su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなBlog勝手に紹介【真っ白な月】

【真っ白な月】 pongさん

この人の書く文章が好きで毎日読んでいる。
きっかけはある保守系ブログにトラックバックしていた青山学院高等部の入試問題に関するエントリだった。

大上段に構えず、少し人を喰ったようなオチの付くぬるい文章は、読んでいていい意味で脱力できる不思議な魅力がある。

その魅力に引きずられて何度痛いいい思いをしたことか。




ここで知った「創聖のアクエリオン」を最終回だけ録画して見た。

私は昔から巨大ロボット系のアニメを見ていない。
さすがに鉄人28号は見ていたが、マジンガーZ以降のそれはなぜか見る気がせず、ガンダムさえもスルーしてきた。
もうポリシーと言ってもいいくらいである。

しかし、pongさんのぬるい文章はそのポリシーを捻じ曲げる力があった。

見た感想:何と言ったらいいのやら。


ここで知った「六とん2」を買って読んだ。

こんな作家がいるなんて全然知らなかった。
大体、新書版のノベルズなんて読まないのである。なんとか殺人事件とか、なんとか探偵事件簿とか、タイトルだけでスルーである。
もうポリシーと言ってもいいくらいである。

しかし、pongさんのぬるい文章はそのポリシーを捻じ曲げる力があった。

読んだ感想:しまった。


ここで「ちタン」と「めタン」と「ぎゅうタン」と「もくタン」に出会った。

私は萌え系キャラにはあまり興味がない。フィギュアの店には入ったこともないし、書店でもその手のコーナーはスルーである。
もうポリシーと言ってもいいくらいである。

しかし、pongさんのぬるい文章はそのポリシーを捻じ曲げる力があった。

会った感想:「ち」と「め」はまだ許せる。「ぎゅう」は勘弁して。




しかし、pongさんには何の責任もない。
本人が責任は持てませんと明言しているのに、その警告を無視したのは私である。

これからも彼のぬるい文章は、私を知らない世界に連れて行ってくれるのだろう。





間違っても、この文章をきっかけに【真っ白な月】に行ってみようなんて考えてはいけません。

私は、責任取れませんから。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/15-b68d912a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。