su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3丁目の夕日
今日(7土)は出勤。

かみさんは博多に出かけているし、子供は婆さんが見てるし、まだ身体が鈍っているので残業はしたくないし。

という訳で、一人で映画に行きました。

ここにきて、観客が増えているみたいですね。
私が行った映画館も、1日1回の上映で、午後7時過ぎから始まりなのに、座席のほぼ9割が埋まっていました。
しかも年配者が多い。

そのせいかどうか、受けるところが微妙に違っていて、ベタなところで笑いが多く出ていました。(私が若ぶっているわけではありませんが)

映画の印象を一言で言うのは難しいです。
ウエットなのに爽やかというところでしょうか。

この映画を見て若い人でもノスタルジーを感じるらしいですが、私が感じたのはどうもそれではないようです。
うまく説明できませんが、自分が生まれる直前、つまり時代の背景を物心ついて記憶に刻んでいるよりもほんのちょっとだけ前のことであること、それと、私が田舎育ちなので都会の小さな商店街での暮らしに親近感がないことから、自分がノスタルジーを感じる世界とは微妙に違うという気がするせいかもしれません。

でも、ノスタルジーを感じるかどうかはこの映画の見方の一つの要素に過ぎません。
自信を持ってとは言えないけれど、人に奨めることの出来る作品であると思いました。

パンフレットも凝ったいい出来です。
原作はもう10年近く読んでいません。

いいところは実際に見るときに感じてもらうとして、難点だけ挙げておきます。

・CGがちゃちい。特に、エキストラ(人物)の描写が手抜きで、リアル感が全然感じられません。

・昭和33年という時代を表す小道具のあれこれを、あまりにもわざとらしく画面に出している。もうちょっとさりげなくしてほしかった。

・小さな車の修理工場に、集団就職で女の子を採用するという設定は無理がある。(原作では男の子らしいけれど)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/54-3183f152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ALWAYS 三丁目の夕日

●『ALWAYS 三丁目の夕日』11月5日公開。私の今年度邦画ではベスト1かなと思います。古きよき時代もCGで余り違和感なく再現できるんだなぁと関心しました。当然、その時代にいた訳じゃないけどやっぱり自分の子供時代はあんな感じだったなぁ。ハリウッドのパ... 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ【2006/01/11 22:48】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。