su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秒5で検索上位になったのは
このブログ、一応匿名ですし、リアルの個人的お知り合いや友達にはURLを教えていないので、家庭内などの出来事を好き放題に晒しています。
ここの存在を唯一知っているのが娘のA子です。

「ふーん。このアクセス解析すごいね。何ヶ月か前は閑古鳥だったのに、最近はそこそこの人が来てる」
「そりゃお前、あれだ。俺の文章が優れて面白いからだ」

「運よく検索の上位に載ったからってだけでしょう?」
「いやいや、決してそれだけではない。何となれば、丁寧に他の日付のも読ん下さる人もいるからだ」

「下手なリンクでグルグル回されてるだけじゃないの?」
「失礼な」

「それにしても『秒速5センチメートル one more side』でGoogle6番目か。どういう姑息な手段を使ったの? 参考にするから」
「またまた失礼な。何もしていない。単に感想を書いてUPしただけだ」

「でも、前に涼宮ハルヒの消失の感想を書いたときは全然検索にかからなくて、殆ど誰も来なかったって言ってたじゃない」
「ああ、まあ、そういうこともあったな」

「何が違ったんだろうね」
「それはだな……。ごにょごにょごにょ」

「へえ、そんなことで」
「それで本当に効果あるのかは分からん。でも結果として上位になっている。次に書く涼宮ハルヒの驚愕の感想でも同じことをやってみるからそれで確認できると思う」

「こりずに書くんだ。それにしてもこれだけアクセスあるのに秒5関係全体でコメント0、拍手が2、あれだけ力入れて書いた one more side が拍手0って寂しいね」
「寂しくなんかないわい。読んでもらえるだけでええわい」

「無理してるねえ。素直にコメント下さいって書けばいいのに」
「……いや、内容に自信がないから……」

「優れて面白い文章じゃなかったの?」

==

内容以前に、あの文字数が問題なのではないかと。ww

検索で上位に表示される件は、とある飛空士シリーズ、xxxHoLic、秒5と成果が出ています。
企業秘密ならぬ私家秘密ですが、もし涼宮ハルヒの驚愕でも成功したら、公表するかもしれません。 < ライバル増やしてどうすんねん!

にしても、ここは最近本の感想だけになってしまいました。
私的なことを書いても読んでもらえないから、検索客目当てにそうなってしまったのでしょう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

はじめまして。
検索上位おめでとうございます!!

秒速5センチメートルの感想や過去の記事を読ませていただいております。ツケローと申します。m(__)m

あと、コメントが少ないのは長文が問題だとお考えのようですが、自分の意見としては長文の方がその作品に対しての愛が感じられるので好きです。
今まで、読み逃げばかりで大変申し訳なく思っております。

これからも更新がんばってください。o(`▽´)o
【2011/06/02 07:53】 URL | ツケロー #- [ 編集]

ツケローさんへ

コメントありがとうございます。
あんな書き方したら余計コメントしづらいだろうなと思っていたので、本当に嬉しいです。

>長文の方がその作品に対しての愛が感じられる

そうかあ。こう言って頂けると、よしまた頑張って書こうという気になれます。
山本夏彦さんという今は亡き名コラムニストが、「文章はギリギリに絞って内容が分からなくなる寸前で止めるのがいい」と言っていました。
いつもそれを意識しているのに、未熟者はついダラダラと書いてしまうのです。

ツケローさんのブログを拝見しました。
簡潔な表現で言いたいことがよく纏まっていると思いました。
しかも扱っている内容が、私の興味の範囲と結構重なっているんですよね。

夏目のコミック買うのに遠くの本屋まで出向いた理由が笑えました。
私は店頭で買うのが恥ずかしいと感じる本はamazonで買うのでそんな思いはしていないです。
まあ、最近はどんな本でも店頭で買えるくらい厚顔になってきましたけど。

夏目友人帳関連の過去日記は2つあります。よろしかったら。

【2008/03/24】夏目湯浸中
http://gatsutaka.blog26.fc2.com/blog-entry-154.html

【2008/06/17】緑川ゆきさんの作品について
http://gatsutaka.blog26.fc2.com/blog-entry-179.html

【2011/06/03 21:13】 URL | たか号 #- [ 編集]


自分の駄文ばかりのダメブログをそのように言っていただけるのは嬉しい限りです。

夏目友人帳の過去記事拝見させていただきました。
娘さんの風呂に入ってまで夏目を読んでいたというところで、笑ってしまいました。(笑)

しかし、夏目友人帳はスゴいですよね。自分の家では僕が購入したのを母や妹から「読み終わったら回せ」と頼まれ(脅され?)。
幼なじみからは「貸して!貸して!!」とせがまれ取り合いに発展しそうで恐ろしかったです。

お忙しいかもしれませんが、今後もブログをがんばってください。
では、立て続けのコメント投稿失礼いたしました。
【2011/06/03 22:21】 URL | ツケロー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/215-4322bf2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。