su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おちきんおらーめん
以前、笑う大天使(ミカエル)の映画化について、「面白くないでしょう」と、観もしないで書いたのが気になっていました。

その後、新聞記事でオール県内ロケとあったので、一応の興味はそそられました。
それに面白くないと言い切った責任上一度は観ておかないとという思いもあったので、先日行ってきました。

予想を裏切らず、面白くない映画でした。(笑)
こんなのに、金と時間を浪費した自分が情けなくなりました。(大袈裟)

まず、企画した意図が分かりませんでした。
原作は随分前のものだし、川原ファンには受けていたのでしょうけれど、一般的には知られていなかったし、あの「もぎゅもぎゅ」した世界を実写で再現するのはかなり無理があります。

ハウステンボスを借りてのロケはよかったと思います。お嬢さん学校の雰囲気は出ていました。どの場面も、「ああ、あそこで撮ったのか」というのが判りました。

しかし、今時は、「良家の子女」の学校よりも、TVドラマ版「花より男子」に描かれているような、今風の意味でのセレブが通う学校のほうが、善し悪しは別にして憧れの対象となっているため、見ていて「何じゃこの学校の生徒達は」という印象を持たれてしまう恐れが大です。
チキンラーメンも知らない女子高生なんて、哄笑の対象でしかないでしょう。

猫かぶりトリオは、ぎりぎり原作のキャラの雰囲気を出していたようにも思えます。しかし、彼女達と対になる、兄、師匠、先生の男性キャラは、その特徴が際立っているとは思えませんでした。

アクションシーンに関しては、ノーコメントとします。

ギャグの類は、元々原作の滑り気味のギャグを余計に滑らせているように見えました。

結論:この映画で楽しめるのは、小学生くらいまでかなあ...。

本当言うと、デスノートを観に行ったのです。しかし、映画館に着くまでにトラブルがあって時間が合わなかったので、しかたなくこれにしたのです。

エンドロールに協力先の一つとして諏訪神社が出ていました。
どこに出てきたのだろう。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/104-8c500608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。