su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボカロCD「刹那プラス+」みきとP 感想
最近(ってもう前からなんですけど)、続々とボカロCDを買っています。

そんな中で、特にはまっているのが「みきとP」さん。
アルバム「刹那プラス+」は出色の出来です。

刹那プラス+刹那プラス+
(2012/04/28)
みきとP

商品詳細を見る

現在amazon,とらのあないずれも完売しています。
>みきとP‏@mikito_p_
>みきと旧譜、刹那プラス+全て完売しましたー。ボマス23に向けて再販します。手に入らなかった方しばしお待ちを、、。

再販開始をお待ち下さい。ボーマス23は2012/12/15ですから、通販はその後かな。


2012/12/18 追記
久しぶりに開いてみたら、売っていました。 → とらのあな
それと、油断してたら、新作CD品切れだった。orz
ま、いずれ手に入るでしょう。 → ぼかろ男子 ぼかろ女子
2012/12/24とらのあなで注文しました。送料かかるけど、ま、しゃーないです。
2012/12/29届きました。それからamazn見たら在庫ありになってたよ。orz もうちょっと待てばよかった。

2012/1/31 新作っていうか、ベスト版っていうか、「1stフルアルバム」(意味不明だ。同人作品ではないということかな)の予約が始まっていました。4/3発売だそうです。
まだ「ぼかろ男子 ぼかろ女子」も感想を書けるほどには聞き込めていないのに。
タイトルが凄いな。
僕は初音ミクとキスをした (ジャケットイラスト:ヨリ) (数量限定オリジナルラバーストラップ付き)僕は初音ミクとキスをした (ジャケットイラスト:ヨリ) (数量限定オリジナルラバーストラップ付き)
(2013/04/17)
みきとP feat.初音ミク

商品詳細を見る


2013/04/18 追記

「僕は初音ミクとキスをした」本日届きました。
今、パソコンに取り込みながらこれを書いています。
ストラップはいーある、マウスパッドは非公開日誌でした。
感想はよく聞いてからまた改めて。


2013/2/5追加

TamStar Records presents ALL VOCALOID ATTACK #1 の予約が始まりました。
昨日はまだamazonになかったから、今日からでしょう。 画像もまだありません。

TamStar Records presents ALL VOCALOID ATTACK #1TamStar Records presents ALL VOCALOID ATTACK #1
(2013/02/27)
オムニバス

商品詳細を見る



詳細はこのサイトを見て下さい。 → TamStar Records presents ALL VOCALOID ATTACK #1

2012年冬コミ用に新たに書き下ろされた新曲のコンビレーションCDです。
私はとりあえずみきとP目当てですけど、シグP、supercellなど豪華なラインナップですよね。

2013/2/10追加

ボカロPlus Vol.9 (ロマンアルバム)ボカロPlus Vol.9 (ロマンアルバム)
(2013/01/31)
不明

商品詳細を見る


遅い情報で申し訳ない。
ボカロplusのVol.9でみきとPが特集されています。
私はさっき注文したばかりなのでまだ見ていません。
娘の情報によると、「ぼかろ男子 ぼかろ女子」と「小夜子」でそれぞれページが作ってあるとか。

また、後のほうの絵師さんのページには座敷ウサギさんも載ってるって。

2013/2/16 これを読んだことによる「小夜子」感想の追記を一番下に入れました。
※5としています。

そして、「ぼかろ男子 ぼかろ女子」の感想を書きました。→ 「ぼかろ男子 ぼかろ女子」の感想




以下この日記の本文です。

みきとPさんを知ったきっかけは、歌ってみた動画でした。
私が好きな絵師さんの一人である「ハイスピード藤森」さんが「小夜子」を歌っていたのです。
その藤森さんは、私がサークルとして初参加した大阪コミックシティのかがぺろ!でお隣さんでした。無理言ってスケブを描いてもらいました。

その後、藤森さんの画集をアリスブックで3冊買いました。
そういうつながりで、それまで知らなかったみきとPさんのCDを買ったのです。

あー。これじゃ説明足りないか。
「歌ってみた」からにはこの歌が好きなのだろう→こういう絵を描く人が好きな歌ならばいい歌なのだろう→じゃ、買って聞いてみるか
こういう流れです。(バカみたいに単純だw)

