プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nakomunaさんが作った超可愛い中川かのん
ネットオークションで中川かのんのリペ改造フィギュアを買いました。
リペ改造品を買ったのは初めてです。

私と同じレベルの素人さんのために解説しておくと、リペとはリペイントの略で色を塗り直したということ、改造はポーズや衣装を変えたりすることです。(かな?)
しかもこのかのんは頭部素材を使ったとありますから、頭部は全く新しく作ってあります。(かな?)

オークションの終わる数時間前にたまたまそのページを開いて、載っている写真を見て一目惚れしました。
その時点で入札2でした。


かのんのフィギュアは、アミューズメント品(つまりゲームセンターのUFOキャッチャーなどの景品:プライズ品)として2種類が出回っています。
一つは白いステージ衣装を着てマイクを持っているバージョン、もう一つは黄色いビキニの水着姿です。
当然のこと、どちらも既に持っています。
この2体は顔や全体の印象が原作の設定(高2)と同じか若干幼く見えます。

原作で描かれているかのんは学校の制服、ステージ衣装、たまに私服(普段着)姿というのが殆どです。

今回入手したかのんは、オークション出品者さんの説明で<グラビア風>と表現されており、普段目にするかのんとはちょっと違う姿をしていました。
もしかしたら、原作中やCDのプロモーション用イラストなどに似た姿が描かれているかもしれませんが、記憶には残っていません。

その姿をファッション関係のタームに疎い私なりに説明すると、次のようになります。
・グレーのタートルネックのベストの上に白いセーターを片方の肩を出した状態で着用
・薄いピンクの長いマフラーを首に巻いている(着脱可能)
・ベストと同系色のタイトなミニスカート
・太腿の半ばくらいまでの黒っぽいニーソックスに、膝下までの白いロングブーツ
・頭には後方に細長いリボンを垂らした赤いベレー帽を乗せている。
・かのんの特徴である昆虫の触覚のような前髪のはねは原作と同じ。髪はピンク。
・スカートの中は、あー、まあ、見はしたんだけど内緒にしとこう w

私の普段の傾向から言えば、このような「敷居の高そう」な姿は本来好みではありません。
 私の場合の「敷居が高い」は1~3のいずれかです。
  1.美人すぎて声がかけられない
  2.着ている服のセンスが高すぎて声がかけれらない
  3.ギャル的雰囲気で声がかけられない

でもこのフィギュアのかのんは一つ間違うとギャル系の印象に陥りそうなところを、絶妙なバランスの上でこの上ない清楚さを保っています。
そして実際よりも少し年上(19から20歳くらい)の雰囲気を出しています。

そんなかのんを独り占めだよ。
全国のかのんファンの皆さん、羨ましいだろう。www

だけど残念なことにフィギュアを持ち歩くことはできません。 ← 昔の宅何某になってしまうww
なので写真に撮って携帯の待ち受けにしています。

kanon_fg1.jpg kanon_fg2.jpg ← クリックで拡大します

ここでちょっと自分に距離を置いて客観的に眺めてみます。
いい歳こいてマンガのキャラのフィギュアに入れ込むのってどうよ、ということです。

恐らく綺麗事になると思いますが、一応自分を納得させるために考えてみます。

今回のかのんフィギュアへの私の入れ込みは、従来の黒髪セーラー服や汐宮栞イラストへの所謂2次元萌えとは趣が異なっているように感じています。
数十体持っている他のフィギュアに対する感覚とも明らかに違います。
ということから次のように考えられます。

パソコン画面に表示されるイラストは、画像ファイルはあっても画像そのものは実体として存在しません。
雑誌や本、同人誌のイラストは、たとえ原稿が手書きされたものであっても所詮は印刷物です。

市販(もしくは景品)のフィギュアは、物として存在はしていても、大量生産された規格品に過ぎません。

それに対して今回のかのんのフィギュアは手作りされた一品物です。
そのことが、このフィギュアに絵画や彫刻といった美術品、工芸品と同じような愛着を湧かせるのだと思います。

