プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nakomunaさんが作った超可愛い汐宮栞
以前神のみぞ知るセカイの中川かのんのリペ・改造フィギュアをオークションで買ったことを紹介しました。
→ nakomunaさんが作った超可愛い中川かのん

出品者さんの説明にリクエストも受けますとあったので、やり取りの中で「汐宮栞を」とお願いしておきました。

そしたら2月に「栞ちゃんできましたよ」との連絡が。 Wow!!

2014年3月6日に手元に届きました。
届くまでの経緯、出品者さんとのやり取りには色々面白い要素もあるのですが、省略します。

で、その栞。
見て下さい。こんな可愛いの。

SHIORI2.jpg SHIORI1.jpg SHIORI_KANON.jpg ← クリックで拡大


出品者さんは「画像を見た上で、気に入ったら入札して下さい」と言っていました。

「栞を」とリクエストはしましたが、それ以上の要望は何も出していません。
だから、どんな栞になるのか全く分かりませんでした。
でも私としては、かのんがとても気に入ったし、それ以外に数多く出品されているフィギュアのどれもが可愛く、この人の作る栞だったらどんなものでも引き取ろうと思っていました。

だから全く心配していなかったのですが、オークションの画面で写真を見て、気に入る気に入らないどころか……瞬殺されました。w

ど真ん中だったよ!

その上、リクエスト、別の言い方だとオーダーメイドのフィギュアとして普通に考える値段(○万とか)に比べてはるかにリーズナブル、というかそれって安過ぎじゃないですか? と思う価格設定でした。

あらゆる意味で、感謝しかありません。

私の知っている範囲で、これまで世に出た栞のフィギュアはアミューズメント品(UFOキャッチャーの景品)の制服姿の栞と、ガチャの景品だったキーホルダー型の小型の栞があります。
他に、まだ私が入手していないのが一体、もう一つネンドロイド(ではないけれど)と同程度の大きさのものが一体、合計で四種類ということになります。
これらは規格品なので、比べるまでもありません。

イラストでは、以前ここで紹介した東雲すずめさんの白いドレス姿の栞と、カントクさん同人誌マイヒロインズ(神のみぞ知るセカイ :リンクはとらの穴の販売ページ)に載っている階段に腰掛けた栞が双璧だと思っています。
このイラストは、作者さんの名前と「汐宮栞」というキーワードでGoogleの画像検索すれば表示されます。

神のみを扱った同人誌は他にも色々あるのでしょうが即売イベントに行けない身ではあまり出会うことがありません。
後から知っても入手するのが困難ですしね。
ちなみに、って言うか、当然のこと上記した二冊は持っています。w

出品者さんによる栞のフィギュアの造形は、この2つのイラストのレベルに匹敵すると思っています。
清楚さと可憐さのハイブリッドです。
一点物でしかもそれが私の手元にあるってのが大きいのですけど。

ところで、アニメで栞の声を担当している花澤香菜さんの最新2枚組CD「25」に「パパ、アイ・ラブ・ユー!!」という歌が収録されています。

歌の内容はタイトルが端的に表しています。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00HFRTB60  ← 試聴
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND158646/index.html  ← 歌詞




25(通常盤)25(通常盤)
(2014/02/26)
花澤香菜

商品詳細を見る



実は栞に関しては、私が普段贔屓にしているアニメやコミックのキャラに感じるものとは若干異なった気持ちがあります。

普通のそれに敢えて名付けをすれば「疑似恋愛感情」です。
栞に対してもそれはあります。
でも、以前にも表明したように、栞に対しては(妄想上の同世代としての)恋愛感情よりも、娘を見る父親の視線のほうが勝(まさ)っているのです。

そんな私が、この栞を眺めながら花澤さんのあの歌を聴くと。
あは、あは、あは。

勿論この歌は栞として歌っているものではないことは承知しています。
でも、あの声だからなあ。ww

えーっと。
私、実の娘とは趣味がほぼ同じで仲もいいです。
だから代替として栞を見ているのではないことは断言しておきます。
じゃあ、何なんだと言われても。

分かんない。w

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/377-c1a735fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。