プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子は親の鏡
夕食時、かみさんが私に週末の予定をとうとうと話していました。そこに下の子が割り込んできて、
「おかあさん、あのねえ...。」
「あっ、ちょっと待ってね。いまお父さんと話てるから。それでね...。」

話はなかなか終わらず、そこに中の子が入り込んできて余計長くなりました。

ふと気付くと、下の子がものすごく不満そうな顔してじっと前を見つめています。
かみさんにサインを送ると、ようやく話を止めて、
「ん?どしたの?ごめんごめん、それで何?」
と話しかけてみるも、反応なし。

じっと前を見たまま微動だにしません。

完全にすねてしまったようです。
眠いのもあったのでしょうが、ちょっとむすっとした、それでいてちょっと情けないような顔をして、かみさんの方を見ようとしません。

何だか、誰かの性格にそっくり...。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/76-9d937839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。