su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親バカの高い壁

今回のはただの親バカです。読み流してください。


私の子供はかわいいと評判である。
しかもかみさんにはあまり似ていない。
どう見ても私系の顔である。
(別の意味でよかったねという突っ込みは不要ですw)

あるとき、かみさんが子供を連れて歯医者に行った。
家族のうち私だけ別の歯医者に掛かっていて、その歯医者には行ったことがない。

一人で留守番していたら、「保険証を忘れたから持って来い」との電話が入った。やれやれと思いながらも、持って行った。

ドアを開けると、待合室で子供が叫んだ「あっ。お父さん。」

すると、受付のおねえちゃん、看護師さん、歯科衛生士さん、ぞろぞろ私の顔を見に出てきた。

皆、一様に「この子供達のお父さんならどれほどのイケメンなのかしら。楽しみぃ(はあと)」という顔をしていた。

そして、皆、一様に、「あれっ?」という顔をして引っ込んでいった。

おーい。


いや、彼女達が本当はどういうつもりで出てきたのかは判りません。

でも出てきたのは事実なので、そこから演繹して考えると上のようなストーリーになるのではないか、であるならば最初の親バカも成り立つのではないかということです。

バカの上塗りでしたか。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/14-0051ca9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。