プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙エレベーターから少女が降りてくる

今朝6時台のニュース番組で、大林組の宇宙エレベーターのことを話題にしていました。
その取り上げ方は、「思いもつかない壮大な構想」を大林組が打ち出したという感じでした。

でもこの宇宙エレベーターは構想自体は相当昔からありますよね。
SFで何度も描かれているし、NASAも盛んに研究しています。
以前よく見たCGを使った企業イメージCMは大林組じゃあなかったかなあ。
自走のロボットがガッチャンガッチャン登って行って宇宙に伸びる塔を高くするやつ。

番組に三人も雁首並べたコメンテーターさんは全員初めて知ったような口ぶりでした。
そのくらい知っとけよー。

今回の大林組の発表の肝は、それを2050年に供用開始するという工程(行程?)を示したことにあります。

40年弱かあ。
私は、多分、生きていないでしょう。w
元々長生き願望はないですから。

静止軌道ステーションの滞在人数は50人だそうなので、できても研究エリートしか行けないのでしょうね。
もしくは金持ちの好事家相手ということかな。

この宇宙エレベーターは「軌道エレベーター」など色々な呼び方があります。
私が好きなのは「ジェイコブス・ラダー」(ヤコブの梯子)ってやつです。
詳しくはWikipediaの記事を参照してください。

でね。
これ規模が大きいし、すごい技術だとは思うのですが、私はなんとなくワクワク感が湧きません。
塔の上と下の世界。上級の上と、下層の下をイメージさせるからかなあ。
私にそっち←系のうざったい思想はありませんけど。

でまあ、ワクワクはしないんだけど、それが嫌ってことでもないのです。

それは私がこの曲が好きだからかもしれません。
2050年+50年くらいの時期になるのかなあ。

ジェイコブズラダーhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm4107374




スとズどっちが正しいのか分かりません。w
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/249-66316456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。