プロフィール

たか号(gatsutaka)

Author:たか号(gatsutaka)
コンタクトは下のアドレスもしくはコメントでどうぞ。
過去の古い日記へのコメントも大歓迎です。
garei#mars.dti.ne.jp
#を@にして下さい

ボーカロイドを扱った
自作小説の一覧はこちら
です。

テンプレート設定に失敗したので、#すかすか のツイートが沢山表示される場合があります。

そして、とうとう、とうとう、
ツイッター始めました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ネフレンを愛でる会

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

遅れてきた突っ込み
書きたいことは山ほどあるけど、暇がない。 だから、多分、どれも旬を過ぎた話題ばかりに なりそうなブログ。ここでのハンドルはたか号ですが、小説などはgatsutaka名で書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッパッパの勢力範囲は?
「少年アシベ」や、毎日新聞連載の「うちの場合は」で人気のマンガ家森下裕美さんの初期の作品(タイトルは忘れました)にこんな場面があります。

若いOLが数人で話をしている。そこにもう一人が出勤してきた。
彼女の着ている服を見て、みんなが悩む。あれ、何ていうんだったっけ?
一人が「思い出した。アッパッパだ。アッパッパ。」と言うと、他のOLも「そうだ」と同意する。
着ていた彼女は、「失礼ね。ピンクハウスのワンピースよ!」でオチとなる。

これを見て、アッパッパは全国的に存在する服だと思いました。

でも、「長崎に来ちゃった!」には、アッパッパを初めて見て驚いた様子が描かれています。

森下さんは奈良出身とこのと。

アッパッパの勢力範囲はどうなっているのでしょう。
少なくとも、長崎特有ということはないと思いますが。

なお、うちのかみさんは「これはムームーだ」と言い張って、毎年着ています。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatsutaka.blog26.fc2.com/tb.php/94-4522afc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。