プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fripSide 「sister's noise」感想 というより抗議w
sister's noise というタイトについての考察を追記しました。2014/5/27
「sister's noise 意味」という検索でここを開いた方はそちらをどうぞ。

とある科学の超電磁砲Sのオープニングテーマ曲「sister's noise」初回限定版CDが届きました。

sister\'s noise(初回限定盤)TVアニメ「とある科学の超電磁砲S」オープニングテーマsister\'s noise(初回限定盤)TVアニメ「とある科学の超電磁砲S」オープニングテーマ
(2013/05/08)
fripSide

商品詳細を見る


アニメは先週分をようやく一回だけ見た状態です。
だって、うち、録画機が無いんだもん。(泣
あの時間にリアルで見るなんて、眠かったあ。ww

アニメ本編は後でまとめて見ることになるのでしょう。
で、今回はCDの話。


第一期「only my railgun」(1)、「LEVEL5-judgelight-」(2)に続いて今回第二期の「sisters noise」(3)もいい出来だと思います。
インパクトが下がってきているような印象はありますが、それはまあrailgunが凄すぎたせいだからしょうがない。

で、曲をパソコン経由でウォークマンに取りこみ、特典DVDのPVを見るかと。

この時点で、(1)(2)のPVのことはすっかり頭から消えていました。

テレビCMでちょっとだけ見た(3)のPVでは常盤台の制服着た妹達数人が踊っていたので、ある程度以上期待していました。だから初回CDを買ったのです。
でなかったらネット配信で曲を買うだけで十分です。

見ていて、fripSideの二人が何かの部屋に侵入するシーンは「この二人のほうが学園都市の暗部のようだなあ」と思いました。まあ、それはどうでもよろしい。

妹達の踊りは「切れがイマイチかなあ」。まあ、これもよろしい。

「デブ男の科学者が出てきたぞ。ははあ、アイテムの麦野辺りにプチっと潰されるやつね」

「おー、chuchuトレインのパロか。4コマ漫画にあったよね。あれ? ……」

そこからが悪夢でした。

xxxxxxxxxxxxxxxxxx
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
xxxxxxxxxxxxxxxx
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
xxxxxxxxxxxxxxxx
xxx

なーんも書く気しねえ。www

いや、ね、(1)にマギー審司、(2)にエスパー伊東が出るのはいいんですよ。
それなりの役どころでしたしね。

でも、ザ・たっちは許せない。
暗部の科学者で、最後は消されるんだったらまだしも。

あー、くっそーーーーー。

全国のシスターズファンの諸君!
妹達が別の意味で凌辱されている。

こんなものを許してはならない!!
抗議の声を上げよう!!!!

fripSideは調子に乗って、全国の妹達ファンを敵に回した。

こちらは消されてた 当然かw






==

2013/5/14追記

>え?俺は面白かったから好きだよ。


コメントあうがとりござmmmまssssssssss。
素直にキーが打てないや。

まず確認ですけど、あなたは「小説版初音ミクの消失感想」に匿名のコメントを寄越したあの卑怯な無礼者とは別人ですよね?
別人であることを前提としておきます。

だとしても、なんでこんな礼儀を弁えないのが次々寄ってくるかなあ。orz
という本音は隠して(隠してねーよ!)マジレスします。

あのPV、面白いか面白くないかと言われれば、私でも面白かったです。
しかし面白いから「いい作品」「好きな作品」ということではありません。

私はザ・たっちは嫌いではありません。これは本当です。
ただ、現在の彼らの芸人としての存在価値は、限りなく疑問に思います。
頑張って生き残りを図ってほしいと思います。

今回のPV出演は、まさかザ・たっち側からの働きかけで実現したことではないでしょうから、fripSide側からオファーを受けてのことであろうと思います。
つまりザ・たっちは単なる素材であり、PVの内容、演出その他すべての責任はfripSideが負っているということです。

私はfripSideの歌詞について「ありきたりでステレオタイプな言葉の羅列でしかなく、深みを感じることができない」という印象を持っています。
私がこれまで聞いたせいぜい十数曲の印象で言い切ってしまうのは申し訳ないです。
でも、永遠、誓う、自分らしさ、想い、守るといったいかにもな言葉の順列組合せからなる一見抽象的な世界は「退屈」でしかありません。