このCDは2012年4月末の超ボーマスで頒布され、その後、通販に委託されています。
私がamazonで買ったのは5月下旬でした。

収録されている曲はいずれも若い人、恐らく多くは10代の切ない心情を歌ったもので、世代的には私と大きく離れています。

前半の3曲「心臓デモクラシー」「小夜子」「コカコーラタイム」は引きこもりなどを扱っていて、主人公が最終的に救われるわけではありません。かと言って耐えられないほど重くはなく、淡々と状況、心象が綴られています。

後半の「絆創膏」「若草物語」「刹那プラス」「夕暮れツイッター」は前半よりは少し一般的な内容です。
曲のトーンは前半とほぼ同じで、アルバムとしての統一感があります。

エレキギターをメインとするアレンジは、ともすれば雑というか、濁った印象を与えがち(ちょっとこの表現はおかしいかな。ギターが前面に出過ぎている場合のこと)ですが、みきとPさんの曲アレンジは、歌詞の主人公が存在している空間を端正に描写しています。とても心地いいです。

==

各曲レビュー

ねぐら(inst) 
 歌詞のないこの曲は明るくて軽やかな印象があり、タイトルの「ねぐら」という言葉の持つイメージとは少し乖離があるように思えます。
 ライナーにたった一行書かれている“いつでもここに帰って来られるように”という言葉もとても肯定的ですよね。
 軽やかというのは少し馴染まないかもしれません。聞きようによってはハードでもあります。いずれにしろ、この曲の雰囲気は2曲目以降と明確に異なっています。それがどうしてなのかずっと気になっていました。
 半年近く経ってようやく私なりの答えが出た気がするので、今回の感想を書きました。この曲については、後述します。


心臓デモクラシー
 動画のイラストや、それへのコメントはこの曲を聴くのにちょっと邪魔かなと思いました。元々この歌にBL的な意味を込めてあるのかどうかは知りません。
 なので、個人的には女性視点の歌と解釈したほうが受け入れやすいかなと思います。
 としても、この歌の解釈は難しいです。
 解釈以前に、どう受け止めればいいのかすら分かりません。
「ころしてあげる」という、このアルバムの中では異彩を放つフレーズが含まれます。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16773398


小夜子
 主人公の人称は「ボク」もしくは「僕」です。
 でもタイトルや動画のイラストは明らかに女性です。
 どうしてかなと思って検索してみましたが、この点に言及している文章を見つけることができませんでした。
 自分のことを「僕」と呼ぶ女性は、現実にはともかく、小説や歌詞の中にはよくいます。それには何等かの主張が含まれていて、つまりその意味でとんがっていて、私はあまり好みではありません。※3
 この歌の場合は「私」にしたら女性であると特定されてしまうので、むしろ曖昧になる「僕」にすることで、どちらにでも解釈できるようにしてあるのかもしれません。
 でもタイトルは「小夜子」なんだよなあ。
 ニコ動でのみきとPさんによる「私しか知らない。馬鹿げた理由」という投稿者コメントには何か意味があるのでしょう。
「僕」は男で、その「僕」をこんな状況にしてしまったのが「小夜子」なのかなあ。
 そういうことを示唆する部分が歌詞に見当たりませんけどね。
「死にたくて 死にたくて そっと 間違って 傷つけた手首」という部分の「間違って」が効いています。
 ニコ動にみきとPさん本人によるセルフカバーの歌ってみた動画【歌ってみた/ セルフカバー】 小夜子 【 愛島 】
が投稿されています。「男の人だったんだ!」というコメントが笑える。私も。w
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15251289


コカコーラタイム
 コカコーラ、モスバーガー、ワンピースという固有名詞がリアルさを引き立てます。
 外に買い物に行く意思がある分だけ、「小夜子」の主人公よりはまだいいのかもしれません。
 でも、離れていった仲間を描写している部分に秘められた悔恨が切ないですね。
 途中で4から3への転拍子があり、同時に短調から長調への転調もされています。
 長調の中では短調へのナチュラルな転調も含まれていて芸が細かいです。
(私のバカ耳にはそう聞こえたけれど、本当かな?)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18192300


