プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風立ちぬ感想
2013/8/17 ようやく映画「風立ちぬ」を観に行きました。

感想 「良くも悪くも、宮崎駿映画だ」

本作品を他人に薦めることはしません。
映画とか本とかを他人に薦めるのは、自分が感じた「良かった」をその人にも共感・共有してもらいたいからです。
本作品、私が良い感じたところもあるのですが、多分それを他人と共有することはできないだろうなと思いました。

家に帰ってからネット上の感想を幾つか読みました。
右からも左からも批判されているのが笑えました。
鈴木プロデューサーの文章にあるように、反戦思想家が戦闘機開発者を主人公にして作った「矛盾」を含む映画だからなのでしょう。

元々映画にならないと駿監督が考えていた原作を映画にするよう勧めたのは鈴木Pだそうで、「作りたいように作った」結果こうなってしまったのかなと思います。

私自身は駿監督作品をかなり無条件で評価するのは魔女宅までで、それ以降は限定的にしか評価していません。ポニョでその限定的評価も無くなってしまいました。

本作品には大震災の表現技法とか、夢の場面の雰囲気とか、食べる場面、泣く場面、過去の作品で観たものを彷彿とさせる部分が幾つもあります。
その意味で駿監督の集大成なのだろうとも感じました。

色々述べると長くなるし、一回観ただけで自分でも十分には整理できていませんから、幾つかに絞って個々の感想を書きます。(結局長くなってしまったww)

(1)
二郎と菜穂子の出会いはいいエピソードになっていると思いました。
これに限らず、ジブリアニメは男女の出会いの場面はいずれも面白く、上手いと思っています。だけど、その後の展開はあまりいいと思えません。
本作品だと、二郎の仕事と、二人の恋愛・結婚との相克というか、関係が物語としてうまく絡まっておらず、別々の物語が交互に現れてきているように感じられました。


(2)
二郎の設計者としての仕事の場面は、あの手のことに興味の無い人には退屈と取られかねませんが、まあ、よく描いてあると感じました。
「美しい」という表現。これは理系の人が口にすることがよくあります。
工学設計者だけでなく数学者とかもね。
夜の勉強会とか、あの辺りの雰囲気は今でも同じなのです。
他人には薦めないとしましたが、同じ職場の若手には二郎の仕事に関する部分だけは見る価値があるという話をしました。




(3)
物語が終わってエンドロールで「ひこうき雲」が流れ出すと妙な気分になりました。
この歌のテーマ、作られた経緯が、本作品で描かれている内容と全くとは言わないまでも、合致していないと思ったからです。
この辺りの感覚は人それぞれなので、これ以上は言わないでおきます。


(4)
声優さんについては、うーん。
以前書いたコクリコ坂からの感想では、あえてこの話題を避けたのですが。

上手とか下手とか、そういうことを言う次元じゃないんだよなあ。
これはどれほど文句垂れてもどうしようもないのでしょう。
作り手のポリシーなんだろうから。

「耳をすませば」で雫の父親役としてあの作品を台無しにしかねなかった立花隆さんが本作品のパンフレットに文章を寄せてますもんねえ。w

でもやはり敢えて言います。
auのCMで庵野さんの顔をこれでもかって出すのはよくないと思います。
とにかく、アニメを観ていて声の人の顔が浮かぶのは嫌なんです。

そう、私が宮崎駿映画、ジブリアニメを評価しなくなったのは、作品内容もさることながら、声優への門外漢、素人起用を含めた、「観客置いてけぼり」の姿勢が見えるからなんです。
前にも書きましたが、千と千尋のおにぎりや、コクリコのお守りといった、誰がこれを喜ぶんだと思うDVDの付録。BDパッケージのつまらなさ。
客を本当に喜ばせたいという姿勢が感じられません。
客を本当に楽しませようという真摯さが感じられません。

仮に自分達はそのつもりでやっていると思っているのであれば、エンターテナー業者として無能ではないのか。
ジブリというブランドでまだ辛うじて支えられているだけです。

さらに、駿監督の傲慢とも思える姿勢。
手塚治虫さんをけなしていた頃から「あれ?」っと思っていましたが、最近は特にひどくなったような気がします。
注目される人だから、それだけ情報が出てくるが故の印象なのでしょうけれど。
この姿勢は弟子である庵野さんにも引き継がれているみたいですしね。


(5)
禁煙学会がクレームを付けたそうですけど、頻繁に出てくる喫煙シーンには私も困りました。だって、それを見てタバコを吸いたくなったからです。w
映画が終わってから、ロビーの喫煙室に直行しました。
これじゃあ件のクレームも言がかりとは言えないかな。

昭和の終わりころまでは多くの男性があんなものでしたから、結構リアルに感じられました。仕事しながら自分の机で自由に吸えた頃が懐かしい。w

実際の二郎は吸わない人だったとか。


(6)
20日に急な飲み会があって、その席で風立ちぬの話題になりました。
15人の出席者のうち、実際に観たのは私を含めて三人。
私以外の二人は泣いたそうです。

「えっ? あれで? 私は泣けませんでしたけど」
「お前の心は曇っている」
がはははh。

どこで泣いたのかは聞きませんでした。
結婚式の場面かなあ。
それとも菜穂子が一人でサナトリウムに戻る場面とか。

家主である上司の黒川が「離れに住むのは構わないが、結婚していない男女が一つ屋根の下で暮らすというふしだらはさせられない」と言ったのはよかった。

ですよね。古き良き時代だ。
あの時代を評価するとき、どの側面を見るかで結論が大きく異なるとは思います。
でも一般庶民のレベルでは今と比べて節度のある暮らし、行いをしていたのは間違いないでしょう。