しかし超電磁砲のオープニングであれば、その抽象的な世界の背景に御坂美琴が見えることで強い輝き放つことになります。

sister's noise は妹達ではなく御坂視点の歌です。
他と同じで読み解きにくい歌詞ではありますが、「絶対能力進化実験」という補助線を引くことによって、妹達の存在を知った御坂の心境を歌っているという解釈はかなり容易です。

その歌で妹達が踊っているという状況は、不自然とも思えるけれど、まああってもいいかな。
私の心情として許容できるのはここまでです。

だけど「量産能力者(レディオノイズ)計画」から「絶対能力進化実験」に至るまでの妹達の境遇を考えると、彼女達を茶化すのは許せない。

原作でのキャラ設定とか、笑えるエピソードなどはいいのです。
それで規定され、表現されるのが妹達なのですから。

でも、言ってみれば公認派生作品であり、かつ、権威としては公式設定にも迫るこの曲のPVで妹達を茶化すのはやってはいけないことだと思います。

だって、デブの醜い男二人が、常盤台の制服を着て他の妹達に混じって(と言うかセンターで)踊る様に、妹達を辱める以外の何か肯定的な意味がありますか?

PV単体として見たときに、発想の意外性とか、彼ら二人の踊りの無様さとか、相変わらずの古臭いギャグとか、それなりに楽しむことはありえるでしょう。
私が面白いと感じたのはこの点です。
そして妹達という存在について何も考えていない人がそれを見てギャハハと笑うこともあるでしょう。

笑いの対象が妹達ではなくザ・たっちなのだとしても、笑いとしては下劣、下ネタでないだけまだましというレベルの作品に妹達を巻き込まないでほしかった。

私のこの怒りの向かう先は、当然、ザ・たっちではなくfripSideということになります。

==

2013/5/20追記

本日記の内容に関して、ツケローさんからコメントを頂きました。

そのコメントは、私にしてみれば頭をぶん殴られたくらいの辛辣な内容ですが、記載されているのは一つの真っ当なご意見であると思います。
調子に乗っていたのはfripSideではなく私のほうかもしれません。

これにすぐ返信を書くことはできないと思い、しばらく頭を冷やすために時間を置きました。

3日間考えた上での結論を書きます。

「ご意見に同意はできません」

以下はその理由です。

(1) 思ったこと、言いたいことが書けないのならば、このブログを書く意味がない

勿論、個人のブログだからといって、何でも書いていいということではありません。
意図的な嘘、他人の誹謗中傷、他の人を傷つける内容を書いてはいけません。

但しその線引きは明確ではなく、各人の良識とそれに基づいた判断に則ることになります。
他人が読んで不愉快に思うことも、書く人の責任において書くことは自由です。

私の判断では、この日記に書いた内容は何の問題もありませんし、指弾される謂われもありません。
不愉快に感じる方がいたとしても、それを具体的に指摘されて、それに自分で納得できない限り是正するつもりはありません。


(2) たかがPV,二次元キャラとは思っていない

これは価値観の問題なので、他人に強要するつもりはありません。

物語に登場する人物は、たとえそれが虚構の存在であっても受け手(読者)の心に「何か」をもたらすのであれば、虚構を超えて「受け手の中に存在している」と思っています。

「何か」は、感動でもいいし、萌えでもいいです。
ポジティブだけではなく、ネガティブなことでもその作用は同じです。

但しポジティブな場合は「大切なもの」「守るべきもの」という感情が伴うことが有りえます。

そのような存在を一次創作者がどのように扱うかについては、言ってみれば神の手がどう作用するかの問題なので、たとえ気に入らなくても感情的なオブジェクションを唱えるつもりはありません。

しかし二次創作者の扱いについては、リジェクトを含めた反応があってしかるべきだと思うし、それを表明することも自由だと思います。

アニメやマンガのキャラがR指定を伴う二次創作において、件のPVなど遥かに及ばない酷い扱いをされることがあることは承知しています。
私はそのようなものを見たいと思わないし、仮に見ても評論する気になれません。つまりスルーします。

