su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑川ゆきさんの作品について
夏目友人帳から始まって、ようやく現在普通に入手できる緑川作品全てを購入しました。
「あかく咲く声」はコミックス版が欲しかったのですが、近くの古本屋には在庫がなく、ネットのは高いので仕方なく文庫版を買いました。これ、友人帳のアニメ化を契機に増刷されないですかね。文庫版が出てまもないからしばらくは無理でしょうか。

単行本未収録作品が数多くあり、それらを見ていないので正確な判断ができない面があるとしても、「あかく咲く声」がその後の作品の原点になっているのがよく分かりました。

全体として爽やかに描写されている印象があり、緑川作品を表現するのに使われる「空気感」という言葉の意味もなるほどこういうことかと納得できました。
この「爽やか」という言葉ではちょっと的外れで実際を表現しきれていません。人物、風景、心象、そういったものの描写において、ウエットな場面でもその湿度を感じさせないのに、読み手の心には暖かく濃密な潤いが湧いてくるとでも言えばいいでしょうか。

さすがに私の歳になるとどれかのキャラに入れ込むなんてことはありません。感情移入するとか、自分を投影するという感覚は希薄です。かといって、娘や息子のように感じるのでもありません。

ストーリーにも不満な面が多々あります。作者が意図的に組み込んでいる「しかけ」と言われるものが、むしろ面白さを阻害していることもあります。友人帳でも、毎回繰り返される前説はもういいのではないかと思います。

では、何が気に入ったのかというと、ちょっと大げさに言えば時代を超えた普遍性を持っている点です。緑川作品は、時代設定をどこに置いても通用します。小道具の中に時代を匂わせるもの(MDなど)が少しはありますが、そういうものは極力避けてあるようにも見えます。
だから、高校生の登場人物に直に感情移入するには少しひねてしまったけれど、自らのそういう時代にも有り得た話の一つとして受け止めることができるのです。
勿論「緋色の椅子」は別格扱いです。

それから、細かい点ではありますが、吹きだしの枠外に書かれているボソッとした科白の面白さや、1/4などに記載されている作者自身の文章から垣間見えるご本人の人柄の良さも大きな魅力の一つです。

私はいわゆる少女マンガというものを若い頃はよく読んでいました。花の23年組が華やかりし頃のことです。その後、お気に入りに漫画家さんの作品は別にして、新しい人のものはなかなか手が出ないでいました。

娘が中学生になり、その影響もあって、また少しずつ読む領域が広がってきています。
とは言っても、各作品は面白いと思いつつも、漫画家さん個人に興味をもって遡って読み揃えようと思う人はあまりいません。

緑川ゆきという人は、最初の取っ掛かりがちょっと難しいにしても、私のような年齢のおっさんでも、入り込んでしまうとその世界に魅了されてしまう描き手の一人です。

友人帳のアニメがその取っ掛かりの一つになればいいなと思います。
でも、テレビ東京系深夜枠じゃあまり期待できないか。
(ああ、勿論沢山のファンの方がおられることは承知しています。あくまで、私のような年配でまだ知らない人にとっての取っ掛かりという意味です)

緑川さんに関して、私がいつも情報を貰っているサイトはこちらです。緑川妄想学会が面白いですよ。
管理人あげおさん 「あかい花」「あかい花」


==

今回は意識的に「思います」や「でしょうね」といった曖昧な語尾をできるだけ避け、断定する文章を心がけました。
普遍性を持っていると感じるからでしょう。 → 普遍性を持っている点です。 
我ながら、ちょっと新鮮かも。

尚、これは3月24日に書いた「夏目湯浸中」の続きになります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/179-d0148890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。