尚、だからと言って、画像や紙に印刷されたイラスト、市販のフィギュアの価値が劣るということではありません。
ありようが異なるというだけのことです。

そのかのんのフィギュアを制作したのはnakomunaさんです。
現在(2013/12/21)はドキドキプリキュアのリペ改造フィギュアが多数出品してあります。

ところで、私はかのんのCDの殆どを持っていて聞いているのですが、彼女の歌はあまりいいと思えません。
これは歌唱ではなく、歌自体のことです。
ちなみに私、最近よくテレビで聞く「楽曲」という言葉が嫌いで使いません。日常の会話で「楽曲」を口にする人いるんだろうか。

かのんの歌は多分本人が言う「古いタイプのアイドル」に合わせてあるのでしょう。
でも80年代アイドルの歌とも少し違うような印象があります。

かと言って、今風のAKBやももクロ、ましてやPerfumeなんかとは全然違います。
(私、ソロの女性歌手の歌は興味なくて殆ど聞いていないので比較できません。そもそも10代の人はあまりいないですかね)

かのんが神のみの世界でアイドルとしてどのような位置にいるのか、特に他のアイドルとの相対的な関係が描かれていません。

最初の攻略のとき新人賞を獲ったと言っていたから、まだトップアイドルへの途上なのかな。

だとしても、かのんの歌は男女や世代を超えて支持されるような内容ではありません。
このままでは二番手三番手アイドルに留まったまま短命に終わるような気がするのです。

劇中アイドルですから、ヒットしたとしてもファン層(中高生)に限られるし、それに合わせてるってことかな。
もしかすれば、原作者若木民喜さんの好みなのかもしれないですね。

今回の文章のタイトルは5月に書いた「東雲すずめさんが描いた超可愛い汐宮栞」の対にしています。

==

2B PENCILSのCDを買いました。
初回版の特典はギターピック2個と2Bの鉛筆です。
面白いアルバムになっていると思います。

2B PENCILS (ギターピック&鉛筆付き初回限定盤)2B PENCILS (ギターピック&鉛筆付き初回限定盤)
(2013/12/11)
2B PENCILS

商品詳細を見る


新曲と、シングル「初めて恋をした記憶」の2曲と、結、歩美、エルシー、ちひろのキャラCDに入っている曲のバンドアレンジ版が収録されています。

HTTの曲よりも遥かにいい。
なんて言うとけいおん!のファンに怒られるかな。

でもエルシーの「Oh!まい☆GOD!!」を2B PENCILSで歌うのは設定として無理があるような。w
原作のエルシーがよく口にする「あわわ~」はこの歌が元になっています。
もしかしたら逆かもしれませんけど。

歩美の「Wonder Chance」はオリジナルアレンジも今回のバンドアレンジも好きです。
原作で舞高祭前夜に京の部屋で歩美が歌っていました。

なんだかディープな話をしてるなあ。w


もう一つ、エルシィとハクアの「SECOND MISSION」では、「なんちゃってアイドル」がオススメ。w

SECOND MISSIONSECOND MISSION
(2013/11/27)
駆け魂隊 starring 伊藤かな恵&早見沙織 with 豊口めぐみ

商品詳細を見る


そのうちに神のみで扱われているネタを解説するサイトを作ろうかと構想しています。
現在でも「神のみぞ知るセカイWiki」というサイトが存在しています。
これは一般的な事項を扱っているから、それを補完するような細かいネタを集めるつもりです。
でも、私はギャルゲーをやったことなくてそっちの知識を持っていないという致命的な欠陥があるからなあ。w
それに構想倒れになる可能性も極めて高い。ww


ちひろがボーカルでかのんもゲスト参加している「初めて恋をした記憶」はアレンジを変えてくるのかと思っていたら、シングルの音源をそのまま収録してあるようです。
でもアニメで使用した別バージョンも入っています。

この歌、歌詞に描かれている内容がまだ十分には把握できていません。
所謂セカンドラブなのかなあ。
二度目の恋をしたことで最初の恋の記憶が甦ってきたということなのでしょうか。
だとしても、じゃあこの歌のテーマは今の恋なのか、最初の恋なのか、そこがはっきりしないと思います。
でも嫌いではありません。