ここら辺はかなり恣意的な扱いになりますが、ある意味閉ざされた領域での出来事と、オープンな場での出来事の違いだと思っています。


(3) 頂くコメントはどれも大事なものである

このブログをリピートして読んでくれる方は片手で数えても余るくらい極少数でしかありません。
殆どが検索でやってくる一見さんです。

どちらも私にとって大切な存在です。
それは、このブログを誰かに読んでもらいたくて書いているからです。

だからコメントを貰えたら、内容の如何に拘らず大事に扱います。
どんなコメントにも、これまで一貫して誠実に対応してきたつもりです。
(どこかのサイトに誘導するだけの迷惑コメントは無条件に削除しています)

ただ、コメントを書くにはそれなりの配慮はしてもらいたいと思っています。
難しいことではありません。最低限のマナーの問題です。

この日記に最初に付いたコメント、その一つ前に消失小説感想日記に付いたコメントは残念ながらそれを逸脱していました。

その態度に怒りを感じることと、内容を大事に思うことは両立します。
だからこそ、長文の返信を書きました。

ツケローさんは、私にとって昔から最上級の大切な読者です。
これからも、遠慮気兼ねなしのコメントを頂けたらいいなと思っています。

==

時々「sister's noise 意味」というキーワード検索でこのページを開く人がいます。(余談1)
ここの文章はPVを扱っていて歌詞の内容についてはあまり言及していませんので、その意味では期待外れでしょう。(別の意味で面白いと思ってもらえたらいいのですがw)

どの程度お役に立てるか分かりませんが、私なりの解説を追記します。

ここで問題になるのは予備知識です。
原作をどの程度知っているかで理解の仕方が異なると思います。
でもまあ、一通りはご存じであろうという前提で、学園都市とか能力開発とかそのレベルからの解説は要らないかな。

実は私も小説版は全く読んでいないので偉そうなことは言えません。
コミック版とアニメ、それとWikipediaなどネットから得た情報を元に以下を書きます。

どこから始めればいいのか分からないので、思いつくまま書いてみます。

強度  (レベル ) 段階 概略
無能力者(レベル0) 測定不能や効果の薄い力
低能力者(レベル1) 日常では役に立たない力
異能力者(レベル2) レベル1とほとんど変わらない力
強能力者(レベル3) 日常生活で便利と感じられる力
大能力者(レベル4) 軍隊で価値を得られる程の力
超能力者(レベル5) 単独で軍隊と戦える程の力

妹達(シスターズ)は超電磁砲(レールガン)御坂美琴の体細胞クローンです。
その個体数は20,003人。但し10,031号までは既に死亡しています。

御坂のクローンが作られた経緯は色々あるけれど省略。
能力レベルに個体差があり、レベル2からレベル3です。
能力名は「欠陥電気(レディオノイズ)」(余談2)

レディオノイズとは、単純に言えば「ラジオの雑音」です。
でもこの言葉の意味には、ラジオ(受信機)の故障によって発生する雑音は(多分)含まれません。
電波の中に含まれる雑音を指しています。
勿論これは音ではなく電波の一部ですが、結果的にそれによってラジオから雑音が聞こえます。

つまり「雑音電波」、放送局などから発信された放送電波、通信電波に別の原因で発生してその電波に乗ってしまった成分のことを指していると考えたほうがより正しいでしょう。

ノイズという言葉は単なる雑音という意味だけでなく、不要な、無駄な、邪魔な、役に立たない物という意味も含んでいます。

だから、妹達の能力名レディオノイズは「電磁波関連の役に立たない者」という意味合いで名付けられたのではないかと思います。
御坂美琴の劣化版ということになります。
日本語表記が雑音電波ではなく欠陥電気となっている点については余談2を参照して下さい。

「sister's noise」という曲タイトルがこの能力名を意識していることは明らかです。
では、このノイズとは何なのか。

ここから先は私の解釈であって、正しいという保証はありません。

sister's noiseは御坂視点の歌です。
そしてこの歌で言われているシスターズノイズは、妹達が発しているノイズ(雑音)ということです。

実際に妹達が雑音を出している訳ではありません。
これは比喩だと考えるのが妥当でしょう。

一方通行が御坂妹を2万人殺すことでレベル6に進化するという「絶対能力進化(レベル6シフト)実験」は秘密裏に行われていました。
(その割には街中で行われていて上条に気付かれてしまうってのはどうなんだろう。それとあの期間で約1万人を殺害できるのだろうかという疑問は棚上げしておきます)

