プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(改めて)秒速5センチメートルコミック版感想
前回、感想という日記タイトルにしておきながら感想を書いていませんでしたので、改めて書きました。

尚、同じタイトルで混乱するので、アニメ版を「アニメ」、小説版を「小説」、コミック版を「コミック」とします。共通する部分は「秒5」とします。
受け手のことはアニメを見ることを含めて「読者」とします。
これを書いている時点で「one more side」はまだ出版されていません。

アニメの動画とか美術、音楽といった部分についてはここでは度外視します。
コミックの絵柄についても、私は好きですが、言及しません。
物語の部分にだけ焦点を当てます。

「秒5」は各独立した、それでいて連続している3話から構成されています。
小中学の第一話、高校の第二話、大人の第三話は、読者に少なくともどこかの部分で自分の体験と共通したものを感じさせます。

第一話はちょっと特殊な設定、展開で、これそのものに似た体験はがあるという人はあまりいないでしょう。
でも、一部分だけを切り取ればそれに近いものがあったと思わせるエピソードが多く含まれています。
女性読者には第二話の花苗の体験が多いかもしれません。
第三話はある意味難解で、読者として貴樹の心象をどう受け入れることができるかが鍵になります。
そしてこの第三話を理解できない限り「秒5」を理解したことにならない予感がします。

予感がするというのは、もう数え切れないくらい何度もアニメを見た私が第三話での「貴樹の心象」をまだ十分には理解できていないからです。

理解できていない点はまだまだ他にもあります。

その一つが第一話で明里が言う「貴樹君は大丈夫だよ」です。
これは、全編を通じて核になっている言葉だと思います。
でもこれが私にはまださっぱり分かりません。

さらに、アニメ第三話のラストシーン。
あのシーンは本当にどう理解したらいいのか分かりませんでした。

==

でもそんな私に正に神の手のように差し出されたのがコミックです。
アニメのラストシーンに対応する部分の描写は、確たる解答もしくはそれに準ずるヒントのように思えました。

電車が通り過ぎたとき、踏み切りの向こうに明里がいなかったのは大きな謎でした。
コミックによるとすれ違うときに明里は貴樹に気づいています。気づいていてあえてその場に踏みとどまりません。それは明里が確信しているからです。
その確信が「大丈夫だよ」から来ているのは間違いないので、この「大丈夫だよ」が理解できていない私はまだ正解にはたどり着けていませんが、少なくとも謎が謎でなくなったことはコミックを読んだ最大の収穫だったと思います。

白状すれば、アニメを数回見た時点では、このとき明里がもう結婚していることに私は気づいていませんでした。
婚約かそれに近い段階で式はまだだと思っていたのです。
でもアニメの岩舟駅ホームで年末らしい時期に両親から見送られるシーンで明里が「来月には式で会える」と言っていました。
つまり1月には結婚していたのです。

結婚していることに気づかなかったのは、貴樹と明里が結ばれることを無意識に期待していたからでしょう。

コミックはこれでもかってくらい明里の結婚指輪を強調しています。
これは同じような誤解をしている読者が他にもいたからなのかもしれません。

この項はコミックがアニメと同じラストシーンを違う角度から描いているという前提に立った文章です。
小説のラストシーンはアニメと少し異なっています。
新海監督の文章にも、小説ではアニメと変えた部分があると書いてあります。
もしかするとコミックのこのシーンは、新たに作られた第三のラストシーンであって、アニメとは違うものなのかもしれません。

でもそれでも構いません。
どうしても解けなかった謎に一つの解答を与えてもらったのですから。

==

また、第二話で花苗が貴樹に「やさしくしないで」と言って告白できない理由も理解できませんでした。

貴樹の表情から何かを感じ取ったんだろうなという想像はしていました。
サーフィンで波に立つことができて、告白するんだと盛り上がっている花苗の状態では少々のことでは突っ走ってしまうでしょう。
それを押し留めたのは花苗の感性のなせる業だとしても、アニメでの貴樹の表情からはそこまでのものを読み取ることができませんでした。
小説を読んでもその部分はピンときませんでした。
コミックにはその明確な答えが示してあります。

