su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かみさんの暴走


上2人の子供が二階に上がって、次男(C介:中一)だけが居間で宿題をやっていたときのことです。
私は同じ食卓でネットを見ていました。
風呂から上がったかみさんがよっこらしょっと、私と次男の間に座るととんでもないことを言い出しました。

か「C、もし女の子からラブレター貰ったら、ちゃんとお母さんに見せなきゃダメよ」

私「そんなこと出来るかーーーーーー!!!!」

次男が反応する前に、私が特大の突っ込みを。ww

か「えー。何でよ」
私「当たり前だろうが。それにもし見せて、それが誰かに知られたら、Cは学校中の女の子から相手にされなくなるぞ」
か「知られるわけないじゃない」
私「分かるもんか。おかあさんは絶対にママ友に話すだろうし、それがどこをどう回って学校関係者の耳に入るか」

それ以前に「見せろ」ということがどれほど非常識なことなのか分かっていないことが問題です。

ほんと、「おばちゃん」になっちゃって。orz

==

長男(B太:高一)が12/8,9の2日間、学校関係のある行事で東京に行きました。
参加生徒は20人程。朝早い便で立って、翌日の夕方に帰ってくるスケジュールです。

空港へ車で送り迎えしてくれとかみさんに頼みました。
片道一時間弱です。

か「いいけど。でも、車の中では私の話に付き合ってくれるって約束しないと駄目」
B「それはー」
か「だって、Bは車でずっと黙っててつまんないんだもん」
B「おかあさんは色んなことを聞きだそうとしてウザイから嫌だ」

かと言って送り迎えを運転嫌いの私に頼む度胸はないので、若干あやふななまま受けれました。

か「空港の中まで見送りに行ってあげるからね」
B「それは止めて。だって、先生や同級生もいるんだから」
か「だから何よ。先生によろしくお願いしますって挨拶もしなきゃ」
B「いや、だから、そんなの絶対にいらないから」

8日朝は早目に出発して、集合の30分前に空港に着きました。
なので車を空港の駐車場に入れて、かみさんも「トイレに行く」という理由で降りました。
空港内では「他人の振り」で知らん顔していたそうです。
トイレを出て、出発カウンターの近くに行くと同級生が何人か来ていました。
建物の外に出て、ガラス窓越しに様子を眺めます。

私「まるで草場の陰じゃないか」
か「だって、Bが嫌がるんだもん」
当たり前だ。w

宿は文京区本郷でした。だからその気になれば秋葉原まで歩いて行けます。
私が「いいなあ」と言うと、「多分、自由行動はできないから」と言っていました。
でも初日夕食の前に2時間ほどの空時間があったそうです。
全員がそんな時間ないと思っていたらしく、どこに行くか何も考えていませんでした。
二手に分かれて、一組は秋葉原、もう一組はスカイツリーに行くことになりました。
B太はスカイツリー組です。

でも、田舎高校生の悲しさ。どうやって行けばいいのか誰も分かりません。
地下鉄やJRを無駄に乗り継いでスカイツリーには到着したものの、残り時間が少なく、上に登るのは行列がすごくてできませんでした。
帰りも道に迷い、最後は諦めてタクシーに乗ったそうです。

==

そのB太は(私と違って)KARAや少女時代が大好きです。
レンタルでCDを借りてきたとき、かみさんがそのジャケットを見ながら
「ねえ、どの娘(こ)が好きなの?」
としつこく聞くので、またブチ切れていました。

ほっときゃいいのに。
息子にちょっかい出したい気持ちは分かるんですけどね。
ちょっかいの方向性が間違っているのが問題なんだ。

==

ファミマのボカロ一番くじ、この冬の分の戦利品です。
夏に続いてB賞をゲットしましたが、サンタコスは飾るにしても期間限定だからなあ。

B賞 1個
D賞 1個
E賞 2個
F賞 2個
G賞 3個

kujiB2.jpgkujiD2.jpgkujiE2.jpg
kujiF2.jpgkujiG2.jpg

しかし一回800円は高すぎる。9個で7200円ですよ。
下げられないのなら、せめてG賞をもうちょっとましなものにして欲しい。
使えないし、可愛くない。
あれもらって喜ぶやつなんかいないでしょう。
メモ帳とかボールペンとかだったらまだいいのに。

==

ねわれた学園の主題歌を買いました。

銀色飛行船(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)銀色飛行船(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)
(2012/12/19)
supercell

