su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きが読みたい
先月でしたか、私が小説を書いていて、どこかに投稿する云々というこをを書きました。
それで、投稿先のサイトを幾つか当たってみています。

いまのところ、「20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ」にしようかなと考えています。

でも、ここのタイトルどうにかならんのでしょうか。
「20代から中高年」という表示がちょっと嫌かも。
「大人のための」とやっちゃうと、また変な意味が含まれてしまうにしても、単純に「20代以上」で構わないんじゃないかなと思うのですが。
いや、ま、私は立派な中年ですけどね。

それと、こういうのを嫌がるのは「後期高齢者」を嫌がるのと一緒かな。言い換えても実質は変わらないという意味で。

ちなみに、そのサイトの説明では、

このサイトについて
中高年の方向け、大人限定のサイトです。
小説を書いてみたい。読んだ本の感想を書いてみたい。
しかし、少年少女ばかりのサイトには、入って行きづらいという方、歓迎致します。
若い方は、こちらの小説投稿サイトをご利用下さい。

--------------------------------------------------------------------------------
大人限定というサイトの性質上、急激に人は増えないと思いますので、のんびりご利用いただけたらと思います。


と記載されています。

私にとってお誂え向きです。投稿されている作品は正に玉石混交。その中にもう一つ石を混ぜることになります。

そう、こうやって予告だけして引き延ばすようなものではありません。
もう踏ん切りだけの問題です。



ところで、私にはちょっと妙な癖というか性癖があります。

あるカテゴリー(物でも事象でも)の中に複数の選択肢があって、どれでも自由にどうぞという状況のとき、あれこれ吟味して慎重に選択するということができません。

頼りにするのは直感。それも「ざっと眺めて最初に目に付いた」ということを唯一の根拠として決めることが多いのです。

痛い目に合うこともありますが、大体においてそれが外れることがありません。
そうやって選んだものは、お気に入りになります。
勿論、詳しく調べれば他にもっといいものがあるのに気付いていないだけということもあるでしょう。でも知らないからこそ不幸ではないのでそれでいいのです。

買い物などが特にそうです。売り場で迷うことはまずありません。
逆にかみさんはああでもないこうでもないと選びまくって、挙句の果ては「今日は止めとこ」という理解不能な結論を出すことがよくありますので、一緒に買い物に行くのは極力避けたいと思っています。※

件のサイトでアカウントを取って、最初に読んだ小説が「日向あおい」さんという方の「双月の翼」という作品でした。(アカウントが無くても作品を読むことはできます)
連載5回目でまだ始まって間もない頃という状況。内容は少女マンガのノベライズみたいな雰囲気の作品でした。

ここでも「最初に目に付いたお気に入り効果」が働いて、続きを楽しみにしていました。
同じ作者の前作(桜華の雫:双月はこの作品の続編扱い)も読みました。こちらはファンタジー風の恋愛小説でした。
誤字脱字は多いし、内容的に50まぢかのおっさんが読むようなものでもないんですけど、そういうことは気にしません。小説を読むというのは極私的な娯楽ですから。あ、読んでいるということを「表明」するのは「私的な娯楽」、つまりは「密やかな楽しみ」の範囲を超えてしまうか。まあ、いいです。

ところが、4月のある日、サイトからこの人のアカウントが消えました。同じ作品を別サイトに投稿してあったのも、同時に削除されていました。

予告なしでいきなりでした。状況からみて本人の意思で削除したようです。
それなりの事情があるのでしょうが、こうなるともうお手上げ。

ここに、続きを読みたがっている読者がいることを記しておきます。
作者とコンタクトできる方がいらしたら、伝えて頂ければ幸いです。

尚、削除された作品は一部分だけですがまだGoogleのキャッシュで読むことができます。

※ そのかみさんと一緒に家を建てたのですから、そのときの状況を想像してみて下さい。
一体何軒の不動産屋、ハウスメーカー、現地に行ったことか...ふぅ。


==

一旦この文章を登録して、もげきゃっちを読んだら、「いつかなりたい小説家」というのがありました。

参加してみようかな。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

 取りあげていただいてありがとうございます。
 どうぞです(*´ェ`*)ポッ
 来る者は拒まず。去る者は追わず。雑談から高度な創作技法まで。って思いでやっておりますので。

 ってコマーシャルだけになってしまいました。ごめんなさい。
【2008/05/11 07:55】 URL | ろぷ #- [ 編集]


入ります。..多分。でも、きっと。
よろしくです。( ∩_∩)/ ← すんげえはずかし。
【2008/05/15 22:44】 URL | たか号 #Xrogt4DI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/168-c6da2ae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。