プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめました。を買いました。
浅羽由紀さんのCD「浅羽由紀はじめました。」を購入しました。
着払いで届いたCDには、ご本人が書かれた小さなカードが入っていました。
勿論、テンプレコピーではなく、ちゃんと私向けに書かれています。
作り手さんと直に接しているような感じがして、こういう気遣いは嬉しいですね。

ここんとこボーカロイドの歌ばかり聞いていましたから、人が歌っているのを聞くのは久しぶりでなんだか新鮮でした。

私が音楽を聞くのは、(1)バスの中 (2)車の運転中 (3)寝る前布団の中 の3つの場面のどれかです。バスの中は音量を上げられないし、周囲の雑音が大きいので、新しい曲を聞くには不向きです。車を運転しているときはかみさんか子供が一緒だし、曲に集中するわけにはいかないので、これもちょっと厳しい。だから布団に横になった状態で聞いてみました。

このCD、2曲入っていて、ピアノの弾き語りです。かなり歯応えがあります。
半睡眠の状態で聞いていて、いきなり覚醒のほうに引き戻されるような感覚がありました。

2曲ともイントロはOrisinal Morning Sunshineの軽いゲーム音楽を彷彿とさせるものでした。

歌が始まるとその印象が一変します。
地を這うような(と表現しちゃっていいのかな?)歌唱で畳み掛けるような語り口は、安閑とした態度(寝かかっているんだからそんなもんです)の私を叱責し、居住まいを正して向き合うことを要求しているようでした。
これ、悪い意味で言っているのではありません。どういう聞き方をするかは各人の自由ですし、私の場合はそうやって聞いたほうが自分にちゃんと届くような気がしたということです。

曲は予想を裏切る形で展開していきます。絶えず変化するリズム、印象的な旋律は、一度聞いたら記憶に刻み付けられます。

歌詞に関しては、まだ5,6回しか聞いていないので、何を言うべきか言葉がありません。
親から子への連鎖を断ち切ることをテーマとした「鎖-KUSARI-」、後ろ向きの母親に対して幼い子が呼びかける「ほら、ここにいる」。どちらも深い内容で、軽々に感想を書くことはできません。

浅羽さんのブログはときどき読みにいっています。そこにある動画も見ているのですが、パソコンの前はゆっくり落ち着いて聞ける環境ではないので、曲を聞いているようで実はよく聞いていなかったというのが分かりました。

浅羽さんの作り出す世界は、ご本人の爽やかな印象とはまた違って、情念の暗い淵から光を求める強い意志を感じさせます。
まともに向き合ったのはまだ2曲だけなのに、こんな書いていいもんかしらん。
外してたらすみません。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
ありがとうございます!
とてもよい評価をしていただき本人も喜ぶかと思います。
制作側としては報われる思いがしました。

Happy songやLove songもよいですが
それだけが音楽ではないですよね。

確かにキャラとのギャップもあると思いますが、
これもまた真実の浅羽由紀です

引き続き応援よろしくお願いしますね。
【2008/07/23 23:36】 URL | ぐれーとぶりぶり団 #SFo5/nok [ 編集]

ご購入ありがとうございます☆
これからも、浅羽由紀を どうぞよろしくお願い致します☆

~貴方にも幸運の四つ葉が舞い降りますように~
【2008/07/26 18:59】 URL | Trifolium repens #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/186-ae1cc7db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。