プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光市母子殺人事件判決に思うこと
昨日の差し戻し広島高裁判決の要旨全文を読みました。
私はこの判決は「正しい判決」であると思います。

その上で、主要各紙の社説、コラムを読んでみました。
朝日、毎日、読売、産経、日経の各紙です。

判決を妥当と明言しているのは産経のみ。

朝日と毎日はほぼ同じ内容でした。
ニュアンス的に朝日のほうが自らの主張を強く出しているように感じます。

読売は「極刑以外にはあり得なかったということだろう」という程度の書き方で、判決を支持するのか不支持なのかはっきりしません。

日経はさらに不鮮明で、「国民の感覚を映した死刑判決」というタイトルで、司法研修所が行なったアンケートの結果、一般国民と裁判官の意識の差をがあったことを示し、「国民の『何が適正な刑罰か』の感覚をくむべき」と主張しています。よく読めば、間接的に支持しているようでもあります。


やはり一番滑稽なのは朝日です。

「死刑はやむをえないと思う人も少なくないだろう。一方で、...」という、一旦一般国民の気持ちを理解している振りを示して、結局は逆の方向に導く、所謂築地をどりを見せてくれています。

「判断が難しい大きな理由は、少年が死刑を適用できる18歳になったばかりだったことに加え、被害者が過去の死刑事件よりも少ない2人だったことだろう。」要するに、4人なら死刑も仕方ないが、2人なんだから死刑にしなくてもいいじゃないかと言っています。

人数の多い少ないに何ほどの差があるというのでしょう。

もっと分からないのは、「18歳になったばかり」ということをなぜ考慮する必要があるのかということです。
20歳になったばかりの犯罪者がいたらそれも情状に考慮されるというのでしょうか。

年齢や日付に関しては、法の適用は厳格でなければおかしいでしょう。
18歳6ヶ月なら死刑だが、18歳1ヶ月なら無期なんてことになったら逆に変です。

朝日社説の圧巻は、「見逃せないのは、被告や弁護団を一方的に非難するテレビ番組が相次いだことだ」の部分です。

テレビ番組と、判決は別の事象です。それをこの社説で敢えて取り上げるということは、テレビ番組が世論を誘導し、それにつられて死刑の判決になったとでも言いたいのでしょうか。

「こんな裁判の仕組みを軽視した番組づくりは、今回限りにしてもらいたい」
自分とこの社員がやった女性法廷は「裁判の仕組みを重視」していたのかな?

朝日社説では直接言及していません(毎日社説では直接言及あり)が、この裁判に関するテレビ番組に対して出された放送倫理検証委員会の意見書http://www.bpo.gr.jp/kensyo/kettei/k004.htmlは、なんだか唐突のような気がしています。

だって、「一方的で、感情的に制作された。公平性、正確性を欠く」番組なんてざらですよ。強い調子の意見書が出てきたのはおかしいなと思っていたら、委員長がこんな人でした。

「川端和治氏(かわばたよしはる)弁護士、朝日新聞社コンプライアンス委員会社外委員 (元)日本弁護士連合会副会長」

この肩書きを見ると、テレビで批判された被告側弁護団は委員長の身内みたいなもんです。

意見書はかなりの長文で、かなり真剣に調査したことが窺えます。だから、意見書が出たこと自体がおかしいと感じたことは撤回します。でも、内容に関しては後半のほうにかなり文学的な修辞が見られますし、参加した委員の議論の過程が分かりません。

委員長の強い意向が働いたのではないかという感想が残りました。

ましてや、それを朝日、毎日といった「一方の」意見の肩を持つ権力者が利用しているのですから。


と、まあ、ここまでは新聞社説とその関連事項に関することを書きました。
ここからが私の感想です。

しかし、まだちょっと書きたいことがまとまりません。
長くもなるので、次回にします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

 朝日の社説は読んでいませんが(っていうかある日を境に朝日とは完璧に決別しましたのであの会社のどんな文章も読んでいません)、「一方」からのくだりは、「さすが朝日っ!!」と言っちゃいそうです。世論を操作どうこうってのはオマエの会社だろうが、とかツッコミを入れそうになりましたよ。

 ネット社会では朝日の極論は、もう冗談に聞こえるくらいだってのが常識ですからね。某大型掲示板では「アサヒる」ってスラングもあるくらいだし。今回もアサヒってるなぁ。
 そういえば、記者会見をする本村さんに遺族の感情をさかなでするような質問をした女性記者もアサヒの社員でしたね。まったく。


 ひとつの新聞だけをウノミにしてニュースを信じ込んでたらいけませんよね。問題は自分の頭できちんと考えないと事実がぼやけてしまいそうです。
【2008/04/25 07:08】 URL | ろぷ #- [ 編集]

ろぷさんへ
うちでは読売を取っています。
でも、西部本社版って、結構社会面は朝日的な記事作りなんです。
文化欄もそうです。
社説とつじつまが合わなかったりして。

本当は産経を取りたいのですが、長崎では販売店がないので、西日本新聞販売店が代理配達していて、「折込広告」が入らないらしいのです。
そんな新聞取る意味がないと言われたら返す言葉がありません。
しかたないので、電子版を読んでいます。

朝日社説読むのは、お笑いネタ探しのためです。

そういえば、親戚の自衛官の家が朝日の販売員に粘られて契約させられたとか。
官舎にいた頃のことです。いい根性しています。
【2008/05/01 00:00】 URL | たか号 #2yoeiER6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/164-021cfa28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。