プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かにあやかった名前について

本日二本目です。(一本目は「かみさんと長男のドイツ珍道中」)

今年(2016年)も子供の名付けランキングが発表されました。
明治安田生命(元々は明治生命)はずっと以前(昭和初期)からこのランキングの統計を取っています。
私は約20年前に明治生命のおばちゃんに頼んでその冊子を入手しました。
まだネットに情報が載ってなかった頃です。

冊子の使用目的は勿論、自分の子供への名付けの参考にするためです。
ただし、流行の名前を付けるためではありません。

第一子が生まれたとき、かみさんと話し合って意見が一致した点。

(1) 流行の名前は付けない 流行の漢字は使わない
(2) 難読の名前は避ける
(3) 有名人、偉人に肖(あやか)った名前は付けない

意見が合わなかった点。

(4)  姓名判断は考慮しない 私
(4’) 姓名判断は熟考する  かみさん

姓名判断については、私が数十個の候補を上げて、かみさんが本で読んだ規則に則って判定して可否を決めたので、実質考慮したのと同じ結果になりました。
私は今でもバカバカしいと思っているんですけどね。

流行りの名前を付ける付けないは人それぞれの好みなので、私がとやかく言うことはありません。
かみさんの兄貴さんの二人の子供はどちらもその子が生まれた年のベストテンに入っている名前をもらっています。

難読を避けたのは、私自身の名前がちょっと難しくて一発で読めた人がこれまでいなかったので、子供にはその苦労(というより面倒かな)をかけたくなかったからです。
ただし、私は自分の名前が嫌いではありません。

この当時まだキラキラネームという言葉はありませんでした。DQN名はあったのかな。
名付けの本(4,5冊は買った)に、そんな名前を主に並べているものもありました。
そういう名前は端から論外であることは夫婦で一致していました。

そして、あやかり名。
これも好みの問題だから他の人がどう考えようが勝手なのですが、ちょっとだけ意見を言いたい。

今年は「けい」や「こうへい」といったスポーツ選手と同じ名前が昨年より上位になったそうです。
今年に限らず以前からその傾向はあります。
でもね。これも言っててみれば流行に乗ったのと同じでしょう?

で、例えば「こうへい」と名付けた場合、その子に「内村航平さんのようになってほしい」というあやかりの意識はあるのでしょうか。

私にもし今年子供が出来たとしても「こうへい」と名付ける気は全くないから、その気持ちを想像するのが難しいです。
内村君が恰好いいから? たまたま考えた名前が内村君と同じだった?
子どもが大きくなって「内村選手と同じだね」って言われるの嬉しいかなあ。

「内村航平さんのように」というのは、「金メダルを取れる体操選手になってほしい」から「周囲の期待に応える活躍ができる人になってほしい」まで、幅が考えられます。

でもなあ。その人が既に亡くなっていて、社会的もしくは歴史的な評価が固まっているのならともかく、存命のしかも若い人は、今後どうなるか分からないですよ。

今太閤と言われた田中角栄さんが首相になって国民的人気があった頃、生まれた子供に同姓同名の名前を付けたケースがありました。
その子が小学生になった頃ロッキード事件が報道されて、角さんは天下の極悪人になってしまいました。
そしてその子は、学校でいじめられるようになったのです。
最終的には家庭裁判所が改名を認めたんじゃなかったかな。
これは極端な例ですけどね。

私があやかり名を避けたのは、他人にあやかった名前を付けると「結局その人を超えることができない」ような気がしたからです。

どうしてもあやかりたかったら一文字もらう程度がいいのではないかと思います。

==

私は高校生の頃、万葉集を読んでいてそこに出てきた万葉仮名の言葉に惹かれて、将来娘ができたらその言葉を使った名前を付けようとずっと思っていました。
ところが、うちの娘が生まれる少し前にあるタレントさんがお子さんにそれと全く同じ名前(漢字も)を付けて、わざわざ記者会見を開いて発表してしまいました。
失礼ながら、そのタレントさんは万葉集まで遡る言葉だという知識をお持ちとは思えませんでしたが、もうその瞬間にその名前は諦めました。
そのタレントさん(の子供)と同じなんて絶対に嫌だったのです。

==

上からの流れで、前々から言っておきたかったことを書きます。
結構反論される内容かもしれません。


私はファーストネームだけの芸名が大嫌いです。

特殊な、一般的でない名前であればいいのです。
一般的な名前の場合です。

なんでお前がそれを独占的に使ってんだよ! ということです。

これが始まったのがいつ頃からなのかよく分かりません。
最初は、バンドやグループのメンバー名くらいからなのかなあ。
仲間内でファーストネームで呼び合っていて、それを表に出したケースです。
その場合でも、○○の△△さんという認識があったはずです。

例に挙げて恐縮ですが、タレントのヒロさん。
彼の場合は最初は「B21スペシャルのヒロミ」という立場でした。
しかしB21は現在活動休止中ですし、今ではそんなコントグループがあったことすら知らない人も多いでしょう。
つまり現在彼はヒロミという名前を占有しているのです。

その後、グループとは関係のない人でもファーストネームだけの芸名を付ける風潮が生まれました。女性歌手に多いですね。
私にはそもそもそんな芸名にしようとする神経が理解できません。
だから嫌うのかな。

最近はファーストネームではなく、ファミリーネームつまり苗字だけの芸人が出てきました。
あいつにはさっさと消えてほしい。
彼の「芸」も大嫌いです。あんなの芸じゃないよね。

これ言い出すとネットでのハンドル名はどうなんだということもあるんですけど。
こんな気持ちになるのは苗字も名前もバラエティが豊富な日本に住んでいるからかもしれません。
キリスト教圏やイスラム教圏はそれこそ聖人のあやかり名ばかりですから。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/404-0ffe46a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。