su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暗いところで待ち合わせ」乙一


これは良い。

あまり派手さはなく淡々とした雰囲気の作品で、最初の部分でなかなか話が進まないので少しジレたけれど、そこを過ぎるとあとはもう。
何も言いません。レビューなんぞ目にしないうちにお読みになることをお薦めします。

実は、これまで乙一作品は「夏と花火と私の死体」「天帝妖狐」しか読んでなかった。
で、そこそこ面白くはあるのだけど、特に前者は評判に違わぬすごい作品であるとは思ったけれど、2冊読んだ時点で「もう暫くはいいかな」というのが正直な感想だった。

それからだいぶ経った先日、行き付けの本屋に行ったとき、棚にお薦めカードが貼ってあって、普段そんなの気にも留めないのにそのときはなぜか気になって買ってしまった。

タイトルもカバー装丁も好みじゃなかったし、そのカードが無かったら手に取ることすらしなかったと思う。

これまでそんなことしたことなかったけれど、そのカードを書いた人に一言お礼というか、読んでよかったですと伝えようと思って、翌週その本屋に行ってみたら例のカードがない。店員に聞いても「さあ」というばかりなので結局伝えることはできなかった。

大げさに言えば、出会う運命だったということか。

唯一難を言えば、タイトルが内容を表していないと思う。これに限らず、乙一作品はタイトルのセンスが、少なくとも私の好みではない。だからこそ、3冊目をなかなか読まなかったとも言える。

この作品も映画化されるらしい。どんな風に映像化するのか楽しみではあるが、先に原作が気に入った場合、映画になると多くががっかりするからなあ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんばんわー♪
たか号さんって、凄い綺麗な言葉書かれますね。
男の方ですよね??
男の方なのに、凄い綺麗な言葉使うなーって
そんな事思いながら、Blog読ませていただいてます。
本、お好きなんですか??
私も好きなんですよー。
なにか面白い本とか、オススメの本ありますか?
本は好きなんですけど、面白い本が見つからなくて…。
【2005/10/07 18:55】 URL | ユキ #0iyVDi8M [ 編集]


うおおおお。褒められた。ちょっとびっくりです(笑)。

プロの作家さんの作品を偉そうに批判したりしていますが、
自分の文章にはまったく自信ありません。
ここに載せてる文章は、昼休みに一通り書いて、帰りのバスの中で
読み返して、自分でリズムよく読めると思う程度に手直ししてから
UPしています。
「再会の場面・・・・」はもうちょっと力入れて、かなり書き直しました。

勿論、男です。イメージは毎日新聞に連載されている「うちの場合は」の
おとうさん(バンさん)を思い浮かべてもらえれば当たらずと言えども
遠からずってところです。
その前にはクッキングパパとも呼ばれていた...。

本は好きです。就職したばかりの頃は給料入ったら即本屋に行って
抱えきれないくらい買ってました。今は小遣い乏しいのと、読む時間も
限られているので、評判になったものを中心に読んでいます。
本好きを自称しながら、本質はミーハーだったりします。

今お薦めするなら、やはり恩田陸でしょうね。
楽しいの     「ドミノ」角川文庫
恋愛物      「ライオンハート」新潮文庫
心理ミステリー 「三月は深き紅の淵を」講談社文庫
↑この分類、無茶苦茶大雑把です。
特にライオンハートは時を越えた出会いと別れの、せつなく不思議な
連作短編集です。
【2005/10/08 02:05】 URL | たか号 #Xrogt4DI [ 編集]


そうなんですかー??
初めてここのBlogを拝見させていただいた時から
凄い綺麗な言葉を使う人だなーって
ずーっと思ってたんですよ。
でも、手直しして書いてらっしゃるんですね!
それに吃驚しました。
私なんて思いつくままにそのままPCに打ち込んでますよ;
たまーに読み返すことはありますけど、
大体書いたらそのままUPしちゃいます…。
たか号さんを見習わないと駄目ですねー;;

クッキングパパってなんですか 笑。
誰に呼ばれてるんですかー、会社の同僚さんとか??

わー、凄い。
じゃあ、かなりの数の本読んでますよね…。
恩田陸…ですね、ありがとうございます。
あ、ちゃんと出版社まで書いてくださってる…。
今度、本屋に行った時に探してみます!
【2005/10/08 22:39】 URL | ユキ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/9-7b06b9db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。