御坂は妹達の存在について噂としては聞いていましたが信じていませんでした。
ミサカ9982号に遭遇することでそれが事実であることを知ります。
それから研究施設への襲撃を繰り返して実験を中止させようとします。
最後には麦野達アイテムとの対決(これは痛み分け)までありました。
御坂の襲撃は結果的に成功しませんでした。
どれほど施設を破壊しても実験が継続されたからです。

しかしそのことが上条による一方通行への最弱の一撃を導き、実験が中止に追い込まれます。

妹達は上条が阻止した第10032次実験が終わるまで、自分達が実験に供されるための実験動物であるという境遇を受け入れていました。
それを悲しいとか不幸であるとは認識していませんでした。
つまり、誰かに助けて欲しいとかその境遇を抜け出したいとかいった感情は持っていませんでした。

とは言え、妹達は彼女達が存在することで周囲、つまりは世界に対して何等かのシグナルを発していたのではないでしょうか。
ここで言うシグナルは妹達がレベルは低くても電磁使いの能力者であること、ミサカネット(余談3)という脳波のネットワークを持っていることに起因するものではありません。
また、クローンだからとか、大人数だからということでもありません。

妹達に限らず誰でも、リアル世界の私たち一人一人でも、この世界に存在するそれだけで発しているシグナルだと思って下さい。
それが物理的にどういうものかという疑問にはお答えできません。
ド・ブロイ波(余談4a)のことでもありません。

生命が発する波動、意識が発する波動とても考えて下さい。(何だか怪しい方向に話が行ってしまいそうだw)

妹達は本来は存在しない、存在してはいけない存在です。
その彼女達が発するシグナルは世界にとっては存在してはいけないもの、すなわちノイズということになります。

つまりsister's noise という言葉は、妹達の存在そのものを指しているのです。

御坂はミサカ9982号との遭遇によってそのノイズに気付いたのです。
そのことを表現しているのがこの歌なのだろうと思います。


余談1

歌詞の中に sister's vioce という言葉が一度だけ出てきます。
これが何を指すのかも今一つ分かりません。
上条が一方通行と対決していたときに御坂が発した「姉だから(妹を守る)」という言葉のことかなと思っています。

余談2

とあるシリーズで使われている能力名の性質(学園都市内での扱い)がよく分かりません。
漢字表記とカタカナ表記の関係も分かりません。日本語の英訳(もしくはその逆)とは限らないからです。
公式名称だったり、能力者の代名詞もしくは愛称みたいなものだったり、個別に性質が異なっています。

★御坂美琴 超電磁砲 レールガン

これは分かりやすいです。現実に存在するレールガンを日本語で言えば電磁砲であり、それに超が付いただけです。
wikiに次のような記述があります。
『2.^ 分類上の能力名は「電撃使い(エレクトロマスター)」だが、申請により「超電磁砲」も正式に美琴固有の能力名となっている。』
これは小説版に記載されているのかな。
レールガンは彼女の能力によって発揮される機能の一つであって、他にも砂鉄の剣(余談5)など能力の色々な応用がありますから、超電磁砲は彼女の代表技であって能力の表現としては正しくありません。

ついでに言うと、
『4.^ 実際は「素養格付」により、幼少期の時点でレベル5に到達でき得る可能性を持っていると予測されていたことが22巻で明かされたが、本人はこの事実を知らない。』
これは多分まだレベル5でなかった御坂の幼少期にDNAマップ(コミック版ではDNAマックと誤植されている)の提供を申し込まれたのは何故かという読者の素朴な疑問に対する言い訳なのでしょう。

★一方通行(本名不明) 一方通行 アクセラレータ

これは日英で言葉の意味に関係はありません。
一方通行はone-way traffic(ワンウエイ・トラフィック)で、アクセラレータ(acceralator)は加速させるもの、能力を向上させるもの(十数年前、パソコンの画面表示機能を向上させる部品としてグラフィック・アクセラレータという物がありました)です。
しかも彼の能力はベクトル変換ですから、実態を表してもいません。
攻撃が一方通行になるという見た目の現象を表しているのでしょう。
としてもアクセラレータは解せません。