商品詳細を見る


私はsupercellの曲があまり好きではないので、これまで単独のCDを買ったことがありませんでした。
でも「ねらわれた学園」は最初にNHKでドラマ化されたときの現役世代なんでね。
角川映画版も見たし。

カントリーロードを彷彿とさせる旋律と比較的シンプルな編曲は、ジブリのアニメにでも出てくるようで、結構気に入っています。

余談:
カントリーロードは若い人には「耳をすませば」と、せいぜいオリビア・ニュートンジョンの歌のほうが馴染み深いでしょうね。
オリジナルはジョン・デンバーです。
中学生の頃よく聴いていました。邦題は「故郷へかえりたい 」

ベスト・オブ・ジョン・デンバーベスト・オブ・ジョン・デンバー
(2002/10/02)
ジョン・デンバー

商品詳細を見る


==

たかじんnoマネーでの青山繁晴、田原総一郎論争を見ました。

その前の週の放送で、青山さんが「憲法9条に関する田原さんの発言は悪い影響を与えている」と名指しで批判したことを受けて田原さんがゲスト参加したのです。

但し長崎では放送が2週遅れです。orz
時事問題を扱う番組はリアルタイムで放送しなきゃ意味ないですよ。

そして、期待してたのに、議論がかみ合わなくて全く面白くありませんでした。

青山さんの主張は
「憲法9条を改正すると日本が戦争できる国になるという田原さんの意見は、政治家などが引用している。9条を改正しても戦争なんかしない」
というものです。

これに対して田原さんは
「私が変えてはいけないと言っているのは9条1項だ」
ということを何度も何度も繰り返していました。
そこから議論が進まないのです。

田原さんは分かってて論点をずらそうとしていたのかなあ。
あれだけ何度も繰り返すと、老人性の呆けが入って何が議論の的になっているのか理解できていないんじゃないかという印象を受けてしまいます。(実際そうなのかもしれません)

時間の無駄でした。


==

クリプトンから、KAITO V3予約開始の案内メールが届きました。

http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid3/kaitov3.jsp?from=nl121227

V3になっても、やはり「カイト」じゃなくて「KAITO」なんですね。w

上のサイトのデモ3Whisperがいい声です。

==

amazonから、予約していた「会田誠作品集 天才でごめんなさい」を発送したとのメールが昨日の22時31分に届きました。
何なんだこの時刻。w

会田誠作品集  天才でごめんなさい会田誠作品集 天才でごめんなさい
(2012/12/31)
会田誠

商品詳細を見る



到着予定は12月30日だそうで、今年最後のamazonでの買い物が会田誠になるとは思わなかったなあ。ww

これを予約したのは、NHK Eテレの日曜美術館で紹介されていたからです。
NHKであれ紹介していいんかい? w


私にとって会田本の3冊目です。



ジェローム神父―ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)ジェローム神父―ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)
(2012/01/12)
マルキ・ド・サド

商品詳細を見る
少女たちの「かわいい」天皇―サブカルチャー天皇論 (角川文庫)少女たちの「かわいい」天皇―サブカルチャー天皇論 (角川文庫)
(2003/06/25)
大塚 英志

商品詳細を見る


どっちも2003年だから、実に久しぶりだ。
上のジェローム神父は私が持っているハードカバーではなく、今年出たソフトカバー版です。


==

今年、日記を更新するのはこれが最後かもしれないので、タイトルと関係ないものも次々に入れてしまいました。
明日は、じゃなかった、今日は仕事納めです。でも、職場のサーバのディスクがエラーを起こしていたから、本当に納めになるかどうか微妙。orz

来年もよろしくです。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

息子さん二人に全力で同情したくなりました。(^_^;)
どこの母親も似たようなところがあるものなんですね。(笑)
蛇足になりますが、自分は今日で仕事納めです。

では、よいお年を。( ̄∇ ̄*)ゞ
【2012/12/28 13:07】 URL | ツケロー #- [ 編集]

ツケローさんへ

ありがとう。ww

そういう母の腹から生まれてきたんだから、
運命として受け入れるしかないんでしょうけどね。

そうか。
ツケローさん就職したんですよね。
私、お祝い言ってましたっけ。 最近記憶力が。。。
もし言ってなかったときのために、おくればせながら、
おめでとうございます。

では、また、こんな文章ですけど、読みにきて下さい。

【2012/12/30 18:35】 URL | たか号 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/319-2f962b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。