絆創膏
 この曲、私の好みにドンピシャだなあ。w
 主人公が女の子であることを「明示」する唯一の曲です。(夕暮れツイッターもほぼ間違いなく女性ですけど明示してはありません)
 絆創膏を小道具にしている歌は歌詞検索してもあまり多くありません。私がよく知っているのは大塚愛さんの「ユメクイ」くらいです。
 その絆創膏に関する「スカートのポケット」「古くなってく」「胸にあてて」という描写が主人公の等身大の姿を彷彿とさせます。
 また「君のこと我慢できない」というちょっと変わった言い回しが、自分からは何もできない戸惑いをよく表していると感じました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17504928


若草物語(歌詞:灯下はこ、)
 日記(内容から想像するに、多分、交換日記:今でもあるの?)をモチーフにしたこの歌は、このCDの中では唯一歌詞を他の人から提供されています。
 日を追ってストーリーが進むのではなく、最後の日に「君」と「僕」二人で読み返しているという設定です。
 本当に今、目の前に「君」がいるのかどうか、過去が日記文としてフラッシュバックしてくるし、時制の分からない「僕」の心象と現実がないまぜになって描かれたりしているので確信は持てませんが、恐らくそうでしょう。
 カレーの話と3月4日という日付から、卒業時期の大学生を想像しています。
 リングは分からない。婚約指輪のはずはないから、プレゼントしたファッションリングなのかな。
「黙るぐらいなら泣いてよ」と「捲るべ一ジが 言葉の波が」の部分の旋律がとてもいい出来だと思います。
(動画は見当たりません)

2012/12/18 追記
 今日聞いててふと思ったんですけど、もしかしてこの二人結婚してたの、かな?
 でもなあ、「手をつなぐのに慣れる」「会えない」「恋から逃げる」という歌詞はそうじゃないことを示しているようだしなあ。
 分からん。w


刹那プラス
 CDタイトルにもなっているこの曲だけ、自分語りではなく主人公が「君」に対して語りかける内容になって他の曲と明確に立場が違います。
 上から目線的な「直接注いであげる」「刺してあげる」という物言いが、押し付けがましさを全く感じさせないのは「下心でも構わないでしょう」「出来心でも構わないでしょう」という少し諧謔の効いた言葉と全体的に暖かな旋律のなせる業なのでしょうか。
「淋しいの 淋しいの 埋めてあげるよ」「恋しいの 寂しいの 癒してあげる」という部分は、CDに収録されている全ての曲が、実はこの歌で言われているサラウンド メディカル メロディーであることを示しているように思えます。(下記したCD構成全体の解釈を参照して下さい)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17824282


夕暮れツイッター(feat.GUMI)
 ニコ動に投稿されているのはmiki版ですが、CDに収録されているのはGUMI版です。
 主人公が(家に)帰っているだけなのに、印象深いフレーズが次々と出てきます。
「野良猫にかめらを向けて逃げられて仕舞う」は唯一具体的な動きが見える部分で、アクセントとしてとても効果的です。
「ひとりぼっちの帰り道 淋しさを紛らわすの 」という冒頭は、主人公がツイッターを「何かの代替物」と認識していることを表します。
 でも、紛い物の「リアル」、刹那(瞬間)だけ感じる他者「体温」として否定的に捉えているのかと言えばそうではありません。
「見知らぬ 大切な オトモダチ」「五分前の 誰かに ただいま」という表現は、他愛ない、形のない、時に流されるそんな繋がりが代替物以上の価値を持っていることを示しています。
 錯覚に過ぎないのかもしれないし、「仲良しこよし」という言い方にまだ少しひっかかりが残っているけれど、小さくて大きな癒しをそこに見出しているのです。
 私はtwitterをやっていませんが、この曲を聴くとやってみようかなという気になります。あ、でも、まだ、当分はしないだろうから、気分だけね。※4
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12262035


小夜子(JAZZアレンジ feat.dateken)
 オリジナルアレンジの印象が強い曲の別アレンジは、その出来はともかく、あまり「いい」という感想が持てません。
 でもdatekenさんによるこのJAZZアレンジは、まるでこれがオリジナルアレンジだったのではないかと思わせます。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17721089


==

CD全体

このCDはちょっと聞いただけでは、切なさに浸るためだけに存在しているようです。
でも「刹那プラス+」は「それだけじゃないんだよ」と言っているように思えます。

CDの曲順を振り返ってみると、聞き進むにつれて救いのない切なさの外形的な大きさが段々と縮小していることに気付きます。(勿論これは私の主観です ※1)

