プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソラの星 感想
ソラの星 (メディアワークス文庫)ソラの星 (メディアワークス文庫)
(2012/01/25)
岩関 昂道

商品詳細を見る


Amazonアソシエイトプログラムの調子が悪いので、上のリンクは手作業で作りました。
復活したら、自動生成リンクに変更しますが、上のでひらけなかったら、下のURLからどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/dp/4048863401



えーっと。新人作家さんのデビュー作かあ。

ソラはね、まあ悪くないです。キャラとして。
言葉遣いから荒川のニノを思い浮かべました。
ニノも金星人だから、その意味でも一緒かな。

カバーイラストと、中のイラストとで印象がちょっと違うんですよね。
私はポニテより、カバーのほうが好きでした。

設定はうーん。まああんなものかな、というレベル。

アキラは、駄目です。
いい小説の主役キャラは、作者がそのキャラに込めた設定の意図を感じさせず、最初からそのような存在としてそこにいて、自由に動き回っています。
でもアキラは、作者が与えた枠がガチガチで、すごく窮屈に感じました。作者の意図が見え見えなのです。
さやかの気持ちに全く気付かない。ソラへの対応、気持ちの変化に自然さがない。
物を知らない。理解力、洞察力がない。
だから読んでいて共感できないし、感情移入できませんでした。


文章を読んでいて、一番気になったのはその冗長さです。
回りくどいということではありませんが、くどいのです。
(「回りくどさ」と「くどさ」の違いはちょっと説明しにくいですけど、読んだ方は分かると思います)
そんなことわざわざ文字にしなくても、読者はみんな分かってるってことがいつもいつも出てきます。
アキラのキャラのせいだけでなく、この人の文章の特徴なのならば、次回作以降読むのはちょっとつらいなあ。
余計なこと書かなくていいんですよ。
もっとキリッとした文章にならないですかね。
分からなくなるギリギリのところで止めるのがプロの文章だと思います。

ストーリーは、あからさまな続編への含みが沢山あります。
これもちょっと嫌なんだなあ。
デビュー作はちゃんと完結させて欲しかった。
さやかの立場、ソラの正体(どこから、何のために来たのか。歩いて5日の場所とは何か。記憶喪失の原因は何か。などなど)、さやかの兄のソラへの理解、色んな事柄が中途半端なまま放置してあります。

挿入されたエピソードにも取材不足を感じます。
建築工事現場で、作業者が高所で重量物を担いで歩くなんてあり得ません。
今の安全管理はそんなことを許しません。
未来が分かる少年の話は長々説明がありましたが、どっかで読んだことがあるような。
残留思念とか、ウイルス型宇宙人とか、こういうことは必要な説明が足りないと感じるし。

3回あったエロ(お色気)系イベントも、あんまり新味がないんだよなあ。
アキラの対応もありきたりで、むしろ不自然だし。

酷評していますけど、せっかく読了したからには、こんな消化不良のままで終わるのも嫌なので、続きを待つことにします。


ここから、今回の日記のテーマから離れます。

ソラのポニテの方のイラストを高校生の娘に見せた後の会話
「この子、ツンデレ?」
「うんにゃ、宇宙人。それに俺、ツンデレ嫌いだし」
「でもハルヒは? あれはツンデレでしょ」
「ハルヒはハルヒ目当てで読んでるんじゃないから」
「あらそう。そういえば明日のいいともに平野綾出るよ」
「なにー。それは見なければ」
「ハルヒ目当てじゃないんでしょう?」
「平野綾は別だ」

困ったことに、うちにはまともな録画機器がありません。どうしても必要なときは実家に頼んでいますが、大抵は見逃したらそれで終わりです。
でも、これはどうしても見なければ。増刊号もあるけど、全部出るとは限りません。

で、携帯のワンセグで見ることにしました。
でもイヤフォンをつなぐコードを忘れました。職場の机で音を出して見るのはさすがに恥ずかしい。
なので、会議室に一人で籠って見ました。
「東中出身涼宮ハルヒ・・・」を言ってくれた。
見てよかった。www

私、声優さんには殆ど興味ありません。上手ならそれでいいってくらいの認識です。
でも平野綾さんは、いいなあ。

あ、キモイおっさんとみんなドン引きかな。
まあいいじゃんこのくらい。

テレフォンショッキングの時間が短くなってるんですねえ。
終わってから、娘に「見たよ」とメールしました。でも返事が来ません。
家に帰ってから「何故返事をしない」と文句言ったら、
「何のこと?」
「メール出したろうが。見たよって」
「ああ。あれ。いや、ま、呆れちゃってね」
がはははh。

==

2013/1/4 追記

2巻目出ましたね。12/25だって。気付かなかった。
今日、注文しました。だからまだ読んでいません。

ソラの星〈2〉ふたたびの里 (メディアワークス文庫)ソラの星〈2〉ふたたびの里 (メディアワークス文庫)
(2012/12/25)
岩関 昂道

商品詳細を見る


あれ? こっちの方が大きく表示されてる。
上の1巻目は自動ではなくて手で作ったリンクだからなか。
ま、いいや。 感想は読んでから。(当然だw)

2013/1/17 ソラの星2の感想を書きました 今度は褒めています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/254-d609736a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。