★上条当麻 幻想殺し イマジンブレイカー
ブレイカーは破壊者という意味ですから、これはまあ、分かるかな。
でも上条は公式には無能力者(レベル0)だから、公式の能力名ではないはずです。

★土御門元春 肉体再生 オートリバース
彼もレベル0です。
自動反転という言葉は肉体再生にはつながらないなあ。
「人生と書いて妹と読む」だから、字と読みはどうでもいい世界なのでしょう。w

★姫神秋沙 吸血殺し ディープブラッド
deep bloodは「濃い血」という意味ですから、これも直接の関係はありません。

★白井黒子 空間移動 テレポート
これは(SFの中で)昔からある能力でごく一般的な名称になっています。

★結標淡希 座標移動 ムーブポイント
テレポートと似た能力ですが、直接物体に触れないで物質を転移させることができます。
これは直訳に近いですね。

★海原光貴 念動力 テレキネシス
これも一般的な名称。サイコキネシスという言葉とどう違うのかは分かりません。

★佐天涙子 空力使い エアロハンド
★初春飾利 定温保存 サーマルハンド
★婚后光子 空力使い エアロハンド
★湾内絹保 水流操作 ハイドロハンド
★泡浮万彬 流体反発 フロートダイヤル

なんだかこの辺の能力名はあまりこだわって付けていないなあ。w

★食蜂操祈 心理掌握 メンタルアウト
アウトはこの場合「露見」という意味でしょう。
彼女の能力は単なる「読心」でではなく相手の心理をコントロールすることのほうが大きいですから、自分の思い通りにするという掌握のほうが適切です。
でもメンタルコントロールじゃ当たり前過ぎて言葉としての面白みが薄いですね。

★垣根帝督 未元物質 ダークマター
この世に存在しない新しい物質(素粒子)を作り出す能力とのこと。
未元は未現を元にした造語かな。
ダークマターとはまたすごい言葉を持ってきたなあと思います。
天文学で言う暗黒物質ではなく、あくまで(理論上も)この世に存在しない物質
実際に天文学などで使われていることを知ってて選んだのでしょうか。

★麦野沈利 原子崩し メルトダウナー)
電子を波と粒子のどちらでもない状態に固定し、自在に操る能力(正式な分類上では「粒機波形高速砲」と称される)だそうです。
「波と粒子のどちらでもない状態」って何だ? 第三の状態ってこと?
電子は本来「波と粒子のどちらでもある状態」なのに。(余談4b)
それに電子だけで原子を構成しているのでもないのになあ。
それと、これをメルトダウナーと呼ぶとメルトダウンが原子を崩壊させることだと勘違いする人が出てこないですかね。
メルトダウン(炉心溶融)は原子炉の燃料集合体や炉そのものが熱で溶けることであって、核分裂による原子崩壊のことではありません。
どこかの場面に御坂の能力をこれと同類と言っていました。
でも電磁波を扱うのと物質としての電子を扱うのは意味が違うような気がします。
放射線のβ波(電子)、γ波(電磁波)に対比させれば同じとも言えるかな。

★絹旗最愛 窒素装甲 オフェンスアーマー
窒素を自在に操ることができる能力
これは能力を端的に表しています。
でもオフェンスは攻撃、アーマーは鎧だから、英語表記に窒素は入っていません。

★滝壺理后 能力追跡 AIMストーカー
一度記憶したAIM拡散力場の持ち主を捕捉し、たとえ太陽系の外まで逃れても居場所を探知できる能力
これは、直訳ではないけれど一番上手な言葉を選択していると思います。

★カエル顔の医者 冥土帰し ヘヴンキャンセラー
これは所謂能力ではありませんけど。
天国(冥土)を無効にする。つまり行かせない。死なせない。

こうやって並べてみると、日本語の融通無碍な性質を利用して(良い意味で)それを弄んでいるのでしょうね。
魔術系の技名とか、登場人物の名前にもその傾向が多く見られます。