そして「刹那プラス」によってここまで浸ってきた切なさが実は癒しに繋がっていたという種明かしが行われます。
切なさに浸りきり、これらの曲のメロディーを摂り込むことで、その先、+するものが出てくるでしょう、と。

それを受けて最終曲「夕暮れツイッター」の主人公は、切なさが消えているわけではないけれど、癒しの一つの形としてツイッターをプラスし、「ひとりぼっちは ひとりじゃないのよ」と呟くのです。

そして彼女(もしくは彼)の帰って行く先が、最初の曲「ねぐら」に繋がります。
だから「ねぐら」は明るくて軽やかなのだと考えれば、各曲レビューに書いたイメージの乖離も納得できるのです。

つまり、「プラス」は切なさ「を」プラスするのはなく、切なさ「に」何かをプラスするということになります。

プラスするものとして何を見出すかは聴く人それぞれでしょう。
だけど、曲順の設定と、「+」に込められたみきとPさんの思いを感じることができれば、このCDの価値はさらに大きなものになると思います。


(小夜子JAZZアレンジはボーナストラックとみなして番外扱いしています)

==

この解釈はみきとPさんの意図からは全く的外れかもしれません。※2
でも、表現物として提示されたものをどう受け取るかは、受け手である私の自由です。

そしてこの解釈を、そうかもしれないと思うか、何ずれたこと言ってんだと感じるかは、ここを読んだあなたの自由です。

尚、この文章を書くに当たってこのCDに関するネット上の感想、解釈は一つも読んでいません。
読んでいたら、多分書けなかったでしょう。

1stアルバムのKarenTでの配信開始を心待ちにしています。
本当は歌詞も読みたいからCDを手に入れたいけれど、もう無理みたいですね。
KarenTにも歌詞ファイルの配布があればいいのに。

==

※1
「切なさの外形的な大きさ」と何だかもったいぶった書き方をしましたが、要するに切なさを感じる度合ということです。

「心臓デモクラシー」がMAX,「若草物語」がMINということになります。
比較に意味があるかどうかは度外視して下さい。
だって、そうしないと私の解釈そのものが成り立たないのですから。w

人によっては、「若草物語」のほうが「絆創膏」より切ないかもしれないです。
でもまあ、「若草物語」の「僕」には形式上は1年半、実質でも一年近く付き合っていた彼女がいて少なくともその間はいい思いをしたのだから、それを差し引きましょう。w


※2
ニコ動での投稿者コメントのそっけなさにしろ、CDのパッケージおよびライナーに関連情報が殆ど記載されていないことにしろ、みきとPさんは自分の作品に言及することを極力避けているようです。

「夕暮れツイッター」がGUMIであること以外は、どのボカロなのかすら示してありません。

表現者としては、この態度が正しいのかな。
ファンとしてはちょっと寂しいんですけどね。
だからこそこんな好き勝手な解釈が出来たとも言えます。w

私にそれはできないなあ。
作品中で表しきれなかったことを理解してもらいたい欲求が強いから、過剰なまでに周辺情報を提供してしまいます。
下手な小説書きがはまりやすい陥穽かな。ww


※3
子役タレントに一人いますね。春名風花さん。
まあ、私が好みでないって表明したところでどうってことないでしょうけれど。


※4
そんなわけで、みきとPさんのフォロワーさんがここを読まれたら、よろしくお伝え下さい。
自分からはとてもじゃないけど「そんなこと 言えるわけない」ので、「絆創膏 胸にあてて」おります。←私が言っても可愛くねぇ~ww

※5
ボカロplus Vol9届きました。
早速みきとPのページを読みました。

なんてこったい。
「小夜子」の主人公は「女」だって、何のエクスキューズもないままアプリオリ的に記載してあるよ。orz

私があれだけ解釈に悩んだのはなんだったんだ。

歌詞を改めて読んでみたけれど、女性であることを示唆するのは「べたべたと粘る髪の毛」という部分くらいしか見当たらなかった。
引きこもりの男は自分の髪がべたべた粘ることなんか気にしないだろうからね。

「友達のエリもタカユキも」と男女の名前が挙げてあるのは多分意図的なんだろうなあ。

これでスッキリしたって言えばそうなんだけど。
だけど、だから、「僕」を自称にしている女は嫌いなんだ!! ← 八つ当たりw



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/296-8dfb1c2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。