su
プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った自作小説の一覧は→こちら
です。


そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よう分からんとど
今回は昨日のエントリーと同じ方言がテーマですが、「長崎に来ちゃった!」から少し離れます。

中学のときの音楽の担任の先生から、何かの大会に行ったときの話として、こんなことを聞いたことがあります。

別の地方から来た先生が「九州地方の先生方にお尋ねします。五木の子守唄の最初の部分は、『と』が正解ですか?それとも『ど』ですか?」と発言し、どう回答すればいいか困った、と。

おどま盆ぎり盆ぎり 盆から先ゃおらん[と、ど]
(私は盆限り、盆を過ぎたらいなくなるよ)

元々この歌は伝承子守唄なので、「正しい歌詞」というものは存在せず、原型といわれるものも沢山あります。

「と」と「ど」の違いもバリエーションの一つであって、どちらが正しいということは決められないようです。

「おらんと」と「おらんど」のニュアンスの違いは、熊本と長崎で差異がないと思いますので、私なりに思うことを書いてみます。

まず意味は同じです。「私はいなくなるよ」と「私はいなくなるの」が意味の上では同じであるのと同等です。

では何が違うのか。これは「含み」とでも言うべき感情の違いだと思います。

「おらん」ではわかりにくいので、別の言葉で説明します。

問「わいは、なんか知っとっとや?」(あなたは何か知っているのですか?)
甲「おいは知らん。」       (私は知りません)
乙「おいは知らんと。」      (私は知りません)
丙「おいは知らんど。」      (私は知りません)

甲の回答がニュートラルだとすると、
乙の回答には「あなたは困るかもしれないけれど、私は知らない。」というニュアンスが含まれています。
丙の回答には「あなたが困ろうがどうでもいい、私は知らない。」というニュアンスが含まれています。

つまり、乙は突き放してはいるけれど多少なりとも相手を慮る気持ちがあるのに対し、丙は自分の主張を押し出しているだけという感じです。

但しこの例も、質問者と回答者の関係や状況、聞いている内容でかなり幅ででてきますから、万全な例ではありません。

実際の会話の中では、状況に応じて無意識に使い分けることをやっています。
一般的には「ど」のほうが強い感じになりますが、「どうするか自分で考えなさい」という愛情がこもっている場合もあるので、一概には決められません。

一応これを歌詞の解釈に当てはめると、

盆から先ゃおらんと   盆を過ぎたらいなくなるから悪いけどあとよろしくね
盆から先ゃおらんど   盆を過ぎたらいなくなるからあとどうするか俺は知らん

となります。

この解釈が正しいとすれば、歌の全体的な構成から考えて、「ど」のほうがこの歌に合っているように思えます。

ところで、こういう言い方もあるんです。
「おらんとど」

最後の「ど」は「おらんと」を強調しているという感じですかね。
相手に「どうするか自分で考えろ」ということをより強く訴える表現になります。
どちらかと言えば、目下に使う言葉です。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/93-37dd8c4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。