su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォローしとけよ
娘の友達(高3女子)二人に、娘経由で私があることを依頼しています。
そろそろその作業の締め切りが迫っているので状況を確認する必要があります。

んで、娘に「状況どうか、フォローしとけ」とメールしました。
すると、「どゆこと???」と返事が来ました。
私こそどゆこと?です。

家に帰ってから、「あれ何?」と聞いたら、「私こそ分からない」って。
「いや、だから、作業が進んでいるかどうか確認して、まだ手を付けてないなら催促しとけってこと」
「はあ?」

よくよく話を聞いてみると、娘は「フォロー」という言葉をツイッターのフォローのことだと思っていたのです。

「アホかぁ。フォローって言ったら世間一般では進捗確認と督促だろうが」
「何言ってんの、フォローって言ったらツイッターのことでしょうが」

うーん。これはジェネレーションギャップに入るんだろうか。
娘が物を知らないだけという可能性もあるけど、若い人の多くは娘と同じ認識なのかもしれないですね。
まあ、これは社会に出れば分かること。

そうでなくて、ずっと勘違いしたままかなと思うのが次の例。

松任谷由実さん(当時は荒井由実)の「あの日に帰りたい」という曲の最後の部分に『少しだけ滲んだアドレス 扉に挟んで 帰るわ あの日に』というフレーズがあります。

この歌を聞いて、若い人は「アドレス」を「メアド」と勘違いするんじゃないかなあ。
この歌が作られた当時は、携帯はおろか電子メールすらありません。
ここで言うアドレスは文字通り「住所」のことです。

1975年時点で住所をアドレスと表現するのはちょっとおしゃれな言い回しだったと思います。
メアドでも解釈に困ることはないでしょうけれど。

この歌に関するYahoo知恵袋の質問↓はちょっとニュアンスが違うかな。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412100049
質問のポイントがよく分からない。
その上で、ベストアンサーは答が少しずれていないですかね。

知恵袋は回答が締め切られると、もう何も手を出せない、つまりフォローできないんだもんなあ。
このフォローはまた少し別の意味です。念のため。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/261-d8632f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。