プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画ナルニア国物語の感想
4月1日に一家でライオンと魔女を見てきました。今更ではありますが、その感想を書きます。

子連れなので当然の如く吹き替え版です。MOEに「この映画は両方で見た方がいい」という文章があったので、それなりに期待して行きました。

原作は、1年ちょっと前に読んでいました。映画化されることをまだ知らなかった2004年6月に、たまたま子供に7冊セットを買ってあげていたのです。(当時はまだ挿絵が白黒でした)
それから順番に読み進んで、現在第7巻の途中になっています。

映画は残念ながら、大人の鑑賞にはちょっと堪えないのではないかと思いました。
出来がよくないという意味ではありません。

映画は原作を忠実になぞっており、その点では評価できます。あの作品を妙に脚色されたら台無しでしょうし、ストーリーの濃さ(映画全体の時間に比して)もちょうどいいのではないかと思います。

映画の登場人物はそれぞれいい味を出しています。評価の高いルーシー役の子の演技、表情は素晴らしい。でも、何かが違う。

ファンタジーを視覚化した場合、受け手の想像力によって広がる原作の世界が、ある意味規定されてしまって、見える範囲に限定されてしまうからではないかと思います。

ハリーポッターは一冊も読んでいません。指輪物語は20年ほど前に読みかけてすぐ投げ出しました。
だからかもしれませんが、この2つは映画を見てあまり違和感がありません。そんなもんだと思うのです。

ナルニア国物語は、その原作を読んで「面白かった」が故に、映画の評価が辛くなってしまったのでしょう。まあ、よくあることではあります。


箪笥の向こうに別の世界があるという設定は、原作を読んでいるときにはワクワクするものがあります。しかし映像化されてしまうとなんだかあっけないものです。ルーシーが覆いを取るシーン、少し開いた扉の奥が光っているシーンなど盛り上げようとしているのは分かるのですが、どうにも今一つです。

それから、白い魔女という悪役が、原作の中では不思議かつ恐ろしい存在として光っていたのに、映画で目の前にその姿を現されると、迫力不足で物足りなく感じました。
さらに、1950年代に書かれた子供向けファンタジーなのだから仕方ありませんが、恋愛の要素が全くありません。

強力な敵役と恋愛、この2つの欠落のせいで、所謂「ファンタジー好きの大人」でない、一般の日本人にはそれほど受けないのではないかと思います。
その上で「ファンタジー好きの大人」がこれを見て満足するかというと、少なくとも私はそうではなかったわけですから、どちらであっても大人の観客を引き付けることは難しいと思うのです。

一つだけよかった点があります。私は最近(と言ってももう相当前のものからですが)のディズニー映画はあまり好きではありません。特に、アニメなど子供をターゲットとしたものが、好みの問題ではありますが、見ていて面白いと思えないのです。
だから、今回の映画化がディズニー製作であることを知ってかなり心配していました。

幸い、ライオンと魔女は、私がディズニー映画に感じる「面白くなさ」の要素が少なかったのでほっとしました。敢えて言えば、ビーバー夫妻のキャラに少しその気配がありましたが、ぎりぎりセーフというところです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/82-d9c23b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。