プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月曜から夜ふかしが初音ミクに冷たかった件
この日記のタイトルは正確には「日本テレビ月曜から夜ふかしが初音ミク及び初音ミクを聴く人に冷たかった件」なのですが、長すぎるので省略形にしました。

自分でも被害妄想じみているなあとの自覚があります。
でも言わないではおれなかったのです。
こういう文章をブログに載せることで自らの意図とは逆に作用するのかもしれませんけど。

私自身が周りから「気持ち悪い」と思われるのはいいのです。
いや、よかぁないんだけど、人からの評価はコントロールできませんし、よく見られるために自分を装うことなどしたくありません。

このブログに書いている文章はむしろ積極的に自分が気持ちの悪いおじさんですよと宣伝しているような面もあります。
それはある意味意図的なのです。
つまりリアル生活で周囲に発信することのできない意見、気持ちをここに吐き出しているということです。
「発信することができない=装っている」ではありません。
興味を持って聞いてくれる人が周囲にいないというだけのことです。(普通そうだよねw)

しかし初音ミクを聴いている人を特定の方向にカテゴライズすること、ひいては初音ミクそのものを色眼鏡で見ることには我慢できません。

以下は日本テレビのサイトに投稿したクレームの文章です。投稿したのは9/22でした。
名無しではなくハンドル名gatsutakaを名乗って投稿しましたので、ここに載せます。


==
時候の挨拶及びご清栄云々の決まり文句は省略します。

クレームです。
このようなクレームに一々対応していては番組作りなどできないでしょうし、また既に放送されたものにクレームしても詮無いこととは承知していますが、一言申し上げずにはいられませんでした。
これを今読んでおられる担当者さん、お疲れ様です。m(_ _)m

2014年9月15日放送の「月曜から夜ふかし」で、イヤフォンを使っているおじさんに何を聴いているのか尋ねるというものがありました。

そもそも「おじさん」をターゲットにしたのは、「イヤフォンで音楽を聴くのは主に若い人だ。でもおじさんもいる。あれは何を聴いているのか暴いてやろう」という言ってみれば底意地の悪い発想からではないかと思います。

通勤の行き帰りで常に音楽を聴いている50代おじさんの私としてはまずそこが引っ掛かるのですが、番組がそのような日常の中のちょっとしたずれをマツコさん村上さんのトークを絡めて笑うものですからよしとします。

それにこの推定はあまり自信がありません。
そもそも初期型ウォークマンが発売されたのは私が学生の頃であり、イヤフォンで音楽を聴くこととおじさんの組み合わせは本来奇異なことではないのですから。
それはさておき。

その中に登場した人物で一番印象的だったのは「秋葉原」-「エロビデオ」-「初音ミク」おじさんでした。
それと対比させる「外資系」-「おしゃれなジャズ」おじさんも登場しました。

どれほどの人数にインタビューされたのか分かりませんが、番組的にはとても美味しい格好のターゲットを捕まえたとスタッフさんが喜ばれたことは想像できます。
秋葉原まで行ったのはそういう人を狙ってのことなのでしょうね。

でもあれは結果として典型的な印象操作になっていると思います。

初音ミクを聴いているのは、いい歳こいてエロビデオを買いに出かけ、それをテレビの取材で恥ずかしげもなく公言する気持ちの悪いやつだと。

これから簡単に演繹されるのは
→「要するに、初音ミクを聴いているのは気持ちの悪いやつだ」

私がクレームしたいのはこの点です。

あのおじさんは(やらせでなかったら)実在するのでしょう。
私はエロビデオを買うこと自体は気持ち悪いとは思いませんが、それを憚りなく公言するのはかなり風変りな感性だと思いますが。

でもね。
初音ミクを聴いているのはあんな人ばかりではないでしょう?
それに外資系に勤めていたって変な奴は当然いるはずです。

と、日本企業に勤め、初音ミクを好んで聞いているおじさんである私はそう思うのです。

初音ミクと初音ミクを聴いている人全般を笑う意図はないと仰るかもしれません。
しかし表現されたものが表現者の意図とは違うところで影響を与えてしまうことがよくあることはご存知でしょう。
番組内で何らかのフォローがあったならともかく、そのような配慮、気配は全く感じられませんでした。

また、気持ち悪い人の割合が違うと言われるかもしれません。
全体に占める気持ち悪い人の割合が違うと言われるかもしれません。
でもそれに根拠はありますか? ただの印象でしょう?
その印象自体がテレビを中心としたメディアが作り出しているのではありませんか?

バラエティ系のテレビ番組はどうして初音ミクに冷たいのでしょう。(これ自体が私の印象ですけれど)
今回の扱いは、有名な2007年のTBS「アッコにおまかせ!」騒動(もしご存知でなかったらWikipediaで「初音ミク」の項を参照して下さい)と基本的に同じ構造だと思います。

日本テレビはエヴァとかジブリとかいったアニメにはとても優しいのに。
ジブリはともかく、エヴァにはまっている気持ちの悪いおじさんは沢山いますよね。
でも日本テレビがジブリやエヴァを好む人を揶揄する、揶揄とまでいかなくても笑いの対象とする番組を放送するなんて考えられないでしょう。
結局は局にとって金になるかならないかによる扱いの違いなのでしょうか。

時間帯が私が出勤した後なので見たことはありませんが、ZIPでは初音ミクをよく取り上げる、それもかなり好意的な取り上げ方だと聞きます。
それが事実であるならば、今回の扱いとのギャップは何なのでしょうか。

初音ミクを聴いている特に中高生辺りがエロビデオ初音ミクおじさんと同類だと見なされていじめられる、その燃料の一つになることは容易に想像できます。
直接的ないじめがなくても、気持ち悪いと分類する要素になることは間違いありません。
私がもう一つ危惧するのは、これから初音ミクを聴いてみようと思っている人が、あのおじさんと同類と見なされるのは嫌だと二の足を踏む、止めてしまうことにならないかということです。
初音ミクが発売されて7年。メジャーCDがチャートの上位に載ることが珍しくはなくなった現在の状況に水を注すことになりませんか。

初音ミクを聴く人全てが気持ち悪い存在ではありません。
旺盛な消費活動と、場合によっては創作活動で世界に誇りうる日本の文化を下支えしている存在がこのような形で貶められるのは残念です。

意図的でないほうがむしろ悪質な場合があります。意図的な動きには全力で対抗することができますが、ただ面白おかしく取り上げるものに対してはせいぜいこのようなクレームを出すことしかできないからです。

番組として肯定的に取り上げる気がないならせめて放っといて、つまり無視してもらえませんか。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/383-513c0606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。