プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の小規模な奇跡に関連する悲喜劇の追記
前回の日記「僕の小規模な奇跡(文庫版) 感想」の最後に、私に「俺」と同じような告白の経験があり、それによって「圧倒的な悲喜劇」に見舞われたと書きました。

直接のご要望はなかったのですが拍手を一つ貰えたので、その悲喜劇について手記形式の文章を書きました。

前回の日記に追記しましたので、興味を持たれたらお読み下さい。

ある特定の人達だけにですけど参考になるかもしれない体験談と、それか導かれるアドバイスを含んでいます。
その上で、「多分笑える」他人の不幸になっていると思います。
役に立たなかったらごめんなさい。
笑えなかったらもっとごめんなさい。

下の日記の「Read More」で開きます。
このページ単独で表示されていて、下の日記がない場合は、こちらからどうぞ。
  →  僕の小規模な奇跡(文庫版) 感想

==

タイトルとは関係ないのですが、今日やっと封切から約2カ月遅れで長崎で公開された「星を追う子供」を娘と二人で見てきました。

とりあえず報告のみ。
感想は別途とします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

体験談読ませていただきました。
なんか自分も女性心理がよくわからず中学時代恨まれたり、心ない一言で一人の女子を三日間不登校にしてしまったりしたのでなんか泣けてきました。

多分、自分が今だに女性と接して傷つけるのが恐いから今の高校を選んだんだと思います。(工業高校だから女子に人気がなく生徒が全員男子)
妹いわく「兄ちゃんは変に優しいけん貧乏クジひいてる」らしいです。

この体験談をよんでとても参考になったと同時に貧乏クジひいてても今のままで良いのだと思えました。

過去のこととはいえ公開することに多少は躊躇いもあったと思いますが、公開してくださってありがとうございました!!
【2011/06/26 22:52】 URL | ツケロー #- [ 編集]

ツケローさんへ

お役に立ててなによりでした。
書いた甲斐があったというものです。w

恋愛というやっかいな事柄は、運(縁とも言う)に左右される部分はあるにしても、才能がものを言うのではないかと思います。
綺麗な女優さんがお笑い芸人なんかと結婚するのを見ると、喋りのプロが本気になって口説くのだからさもありなんだなあなどと。

しかし、才能が無いと諦めて努力を怠るのは自分から戦線離脱するようなもので、何も生み出しません。
だからツケローさんが書かれた「貧乏クジひいてても今のままで良い」がちょっと気になります。

ツケローさんはどうしたいのかな?
いましばらくは男だけの社会で過ごすということ?
相手を傷つけるくらいなら背を向けていたいということであれば、年齢的にちょっと勿体ないかなあ。

私が追記を書いたのは、「私にはこういう辛い経験があります」の表明が目的ではなく、「私のような目に遭わないために行動して下さいね」ということが言いたかったからです。

女性心理に関しては、本当は場数を踏んで経験値を上げるのがそれを理解する唯一の方法なのですが、それができないから困っている訳で、別の方法を取る必要があります。
手軽な一番の近道は、女性作家による恋愛小説を読むことかな。

優しさは恋愛のとっかかりにはむしろ邪魔かもしれません。
その上で、武器にすべきはやはり「言葉」です。
態度や雰囲気だけでは絶対に相手に伝わりません。
そして「言葉」は諸刃の剣であり、相手と同時に自分を傷つけもします。
しかしその言葉が相手に届いたとき世界が変わります。

慌てることはないし、結果を出すまでにもっと辛い目に遭うこともあるでしょうが、
少しでも前向きになってもらいたいと思います。


2011/06/27 22:12 コメント
以下削除
【2011/07/04 22:20】 URL | たか号 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/220-0fc18d4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。