね。彼女達、自分がサークル回るのに忙しくて、半分以上の時間は私が売り子だったのです。orz

ボカロ関係のコスは、ミクが数人、リン、カイトもいました。
マトリョシカのミクぐみも。

それ以外のコスは、私見ても分からないからなあ。

しかし、ボカロのコスさん、殆どうちのスペースに寄り付いてきてくれなかった。

私が席空けして、3人娘が売り子しているときに来たことがあったのかもしれませんけど、私が座っているときに買ってくれたのはレイヤーさん以外の方ばかりでした。
まあそりゃあ、おっさん一人がぽつんと座ってるとこにはなかなかねえ。w

レイヤーさんはお知り合いや仲間が多く参加しているから、知らないとこに行く暇がなかったって解釈しときます。

スタッフの方のお気遣いが細やかで嬉しかったです。
飴の差し入れ、お茶の配布、昼食の弁当の注文も取ってくれました。※1
でも次回参加するとしたら、三人娘が高校を卒業した後かな。

今回の新刊「リンタンポポが飛んで行く」は6月24日に名古屋である鏡音パラダイスにかなさんが持っていきますので、中部地方の方はぜひ鏡音図書室のスペースにお寄り下さい。
PNKさんの表紙、碧狼、厨ゃん二人による挿絵イラスト入りです。
そのイラストを使った豪華ノベルティーを先着で出すつもりです。(長崎でもそれで買ってもらえたw)

既刊「雪・雪・雪 リンとレンの物語」は、ここ狭いPさんの「ロンリースノー」、ベーコンPさんの「カリカリ☆ベーコン」それにもう一曲をテーマとしたネットで公開していない完全新作の連作SSを載せています。
最初に作った「シスコン弟は伝説になれるのか?」もまだありますのでよろしく。

この文章を載せるに当たって検索してみたら、丸一日経った時点で、ブログで報告書いている人皆無でした
今時はそうなのかなあ。
私はツイッターやっていないし、やる気も持ち合わせていないのです。


※1
申し込みの段階でミスをやったし、当日も、ご迷惑をおかけしました。
提案したいこと色々あるけれど、とりあえずはお世話になりました。

気分は上々参加
イベント参加確定です。



jj-b-1.gif
2012/5/13 長崎市民会館 気分は上々49

↑ 済みませんリンクURLに間違いがあって飛べませんでした。訂正しました。

スペース46番に鏡音図書室九州分室として参加します。

私が出品するのは、既にネットで公開している作品から6篇を自選した作品集「リンタンポポが飛んで行く」です。
ゲスト絵師さんから挿絵イラストの提供を頂き、さらに表紙はPNKさんです。
まだ出来あがっていないので、イメージはあとから載せます。

また、かなさんの作品集「わが家のリンちゃん」も頒布予定です。

コミックシティとボーパラ関西に出した既刊も持っていきます。

長崎市とその近郊の方、もしくは関西や名古屋、東京のイベントには行けないけど、長崎なら行けるって方、ぜひおいで下さい。



なお、名古屋のイベント参加も確定しています。
これには私は行けませんけど。

2012/6/24 開催 「鏡音PARADISE」
かがぱら
※スペース未定



==


前回書いた「EXIT TUNES PRESENTS Vocalogemini(ボカロジェミナイ) feat.鏡音リン、鏡音レン(ジャケットイラスト:2D)【数量限定ラバーストラップ&マウスパッド付】」の件ですが、いいCDですよと褒めたつもりだったけど、読み直してみるとけなしてばかりでした。ちょっと反省。w

その中で超お勧めライブPさんの「セツナデシコ」の紹介で、

>、ご本人が書いたらしいレビューには「パンクと切なさを青春と。」とあります。
> あれはパンクなのかなあ。本人に聞いてみよ。

としていました。

本当にライブPさんからメッセージを頂いて、

「フォークパンクってジャンルを意識して作ってみました。
 ガガガSPとか、昔で言うブルーハーツ的な感じですw」

とのことでした。

ブルーハーツ的と言われたら、確かにそんなイメージですね。
本当にいい曲です。

それと、この曲に関する新しい情報も頂きました。
公開していいのかどうか分からないのでとりあえず伏せておきます。
お楽しみに。