(7)
コクリコ坂からは7回観に行きましたが、本作品はもう行きません。
劇場でもう一度観る必要性を自分で感じないからです。



==

私のクレジットカードの番号が悪用されました。

8月xx日 午後、カード会社から電話がありました。

「本日、○時ころ、xxxx店で△△万円の買い物をなさいましたか?」

○時は電話の約3時間前です。

「いえ、覚えがありません。カードは手元にあります」
「では、不正使用ということで、この取引は停止します。申し訳ありませんが、お持ちのカードそのものを現時点をもって無効と致します」

ギャーーーーーーーー!!!

恐ろしい。
大体、私はクレジットカードでの買い物は一回ではせいぜい5千円、高くても2万円くらいのものしか買いません。

「あの、どうして不正かもしれないと分かったのですか?」
「これまでのお客様のご利用状況から判断しました」

ウンギャーーーーーー!!!!!!

要するに、こいつがこんな高い買い物をするはずがない、と判断されたということです。
いや、ま、そりゃ、カード会社が私の買い物を把握しているのは当然ですけれど。

カード会社のコンピューターが、リアルタイムでそのような不正を疑われる取引を監視しているのでしょう。
その上で、もしかすれば購入店に対して商品の送付先などを問い合わせて、それが私の登録住所と違うとか、そういうことから最終判断したのかもしれません。

いきなり請求がきて、びっくりする羽目にならなくてよかった。

でもなあ。どこから漏れたのだろう。
番号と、名義と、有効期限のデータが揃う必要があります。
最初に疑うというか、可能性として考えるべきは身内です。私に内緒で買い物したとか。しかし私はかみさんにすら番号を教えていませんし、そもそもその買い物をした店舗が扱っている商品を私の家族が必要とすることはありえないのです。

外部とすれば漏洩のルートは色々考えられますが、私の場合は普通に考えるとネットの買い物です。

私がネットでする買い物は、本と、DVDと、CDが殆どで、購入先はxxxxxxとか、xxxxxxxとか、xxxxxxxとか、xxxxxxxとか。
他はxxxxxとか。

単発で新規のところから買うこともありますけど、最近はその覚えがないです。

暗号化されていない画面で入力して、通信の途中で窃盗された可能性もありかな。
パソコン内のファイルに番号などを記録してはいませんが、ブラウザのキャッシュに残っていて、それが流出したってことはどうかな。

なんか嫌だなあ。
夏コミの委託品で予約していたものが買えるようになったとのメールが入ってきていますけれど、ちょっと躊躇しています。
これまで買ったことのあるところだから今更ではありますけど。
それに着払いは手数料が高いからなあ。

もし悪用した犯人が△△万円ではなく2万円程度に抑えていれば、すぐに発覚することもなかったのかもしれません。
そうやって入手したものをネットオークションで売り飛ばすつもりだったのでしょう。半額で売っても、丸々儲けになりますから。
であれば、2万円程度のちまちました稼ぎでは割に合わないのかな。

最初は、その電話そのものを疑っていました。
でも、正規のカード会社からの電話でした。

その後どういう対応をしたのか、警察に届けたのかは連絡がありません。

昨日、新しいカードが届きました。
色々手続きをしなければなりません。
面倒臭いけれど、直接の被害が無かったでけでもよしとしましょう。

これまで利用明細は月に一回、引き落としの少し前に確認するだけでした。
今回のこと以降、パソコンを使うときは毎回明細を見るようにしました。

==

2014年初音ミク誕生日記念SS完成しました。
ちょうど一年振りの新作です。ペース落ちたなあ。w

残念ながら、昨年公開した「初音ミクのSPEC(前篇)」の続きではありません。
そっちはまだ手つかずなんです。orz

今度のはある意味で衝撃作かも。
類似の先行例がないかどうか調べておこう。

8月31日中に、ボカロSS投稿所で公開します。

==

初音ミクV3の予約が始まっています。→ クリプトンのサイト

今回のイラストはより可愛い顔になっているかな。
下に載せたamazonのパッケージ写真よりも、クリプトンのサイトのほうが見やすいです。


でも、ENGLISHバンドル版のイラストはものすごい。www
欧米人の好みに合わせたってこと?
これまでのミクファンで、このイラストを良しと受け入れる人の割合は極めて少ないと思うんですけど。

V3欲しいけどなあ。
16800円かあ。

ま、慌てなくてもいいか。

初音ミク V3初音ミク V3
(2013/09/26)


商品詳細を見る



2013/9/28追記

ミクV3の絵師であるえこいくしまさんの本家画像がPIXIVで公開されました。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/10/19 14:19】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/350-d8a5f493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。