また、能力の日本語名の特徴は4文字で統一してあることです。海原光貴の念動力は例外。
それもできるだけ従来ない言葉の組み合わせが選択してあります。
これも明らかに遊びですよね。
妹達の欠陥電気は、これも普通の日本語には存在しない言葉です。
単純に雑音電波とするのをよしとせず、この言葉が選ばれたのでしょう。
個人的には欠陥電気はあまりいい選択だとは思えません。
劣化電装とかどうかな。センス悪いか。w

面白いことに日本人の人物名も苗字2文字+名前2文字が圧倒的です。
例外は黄泉川、土御門くらいかな。
青髪ピアスは本名じゃないでしょう。


余談3

御坂がミサカネットワークに影響されない、というかコンタクトできないのは何故なのでしょう。
脳波リンクなのだから、DNAレベルで同じ御坂がそれから除外されるのはおかしいと思うのですが。
この点については小説版で言及してあるのでしょうか。


余談4ab

ド・ブロイ波は高校の物理で習った覚えがあります。
大学だったかなあ。ちょっと曖昧。

物質のもつ粒子性と波動性を結び付けるものです。
物質波とも呼ばれます。
プランク定数を質量と速さで割れば波長が得られます。λ=h/mv
ある質量を持つ物体がある速度で移動していれば、それは波動の性質も持っているということです。

普通は電子など微小な粒子でしかその影響は計れません。
でもマクロの世界でも上の式は成立します。

つまり、動いていれば私もあなたも物体としてだけでなく波動としての性質も持つのです。


余談5

砂鉄の剣は英語名では何になるのでしょう。
アイアンサンドソード(iron-sand sword)?
なんか迫力がないなあ。w

あれは乾いた砂鉄で構成されているようですけど、砂地とか地表だけならともかく地中のものをほじくり出しているのであればその力はよほど指向性がないと周囲への影響が大きいですよね。

沼とか湿った土地だったらまだ流動性があるからやりやすいのかな。
だったら、スラリーソード(slurry sword)とかどうかな
でもこれ直訳すると泥漿剣(でいしょうけん)だからなあ。ww
一見かっこいいけど。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

え?俺は面白かったから好きだよ。
【2013/05/13 21:05】 URL | #- [ 編集]

Re: タイトルなし
> え?俺は面白かったから好きだよ。

コメントあうがとりござmmmまssssssssss。
素直にキーが打てないや。

続きは日記本文の追記で。
【2013/05/14 21:55】 URL | たか号 #- [ 編集]


あくまでも個人のブログの記事なのでどうこう言うつもりはありませんが、たかだかPVで好きなキャラ(妹達)が芸人とコラボさせられたくらいでそこまで長々と抗議しなくてもいいのでは?
あと、気に入らなかったのはわかりますが辱めという表現は大袈裟だと思いますよ。
【2013/05/17 07:13】 URL | ツケロー #- [ 編集]

ツケローさんへ
> あくまでも個人のブログの記事なのでどうこう言うつもりはありませんが、たかだかPVで好きなキャラ(妹達)が芸人とコラボさせられたくらいでそこまで長々と抗議しなくてもいいのでは?
> あと、気に入らなかったのはわかりますが辱めという表現は大袈裟だと思いますよ。

こういうコメントを貰えるのは本当に嬉しいです。ありがとうございます。
でも反省はしないけどね。w

内容に対する返信はもう少し考えます。
【2013/05/17 19:56】 URL | たか号 #- [ 編集]


価値観は人それぞれという点を完全に見落としていました。(^_^;)
アニメのキャラを大切にしている人にとっては大変失礼でした。申し訳ない。

あと、丁寧なコメント返信ありがとうございます。
【2013/05/23 21:40】 URL | ツケロー #- [ 編集]

Re: タイトルなし
> 価値観は人それぞれという点を完全に見落としていました。(^_^;)
> アニメのキャラを大切にしている人にとっては大変失礼でした。申し訳ない。
>
> あと、丁寧なコメント返信ありがとうございます。


いや、あの。
これからも気兼ねなく、厳しいコメントをバシバシ書いて下さい。

それは、肯定的なものより有りがたいと思うのです。
【2013/05/27 19:36】 URL | たか号 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/344-366da1cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。