su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ宝石の国 感想
いよいよ10月から「宝石の国」のアニメ放送が始まります。→ アニメ公式サイト
この日記、アニメ感想というタイトルのくせにまだ見ていないのでとりあえずフェイクです。すみません。

以下は2014年に書いて、結局ブログに載せることをせずそのままにしていた文章。
2巻までの時点です。

==

市川春子さんの作品は大好きです。
最初に見たときのインパクトは高野文子さんの作品を読んだときの衝撃に似ていました。
この二人を比較している文章はネットに多いですね。
私は「田辺のつる」や「たあたあたあ」を掲載誌で読んだ世代なのです。

市川作品は何かの受賞作ということで「虫と声」が目立っているようです。
でも私はこれは今一つかなあ。

「日下兄妹」や「星の恋人」がいいなあ。

「宝石の国」は、萩尾望都さんや竹宮恵子さんの系譜に連なる作品という見方があるようで、なるほどなあと思います。

それ以上にやはり手塚治虫さんの偉大さを感じないではいられません。
「星の恋人」はかなりテイストが違うんだけど、ルーツとしての手塚作品を強く感じました。
手塚さんはナルシストは描いても、ロリコンを描くことはなかったでしょうけれど。
ブラックジャックのピノコにはロりの要素が極薄だからなあ、ww

私は市川作品の新作が出ると無条件で買うので、宝石の国の内容、設定は全く知りませんでした。
ページをめくって、あれ? こいつらもしかして男の子? いや、しかし、この体型、ヒップラインは少女だよなあ、などと。www

でも科白や行動には男の子的な傾向が強いですね。
私にはBLやショタの嗜好は全くないので、ちょっと残念。

「残念」というのは、あれが少女ではかなったことについてです。
でも女の子設定であれば、キャラ間の関係性がもうちょっとベタベタ・ネバネバ・ドロドロになってしまうのかもしれません。それではストーリーが成り立たない。

そもそも性別は無いという設定なのかな。

とてつもなく独創的な世界観、ストーリーになっています。
1巻ではなかなか理解できなかったけれど、2巻でその全貌の一端が開示されますので、今から読むのであれば2冊同時に購入することをお勧めします。

1巻が発行されたとき、それを記念した宣伝用の短いフルアニメが公開されています。


==


時は流れて、現在宝石の国は7巻まで。

上を書いた当時はまだ少なかった情報も蓄積されてきました。
【インタビュー】上は少年、下は少女。性別のない宝石たちは「色っぽい」! 『宝石の国』市川春子【前編】
【インタビュー】妄想がかたちづくる物語は、自分自身でも予測不能! 『宝石の国』市川春子【後編】


物語が若干ぐだぐだしてきたように感じます。

キャラの見分けが難しいのも分かりにくさを増す要因かなあ。

では、アニメ放送開始を待ちましょう。

==

2017/10/19

第一回を見ただけではまだ何も言えないと思いました。
それで二回まで待ちました。

私がここにアニメの感想を書くのは「原作のキャラのいずれかに、何等かの思い入れがある場合」に限られているようです。
いや、別に、そんなポリシーを作って守っているのではありません。
振り返ってみると、そういうことかなというだけのことです。

だから例外も結構あります。例えばヱヴァ。
あれはどのキャラにも思い入れがなく、むしろ嫌悪感から感想を書きました。

宝石の国に関しては、キャラへの思い入れはありません。
(そもそも私にはキャラの見分けがつかないことが多いw 原作は色が無いからね)

それと、これ重要なのですが、私の基準では「主人公がバカ」な作品はそれだけで評価がダダ下がりします。(ヱヴァのシンジが典型)
但し「愛すべきバカ」はいいのです。(例を挙げればワンピースのルフィ)

この「バカ」を敢えて言葉で定義すれば「何も考えていない、もしくは考えてはいるけれど配慮が欠如していて、結果その行動が周囲に悪い影響を与える存在」です。
そして本人の努力ではなく、主人公として与えられた運や周囲の尽力で進行する物語が嫌なのです。

ただまあその評価は色々な属性を総合して下すものなので、主観としか言いようがありません。

としたとき、本作のフォスはどうなのかと言えば、ギリギリのところでセーフと思っています。
あくまでも主観ですから。
でもアニメのフォスは原作よりも若干バカっぽさ感が強いかな。w

2話まで見て私が「おお、これは」と思ったのはダイヤのキャラ設定でした。
ユニセックスでありながら男の子的面が強い彼らの中で、ダイヤは女の子的要素が突出しています。
原作でもその傾向がありましたが、アニメになってその仕草や声が余計に強調されているように感じました。

うん。いいことだよ。笑
やっぱりねえ、男ばかりじゃ味気ない。

宝石の国に関する同人界隈は賑わってきているのでしょうか。
これだけの素材だから、カップリングがどうの、受けが攻めがって盛り上がるのかもしれません。

私は自分でも同人活動を(かつて)していながら、この「受けX攻め」の分野には興味がありません。できれば目にしたくない。
勿論、それを楽しんでいる人を否定するのではありません。
好み嗜みが違うというだけのことです。

二次創作に関しては彼等の存在を愛でる領域でだけ、漁ってみることにしましょう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/416-baa4456e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。