==

そのかのんも当然参加しているであろうアニソンカヴァーCD第2弾が、当初12/25発売予定だったのに製作上の都合とかで来年2月に延びてしまいました。

声優さんのスケジュールの都合が合わなかったのかなあ。
例によってamazonの先走りかもしれません。

第1弾は各キャラへの曲の割り当てがそれは見事でした。
今回のは誰がどの曲を歌うのかすらまだ公表されていません。

まあ、楽しみが先に延びただけだからいいんですけどね。
コミックのクリアファイル付24巻は昨日届きました。

そろそろユピテル6姉妹のフィギュアを作ってもらえないかなあ。


==

パソコンに妙な履歴が残っていて何だこれと調べてみたら、いつの間にか中2の次男がツイッターを始めていました。
学校の友達がやっているから自分でもしてみたいと思ったようです。

まだ3回ツイートしただけ。
フォロワー3人。w

そのうちの一人はローカル地上波の番組に出ている、地元の有名人です。

ケーブルテレビの番組にも出演しています。

若手の郷土史家(なのかな?)と二人で長崎の街並をぶらぶら歩きながら、「ここは江戸時代はまだ海でした」とか「ここには銅の精錬場があったから今は銅座町と呼ばれています」なんて話をする番組です。
「NHKぶらタモリ」の長崎ローカル版という感じかな。

興味ない人には退屈そのものでしょうけれど、次男はこの番組が大好きで録画して何度も見るのです。
毎月ぶらぶらするルートが変わります。
細かな路地や石組みがそこにある理由とか、小さな神社の由来とか、住んでいる人でも知らないような意外な話を聞くことができます。
実は私もその番組が好きなのです。

ツイッター始めてすぐその人のフォロワーになったら、向こうからもフォローしてもらえたようです。
そりゃあ、「長崎ぶらぶら面白い」なんて呟いてましたからねえ。w

今見たら、フォロアーはその人一人だけになってた。
他の2人は多分新着のときにフォロワー増やし目的でなって、反応ないから止めたのでしょう。

==

色々なところに首を突っ込むかみさんが、何かのつてで東南アジア出身の女医さんとお友達になっていました。
医大の職員(研究職)です。
臨床ではなく、学生向けの講義を担当していたそうです。

その人が今度はカナダの大学に移ることになり、送別会が開かれました。
イスラム教徒なので特別な料理を出してくれる店を会場にして、参加したのはおばちゃん達10人くらいです。

「皆さんカナダに遊びに来てくださいね。オフシーズンなら安いですから。うちに泊まってもいいです」

と言われて、全員が「はーい」と手を挙げました。

「あ、私の国にも来て下さいね」

今度は2人しか手を挙げなかったとか。w
当然、かみさんは手を挙げたほうです。 ← 行くんかい!!

うちの娘もその女医さんと何度か会ったことがあり、送別会には参加できなかったので出国前にもう一度会いたいと言っていました。

それで別の日に電話したら、引っ越し準備などで忙しい中「今日のの送別会が9時に終わるからその後ならいいですよ」と言われて、その夜かみさんと二人で研究室まで会いに行きました。(迷惑な話だなあw)

一時間程話をしてきたのですが、かみさんのほうは医学部研究室の雰囲気にすっかりかぶれてしまって、家に帰るなり長男にこう言いました。

か「ね。あなた医学部に行きなさいよ」
長「アホか!」
か「一年くらいなら浪人してもいいから」

最初から理系だったらともかく、高2のこの時期に文系から理系に変われとは。w

その女医さんが今度日本に来たときはうちに泊めることになったそうです。
ああ、掃除・片付けが……。

か「大丈夫よ。一か月前には連絡してねって言ってあるから」
私「せめて半年前にしてくれ」

==

昨日から「とある飛空士への誓約 4巻」という検索での訪問が増えてきました。
4巻昨日届いたばかりでまだページを開いてもいません。

みんなせっかちだなあ。

読み終わったら、感想を追記します。 → 「とある飛空士への誓約感想1.2.3」
追記したら、タイトルに4を加えます。

追記しました。2013/12/25 4巻の最後は驚愕の衝撃でした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/370-89905a85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。