花苗については、コミックの最後の話のラストシーンは一つの救いに思えました。
救いと言っても、単純に「花苗よかったね」ではありません。
あのラストシーンはハッピーエンドでもバッドエンドでもありません。
それからどうなるのかは読者それぞれの想像に委ねてあります。

ではどういう「救い」かというと、それは読者にとっての救いだと思うのです。
第二話の花苗の思いを読者としてどう受け止めたらいいのか分からないでとても困っていました。
高校時代の甘く切ない思い出として割り切りを求めるのは忍びないという感覚がありました。
でも、貴樹には明里がいるのだから、読者の「気持ち」としてもどうしてやることもできません。アニメの画面を見ながら心の中で応援することができないのです。

しかしコミックではアニメのラストシーンに解答を与えたあとで、花苗にももう一つのラストシーンを用意してくれました。

つまり読者は、花苗の気持ちを受け止めた上で、応援することができるようになったのです。
これは第二話の読み方(見方)の大幅な変革となります。

勿論、花苗は現実には存在しません。
読者が応援する花苗はあくまでもそれぞれの読者の中にいる花苗なのです。

==

第三話の理紗について言えば、私には基本的に大人の恋には興味がありません。
興味がないと言い切ってしまえば、どんだけ性格が偏ってるんだと思われそうです。

別の言い方をすれば、私はいい意味での大人の恋に恵まれなかったので、それについて語る言葉を持っていないということです。

なので、理紗の気持ちの動き、決断、そういったものについて細かく考察することができないし、私が何かを語っても上滑りな的外れのことになってしまうのです。

理紗と付き合っている時期の貴樹は、大人ではありますが、中高生の頃と本質的には同じように思えます。
だから、彼が何を考えているのかを想像すること、「貴樹の心象」を理解することは、今はまだ出来なくてもいつかは可能になるのではないかと思っています。

コミックの詳細な描写はその理解の助けになるだろうと思っています。

==

さて、第一話についてです。

色々な受け止め方、理解の仕方ができる秒5ですが、第一話桜花抄は格別です。
上でも書いたような、少なくともどこかの部分で自分の体験と共通したものを感じる点で言えば、私の場合は圧倒的にこの第一話なのです。

詳しくは、過去の日記「再会の場面で私は」を参照してください。
これを書いたのは、2005年10月なのでアニメが公開される遥か前のことです。

他人から見ると牽強付会かもしれませんが、かなりの部分で符合があるように思えるのです。
(1) 小学校での出会い
(2) 転校(引越し)による離別
(3) 手紙のやり取りと、いつのまにかの消滅
(4) (ちょっと劇的な)再会
(5) だけどそれっきり

こんなのどこにでもある普通のことなのかもしれません。
ただ、4は少し珍しいかなと思います。

なので最初にアニメを見たときにはとても驚きました。
だからこそ、それから何度も何度も見たのです。

そしていつも行き着いてしまうのが明里の「貴樹君は大丈夫だよ」なのです。
この言葉の意味の謎解きは、これからもずっと考え続ける自分への宿題にしておきます。

コミックの最後の部分で花苗が「いつでも会えるチケット」を手に入れました。
ラストシーンの前の時点で、花苗がそれを持っていることの気持ちは少しだけ分かるような気がします。

それは私も同じようなチケットを持っているからです。
電話番号ではありません。アドレスでもありません。
多分、それは死ぬまで使わないでしょう。
私も彼女もそれぞれ別の結婚指輪をしています。
会う必要はないし、会ってどうするということでもありません。
でも持っていることによって、私は今の苗字さえ知らない私の明里にいつでもコンタクトできるのです。

==

実はアニメのDVDを最初に見て、それからすぐ小説を読んだ時点で一度このブログに秒5の感想を書きました。
その感想はここにまだ残していますが、今読み返してみるとかなり外れた文章で恥ずかしい限りです。
だから、その日記の日付は内緒にしておきます。

ここまでお読み頂いてありがとうございました。


2011/11/7 amazonに載っていたカスタマーレビューの文章に関する日記を書きました。
ちょっと癇に障ったので、天に唾してみました。ww
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/212-0dc809ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。