su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくんちの日の披露宴
7日日曜日、会社の部下(現時点で正確には元部下)の結婚披露宴に行ってきました。

披露宴出席なんてもう6年振り。
私の職場にはなかなか新人が配属されないので、招待される機会も少ないのです。
甥姪の世代は一番年長でも21歳だから、もうちょっと先です。

案内状に式と披露宴の時間が両方書いてあって判断迷ったものの、式の10分前に会場に行ったらそのまま式に参列することになりました。

チャペルでの結婚式に出たのは初めてでした。
三面ガラス張りで、港を見下ろすいいロケーションです。

披露宴は仲人を立てていなかったので、始まってすぐ新郎側課長と、新婦側社長の挨拶がありました。
私はその後の乾杯の発声を頼まれていました。

披露宴に出席する職場の先輩から「くれぐれも、挨拶は短くするように」と釘を刺されていたので、そのエピソードも含めて1分弱でまとめました。

それでもやっぱり緊張します。
その夜と翌日、家族から「独り言が多いよ」と指摘されまじた。
心理的な負担と、終わった安堵感からそうなってしまったようです。

席は課長と並んで一番の上席でした。
あんな上座に座ることはもうないでしょう。

披露宴は午後4時始まりで、終わったのは6時過ぎ。
会場から見るおくんち初日の長崎の夜景が綺麗でした。

私の家の近所に住んでいる同僚と乗り合わせてタクシーで帰りました。
その運転手さんが喋ること喋ること。

「この前はですね、一人旅の男の人が乗ってきて『福山雅治の実家に行ってくれ』って言うんですよ。行ったらそこで降りて『写真撮ってくれ』って。女性のグループではたまにありますけどね。男の一人ってのは初めてでした」

式場から帰る道の近くにその実家があるのです。
うーん。ご近所は迷惑だろうなあ。
私はおおよその場所はわかりますが、ピンポイントでは知りません。
タクシーの運転手さん達はみんな知っているのでしょう。
長崎駅前からなら片道1000円くらいです。

翌日は一日寝て過ごして、結局おくんちには行きませんでした。

そのおくんち。今年の「川船」の大太鼓の一人が次男の同級生でした。
市内中心部の中学に通っているとそんなことがあります。

おくんちは長崎(市)で年間最大の行事です。
観光の意味合いも強いですが、基本は諏訪神社の氏子による宗教行事であり、限られた人しか参加できません。
それは江戸時代の天領長崎の領域だけであって、現在の行政範囲からみればとても狭い部分だけです。
今は中心部の人口減少のせいで参加できる人が減って、外部に担ぎ手の公募なんかもしていますが、しょせんは「加勢」扱いでしょう。
だから私みたいに郊外に住んでいる人間には直接の関係はないのです。

披露宴の席でその話題になりました。
その日朝から、NHKと民放で奉納踊りの生中継を延々やっていました。

「あれ見ると、ああ、俺は余所者だなあと思います。なんで2つのチャンネルで生中継する必要があるんだろうって腹立つ。だって全然関係ないんだから」

これは他県から就職でやってきてもう十年以上住んでいる人の感想です。
逆に「おくんちの時期は血が騒いで、仕事どころではない」という人もいます。

NHKはEテレでした。民放はTBS系のNBCで、サンデーモーニングを午後にシフトしての中継でした。他の民放は10時頃に録画放送していました。

本来宗教行事である祭は父祖の代から受け継いでその地域に密着したものです。
何も分からない子供の頃からその雰囲気に親しんできた人にはかけがえのないものなのでしょう。

そのありように文句を言っても仕方ありません。祭とはそういうものなのですから。
長崎市内を含む近郊には、それぞれ地元の神社でミニくんちがあります。
それすらも無関係な郊外の新興住宅地に住む者は、観光客と同じ目線でせいぜい夜店に出かけるくらいしかできません。
娘が生まれたときのお宮参りと七五三は諏訪神社に行きましたが、我が家にとってはそれだけのことなのです。

ところで、私が生まれ育った田舎の町の神社にも長年続く祭がありました。
八坂祇園神社の末社で、梅雨明けの頃に行われる夏祭りでした。

沿道の家々でバケツに水を用意していて、やってきた神輿にその水をかけます。
大勢の子供がそれを追いかけてずぶ濡れになって走り、御旅所では夏休み期間以外は禁止されている海にどうせ濡れているからとみんなで飛び込んで遊んだ思い出があります。

私も大きくなったらあの神輿を担ぐんだとずっと思っていましたが、高校生の時に家が引っ越したので、結局その機会はありませんでした。
その後、担ぎ手の青年が激減して、もう何年も前に中止になったと聞きました。

同じように、日本中のあちこちで古くからの祭がなくなっているのでしょう。

町興しなどの名目で行政や地域が始めた無宗教の行事は、祭と名付けてあって夜店が出るとしても、しょせんは根無しのイベントでしかありません。
神社や仏閣などの、なんだかよく分からないけれど昔からそこにあって、なんだかよく分からないけれどそこにあることでいつもお世話になっている、神様だか仏様だとかの人知の及ばない存在への畏敬と畏怖を伴わない祭は、形だけのものです。
失ったものにとって代わることはないのだろうと思います。

くんちという町のハレの日に、結婚という身近な人間のハレが重なった日、そんなことを思いました。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/294-922716fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。