su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テポドンは置いといて
最近、事件が多いですね。
事件は最近に限らずいつでも起きていて、報道メディアでそれに気付くかどうかだけの違いかもしれませんが、それにしても最近はめまぐるしい。

ある事件について少し深く考えようとすると、数時間もしないうちに次の事件、次の事件と現れてきて、考えがそれに幻惑されて停止してしまうように思えます。

このブログは時事社会ネタを扱うことをこれまで殆どしていませんので直接の関係はないにしてもです。

==

広島女児殺害事件の一審判決は無期懲役となりました。

「被害者が単数で、衝動的な犯行であり、前科もなく、矯正不可能とまでは言えない」

死刑の適用に関する最高裁永山基準は、「本当言えば死刑判決は出したくないが、ここまで酷かったら仕方ない」という思いが滲んでいるように思えます。

死刑廃止論者の言説は脇に置くとして、
この基準のうち、私が一番納得できない、計画性の問題です。

計画的に殺されようが、衝動的に殺されようが、被害者にとって殺されたことに何の違いもなく、計画性がなかったから罪を減ずるという考えは普通に考えたらおかしいのではないでしょうか。

この点に関する考え方のずれは、刑罰が「報復」のためではなく「矯正」のためにあるとする刑法の根本思想のせいであろうと思います。

「懲役」という言葉には「こらしめ(懲)」とい文字が入ってはいますが、懲役を科すのは、悪いことをしたやつを懲らしめるために牢屋にぶち込んでおくという意味ではなく、悪いことをした人を矯正(反省させ、謝罪させ、もう悪いことをしないと誓わせる)するためなのです。

これは、人間は弱い存在であるから罪を犯すことがある、それを受け止めて、本人のために矯正してあげるのが社会の務めであるという、理性的かつ人道的な考えに基づきます。
ここには、報復の意味は含まれていません。

個人であれ、社会(国家)であれ、報復する権利は持っていません。
死刑に処するのも「矯正できないから仕方なく」行なうのであって、罪に対する報復ではないのです。

この考えに立つ限り、刑事裁判に被害者及びその家族が参加する余地はありません。永山基準に「被害感情」が入ってはいますが、印象としてはあまり大きなファクターではなく、被害者が犯人の更生を望んでいる場合などに(死刑を忌避するために)考慮される程度ではないのでしょうか。

死刑にするのは、その罪が重いからではなく矯正できないからなのであれば、計画性の有無が判断の基準になるのもむべなるかな。

でも、これ、やっぱり納得できませんよねえ。

百歩譲って矯正の可能性が基準であることを認めるとしても、広島の事件の犯人の矯正の可能性ってどうなんでしょう。
判決の付け足しとして、仮釈放には慎重にという文言がつきましたが、最初にそれを聞いたときは、裁判官が死刑を言い切れなくてその後ろめたさを補うために付けただけのように思いました。

下級裁判所の裁判官にとって最高裁判例はかなり強い拘束力があるそうで、現行の基準である永山基準を踏み出す勇気がなかっただけなのではないでしょうか。


ええっと。私は刑法や刑訴法を勉強したことも、まともに読んだこともありませんので、ここに書いたことが間違いないことかどうか保障の限りではありません。所謂ネット上の「石」ということで。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/103-ef985e1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。